モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年8月7日
最終更新日:2017年9月21日
スポンサーリンク

お金をかけなくても美肌は作れる

美肌になる洗顔
毎日、洗顔をしますよね。
その洗顔を少しだけ丁寧に行うことで、美肌は作られます。

顔を洗う温度

暑い夏は水でバシャバシャ洗っても気持ちが良いのですが、寒い冬はお湯を使いたいですね。
手が水の冷たいので、かじかんでしまいますし、なにより寒いです。
でも、美肌を考えたら少し冷たいなと感じる温度が適温なのです。
夏場は水で、冬の寒い時期には、ぬるま湯が理想です。

顔を洗う適温は?

シャワーと同じ温度で顔も洗ってしまいがちですが、洗顔の時は、シャワーよりも低い温度にすることが美肌の近道です。
だいたい40度よりも低い温度が望ましいとされています。

油汚れが落ちるように保湿成分も落ちていく

この40度よりも低い温度にするのは何故かというと、乾燥肌になっていくからです。
よく台所の油汚れを落とすのに、水で洗うよりもお湯で洗った方が落ちが早いです。
それと同じで、洗顔時にお湯で洗っていると、流れてほしくない大事な保湿成分までもが、流れてしまいます。
ですから、冬でも、少し冷たいなと感じる温度で洗うことが乾燥を防ぎ、美肌になれる洗い方なのです。

スポンサーリンク

お風呂の時の洗顔も注意

お風呂でも、一日の汚れを落とすために洗顔をします。
あなたは、いつ洗顔をしていますか?

シャンプーは天敵!

シャンプーの姿勢
シャンプーは頭の皮脂を取り除くために、強い洗浄力です。
ですから、顔という全身の中でも一番敏感な皮膚には刺激が強すぎます。
シャンプーが肌に付くと、しばらく取れず皮膚の構造が破壊されてしまうそうです。
これは、皮膚科を受診したときにアドバイスしていただきました。

シャンプーは顔に付かない洗い方が美肌のコツ

私は、まつ毛エクステをしているので、取れにくくするためということもあるのですが、顔にシャンプーがつかないようにするために、美容院のように頭を後ろに倒して洗っています。
頭の皮膚は、顔と繋がっているため、頭を後ろに倒して洗うことによって、下向きに洗うよりも、顔の皮膚が垂れ下がらないため、アンチエイジング効果もあると感じています。
頭皮マッサージ

スポンサーリンク

顔の皮膚は思っている以上に敏感

私は、敏感肌で、季節の変わり目には痒みが生じます。
そんな時は、洗顔後に拭くタオルの刺激も気になります。
洗濯をしたタオルですが、洗剤や柔軟剤が残っています。
特に今は、時短節水の洗剤が多いため、残りにくいと言われますが、完全には洗い流せないです。
ですから、痒みが出ている特に敏感な時期は、タオルで拭き取ることをやめて、キッチンペーパーで顔の水分を拭きとっています。
キッチンペーパーも、吸水力が凄いですし、使ったキッチンペーパーは、洗面台の拭き取り掃除に使ったり、鏡を拭いたり再生できるので、無駄がないですよ。

保湿は、化粧品で補うではなく肌自身の力で潤す

肌保湿
様々な化粧品があり、高度な効能があります。
化粧品は、一度使うと耐久性がでるため、最初は良くて使っていたものでも、いづれ物足りなくなり、もっと上の効果を目指そうとします。
確かに高度な化粧品には、それぞれの素晴らしいところがありますが、私は肌自身の力を強くしたいと考えます。
肌が強くなれば、自身の保湿力で潤すこともできるし、お金をかけなくてもできる美容法だからです。
お金をかけなくても、お肌は美しくなります。
本来持っている保湿力を、発揮させるためにも、自ら乾燥させてしまうような、お湯で洗う洗顔や、シャンプーの洗い方を気を付けるだけでも、お肌は断然変わってきます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。