モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年9月11日
スポンサーリンク

モデル美容法で簡単シミ予防

シミのない美肌
お肌にできてしまったしみを、解消することが困難になっている女性が大勢いるようです。
年を取るにつれて肌の老化も進み、顔のくすみがひどくなり透明感がなくなってくるのは誰もが経験することです。

お肌のくすみが増えたり、シミが多くなるのは、皮膚の下層にある筋肉が減ったり、紫外線の作用によるものです。
このようなくすみやシミを消すのに効果的な方法を知って、実践してみることをおすすめします。

普段からシミを予防するには

シミ予防には顔の表情筋を鍛える
美容成分を配合したスキンケア製品を使ってお肌のシミやくすみ対策をする人もいますが、効果的なのは表情筋の強化することです。
皮膚の下にある筋肉が強くなれば、エネルギー代謝効率がよくなって、古い皮膚と、新しい皮膚との交替が進やすくなります。

美しい肌を求める多くの女性のために、シミやくすみの解消に役立つ美容商品や化粧品は数多く販売されています。
お肌のくすみや、シミをなくし、ハリのある白い肌になるためには、美肌成分を上手に使うことは有意義なことです。
お金を使って高い商品を購入するのもひとつの方法ですが、こつこつと筋力アップになる運動を続けることで、効果を得ることも可能です。

もしも、お肌のシミやくすみを目立たなくしたいと思っているならば、スキンケア用品を使うお肌のケアだけでなく、筋肉を鍛えることも重要です。

スポンサーリンク

シミを作り出すNG食べ物

シミを作り出す食べ物
・白砂糖
・カフェイン
・保存料
特に「白砂糖」を沢山とるのはNGです。
頬から耳のつけ根にかけてシミができることも。
砂糖は、直接シミを作ってしまうから恐い存在なのです。

また、白砂糖は体を冷やします。
血行不良になればお肌の代謝が衰え、お肌の中でメラニンが残りやすくなるので注意が必要です。

次に「カフェイン」です。
お肌の中にあるメラニンを拡散させ、お肌の広範囲にシミを作る危険性があります。

最後は「保存料」に気をつけましょう。
加工食品には100%使われている成分です。
保存料には「リン」が大量に含まれており、人間の骨や筋肉を作るミネラルで体に必要な成分なのですが、今の現代人には過剰摂取なのです。
なぜなら私たちの日常的な食べ物って「加工食品」ばかりだから。

加工食品というと、色々なものを混ぜて作った「人工の食べ物」とも言います。
ハム、インスタント食品、調味料、ジュース、お菓子などです。

多くの女性はおやつが好きです。
大好きな間食ですが、、おやつにはこの危険な3つが含まれています。
ですから食事を見直すだけでも、シミを消す対策に十分なります。

スポンサーリンク

シミのできにくいモデルのおすすめおやつ

でも、どうしても甘い食べ物って食べたい!って時あります。
シミを作らない食べ物ドライフルーツ
そんな時は、自然の甘みがあるドライフルーツがおすすめです。
できるだけオイルコーティングなどの加工されていないものを選ぶのがコツです。
ナッツはシミを作らないおやつ
また、スナック菓子が食べたくなった場合は、アーモンドやナッツに変えるのも効果的です。
これらにはポリフェノールが豊富に入っています。

ポリフェノールは抗酸化作用があり、お肌の老化をストップしてくれるから嬉しい優秀なおやつとなるのです。
つまり、シミを消す力を持った食べ物であり、おやつなのです。

さらにパワーアップしたシミ予防をするなら

ローズヒップティーです。
ローズヒップティはノンカフェインでビタミンcが豊富な飲み物
ローズヒップティには、ビタミンCがとても豊富でシミ消し効果があります。
またシミを作りやすいカフェインも入っていないノンカフェインのものが多いので嬉しいですね。

ローズヒップティに含まれるビタミンCは紫外線で発生した活性酸素を、なかったことにしてくれます。
メラニンは活性酸素をエサに作られます。
これは、シミを最強に予防できる飲み物ですね。

ただ、ビタミンCの欠点は体内で作れないことです。
ですからビタミンCはこまめに摂取するのが効果を実感するためのコツです。

シミ予防は簡単にできる

シミのない美肌
今は、たくさんのシミ予防のできる化粧品が販売されていますが、体の中からきちんと予防してくことで、確実に予防できるものなのです。
そして毎日私たちは食事をするので、食べ物から予防できることが一番簡単で手軽な方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。