モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年9月11日
スポンサーリンク

お金をかけずに顔のリフトアップ

顔のリフトアップ
人間の体は若返ることはできませんが、たるみを解消し、皮膚をリフトアップさせればより若く見えます。
顔は目立つ場所でもあるので、年齢以上に老けて見られないように、肌のたるみを解消する体操がおすすめです。

体操をして、肌のリフトアップを行うことで、お肌のたるみを取り除き、スッキリとした若々しい顔立ちになることが可能です。
頬のたるみを改善して、フェイスリフトアップを行うには、表情筋の衰えを防ぐことが大切です。

リフトアップ体操

たるみやしわの悩み
顔にある表情筋を鍛えてリフトアップするためには、体操や顔ヨガなどで表情筋を鍛えていくことが必要となります。
顔のリフトアップエクササイズはとても手軽です。

笑顔のリフトアップ体操

まずは、鏡に自分の顔を映します。
口の両端を持ち上げて10秒、そのままの姿勢でいるようにします。
口を閉じたまま笑うイメージをしていただくと簡単です。

発声練習リフトアップ体操

アから始まって、ワ行の終わりまでをはっきりと口をうけて話すことでも、リフトアップには効果的です。
口を大きく思い切り開けることは普段の生活ではそうある事では無いので、顔が痛いと感じるかもしれませんが効いてる証拠です。

普段の行動の中では使う機会がない筋肉を使うための、五十音の発音などに取り組んでみてはどうでしょう。

ペットボトルでリフトアップ体操

空のペットボトルを用意します。
口にくわえて思いっきり息を吸い込み、ペットボトルをへこませ、その後息を吐き出してペットボトルが元に戻るまで膨らませる体操も頬の筋肉には良いです。
ペットボトルがない場合は、頬をへこませ口をすぼめる状態を20秒ほどキープし、元の状態に戻るのを3回ほど繰り返すのも有効です。

スポンサーリンク

普段のお手入れのスキンケアで簡単リフトアップ

たるみのない、引き締まった肌になりたい時は、スキンケアでのリフトアップも簡単に行うことができます。

皮膚のたるみは、コラーゲンが減少すると目立つようになり、しわが深く刻まれるようになることから老けて見えてしまいます。
肌の奥で生成されているコラーゲンが減ったことが、たるみの原因です。

スキンケアでリフトアップするには、この成分!

顔のリフトアップをしたい場合のスキンケア用品を選ぶ際、チェックしたい成分は、肌の保湿成分であるコラーゲンが含まれているかどうかです。
コラーゲンを使ったスキンケア用品は色々なものがありますので、自分の肌質と考え合わせて、相性がいいものを探すようにしましょう。

美肌効果の高いスキンケア化粧品として注目を集めているものの中には、コラーゲンの生成機能を向上させるものもあります。
肌の弾力を維持するために、コラーゲンを生成しやすい状態にするには、レチノールや、ビタミンC誘導体が役立ちます。

スポンサーリンク

間違った方法で行うリフトアップマッサージが危険

家庭でできるマッサージで、肌のアンチエイジングを目指す人もいますが、適切な方法で行わないと、肌に負担がかかり、たるみが増す可能性がありますので、注意が必要です。

誰にでも、簡単にできることがマッサージの利点ですが、しばらく続けないとリフトアップの効果が感じらないのも自分マッサージの特徴です。

モデル美容法は耳たぶ

お肌のたるみをなくしたい場合は、リンパの流れを良くすることで、老廃物を排出したるみの解消に効果的です。
ですが、正しく顔のマッサージをしないと逆効果となってしまうため、自分マッサージは顔は触りません。

耳たぶマッサージをして、顔周りのリンパの流れを良くしたるみを解消させます。

こんな顔の表情もたるみの原因!

アイメイクをするときに、目を見開き、額にシワができる表情。
眉間にシワを寄せる表情。
こんな表情、日常的にしていませんか?
リフトアップ体操
コラーゲンが伸びてしまい、戻した時にたるみます。

お金をかけずにリフトアップするには

顔の皮膚はとっても刺激に弱いです。
あまり神経質になりすぎることもストレスとなってしまいますが、毎日続けることでお顔の表情も明るくなりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。