子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!
公開日:2017年8月5日
最終更新日:2017年8月23日

ベビーオイル美容法は大人になってからの保湿に大活躍

美肌の悩み
ベビーオイルは赤ちゃんの敏感なお肌を守るためのオイルです。
まだ肌バリアが未熟な赤ちゃんは、保湿をきちんとしてあげないと、すぐ肌トラブルを起こしやすい敏感肌です。
そのベビーオイルの優秀なところは、保湿力が優れていることです。
お肌の水分をキープする力は、ホホバオイルの約3倍・オリーブオイルの約5倍もあるというデータがあるそうです。
そんな凄い保湿力をもったベビーオイルは、赤ちゃんだけでなく大人の私たちも使って、色んな保湿活用ができるのです。

ベビーマッサージで赤ちゃんとのスキンシップを

やはり、王道はベビーオイルという名前がついているくらいですから、赤ちゃんの体に使うことですよね。
ベビーオイルを少量手にとって、赤ちゃんのお肌に馴染ませていきます。
浸透力が良いオイルですので、お肌をこすりすぎないよう注意しましょう。

一番保湿に効果的なのは、お風呂上がりの水分を拭きとる前にベビーオイルを馴染ませることです。
お風呂上がりの体についている水分と、ベビーオイルが混ざり、水分の蒸発を防いでくれます。
機嫌が悪い赤ちゃん
また、グズつく日などの対策として、昼間のおむつ替えや着替えの時間を使って、お肌の見えている部分をベビーオイルを使ってマッサージしてあげると、赤ちゃんも気持ちがいいのかご機嫌でじっとしてくれていました。

今、10歳の長男は敏感肌で乾燥肌です。
季節の変わり目になると、耳たぶが切れてしまうほどなのですが、お風呂上りに水分が残った状態でベビーオイルを馴染ませるようになったら改善してきました。
全ての肌質の方に合うかどうかは、わかりませんので、量を調整したり、部分的に試してみたりと肌質に合わせて調節をしてください。

ママの洗顔にオイルを混ぜて、しっとりモチモチ肌洗顔

洗顔
GENKINGさんが実際にこの方法で洗顔をしていると紹介されたのが、きっかけで話題となった洗顔法です。
普段から使っている洗顔に一滴オイルを垂らして洗顔するだけという簡単な美容法です。

私も紹介されてからをきっかけに実践していますが、泡立ちが良くなるのと、洗顔後の肌のツッパリ感がなく慌てて化粧水~!ってならなくなりました。

クレンジングにも最適!油は油で落とす

メイクを落とすために使われるクレンジング。
これにはお肌のトラブルの原因となりやすい成分が配合されているものもあって、洗浄力が強い分、お肌にも負担が大きいです。
その点、ベビーオイルは、赤ちゃんのために作られている安心なものですので、余分なものが一切入っていません。
メイクも油ですので、オイルで落とすのが最適です。
メイクをした乾いた状態のお顔に、優しく円を描くようにクルクルとマッサージするような感覚でメイクとオイルを馴染ませていきます。
ゴシゴシとこすらなくても、スルスルとキレイにメイクが落とせます。

敏感な目元に使って美容液替わり

ベビーオイルはそのままお顔に使っても大丈夫なのです。
化粧水を塗った後、しっかり浸透させたらベビーオイルを馴染ませます。
私はお顔でも特に敏感で良く動かす目元にベビーオイルを美容液替わりとして夜に使用しています。
朝のメイクするときは、べたついたりメイクの崩れになりますので、夜のみにしています。
翌朝のお肌の状態がモッチリとしています。
保湿美肌

鼻に溜まりやすい角栓もベビーオイルで改善

角栓をケアするアイテムはドラッグストアでも売られていますが、皮膚にダメージを与えやすく、毛穴も開きやすくなります。
お肌に優しく、毛穴ケアをしたいのならベビーオイルがお勧めです。
ベビーオイルを手の体温で温めて、角栓が気になる部分に塗ります。
そしてクルクルとマッサージすること1~2分。
あとは洗い流すだけです。
簡単でお肌に優しく、角栓ケアができてしまいます。

顔だけじゃない!髪にも使える!しっとりヘアに

ベビーオイル
お顔だけでなく、髪の毛にも活用できちゃいます。
シャンプーしたあとに使うリンスやトリートメントに一滴垂らすことで髪の潤いがアップします。
タオルドライ後に使用する場合は、量を少なめにしないとオイリーな髪の毛に見えてしまいがちですので、量には気を付けましょう。
量さえきちんとできれば、高価なトリートメントよりも髪の毛がしっとり潤いヘアになれます。

水仕事の多いママの手の保湿ケアにも

赤ちゃんができるとおむつ替えや、食べこぼしなどで、手が汚れるため、頻繁に手を洗うようになります。
それに加え、食器洗い・洗濯・掃除などお家の仕事って水仕事が多いですよね。
ですから必然的にママの手も荒れがちになりますよね。
ハンドクリームをこまめに寝ればいいのですが、またすぐ水使うし・・・・となってハンドクリームの出番が遠ざかってしまいます。
その点、ベビーオイルはポンプ式のタイプが多いので、片手で塗れてササっと簡単に手の乾燥対策ができます。
余分な油分はティッシュなどでふき取るか、腕に伸ばして乾燥対策をしたりしています。

リップクリームの代わりにもなるので、唇に余った分を付けたりもしています。

妊婦さんの心配事の妊娠線予防にも

ベビーオイルは低刺激ですので、肌が敏感になりやすい妊娠時でも使うことができます。
妊婦さんの出てくる悩みといえば、妊娠線です。
この妊娠線予防は乾燥対策が一番の予防法です。
日に日に大きくなるお腹で皮膚が引っ張られ、肌の表面の面積が広くなることから、乾燥もしやすく、酷くなるとかゆみも出てきたりします。
保湿力が優秀なベビーオイルなら、効果的に妊娠線の予防ができます。
妊娠線予防
出産後の急激なお腹の引っ込み時にも、肉割れとしてスジが残る場合がありますので、乾燥対策しておくとお勧めです。

ベビーオイル活用法まとめ

私が赤ちゃんの頃も、母親が使ってくれていました。
その私が母となり、子供たちに使い、ママの美容法としても活用でき、とっても便利で優秀なベビーオイルです。
何個も美容のために商品を揃えると、どうしても洗面所の収納がゴチャゴチャになったりしますし、お金もかかります。
その点、ベビーオイルは赤ちゃんと同じものを使うことで収納も特別に場所を取らずに、スッキリできますし、なにより安価でどこでも売られているという安心感があります。
シンプルなベビーオイルですが、出番は多いですし、しっかりといい仕事をしてくれる働き者です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間もお金も使わない簡単産後のダイエットでダイエット成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。