子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年7月10日

スポンサーリンク

毛穴の汚れを落としたい!

毛穴の汚れ
毛穴の汚れは、メイクで隠しても目立つ部分ですし、黒ずみがでたり恥ずかしいですよね。
特に汗をかく暑い時期になると、毛穴の汚れは目立ちます。

毛穴パックをするという方法がありますが、定期的に行わないと効果がなく、パックをはがすときに生じる肌への刺激が毛穴を開かせてしまい、開いた毛穴のまま包囲しておくことで、さらに汚れが溜まるという悪循環が生じてきます。

普段行う洗顔のやり方を変えるだけで、毎日の毛穴ケアがお金をかけずにできてしまいます。

毛穴の汚れとは

毛穴の汚れは、皮脂です。
主に皮脂腺が多く集まるTゾーンと呼ばれる、眉間・鼻に毛穴の汚れが目立ちます。

暑い時期では、皮脂の過剰分泌から汚れが溜まりやすくなったり、乾燥する時期では、インナードライという乾燥肌から起こることもあります。

スポンサーリンク

毛穴の汚れをキレイに取ろう

メイク落としは丁寧に落とすこと

毛穴の汚れにはオイルクレンジング
メイク時間はしっかりと時間を取るけれど、クレンジングはササっと済ませてしまうという方は、一度メイク落としの時間を見直してみましょう。
一日キレイにしてくれたメイクですから、丁寧にゆっくりと優しく落としていきましょう。

意外にも落とし切れていない部分があり、それが積み重なって毛穴の汚れになったりもします。
イオン導出の美顔器で試すと、コットンが茶色くなったりするので、普段きちんと洗っているつもりでも、汚れは残っています。

毛穴の汚れに効果的なクレンジングの種類

クレンジングではオイルタイプがおすすめです。
オイルは毛穴の中に入り込んで、汚れを浮かせてくれることが得意なので、ゴシゴシとこすらなくても汚れをスッキリと取ってくれます。
また、オイルは肌に伸ばしやすいため肌の摩擦を最小限に抑えシミシワの原因も取り除いてくれるでしょう。

洗顔で一気に毛穴を洗浄する方法

毛穴の汚れを落とす正しい洗顔
洗顔は、よく泡立ててから使いましょうと言われることが多いのですが、実は泡立っている時が一番洗浄力が高い時です。
肌の乾燥を防ぐ場合には、よく泡立ててから肌にのせることが効果的ですが、毛穴の汚れを取りたいときには、よく泡立てないことがポイントです。

洗顔で毛穴の汚れを取る簡単な方法

手に適量の洗顔をのせてから、少量の水で少し泡立てます。
モコモコ泡立てる前に顔に泡をのせ、クルクルとお肌の上で泡を回しながら泡立てていき、肌の汚れを取っていきます。

泡立った時が一番の洗浄力なので、肌の上で一番泡立つようにしましょう。

私は汗ばむ時期には、泡立てない洗顔をし、乾燥が気になる時期は、よく泡立てて余分な皮脂を取り除かないようにと季節によって洗顔方法を変えています。

スポンサーリンク

お金をかけないモデルの美容法

お肌をキレイに保つことは、お金をかければ手に入るものではありません。
確かにプラス要素にはなりますが、普段の工夫から少しづつ行うだけで、お肌は確実に応えてくれます。

お肌の汚れをキレイに取った肌には、化粧水も浸透しやすいため、乾燥しらずな潤い肌でキメが整ったお肌になれますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。