子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!
公開日:2017年12月24日

あなたの使っているスキンケア、本当に自分の肌に合っていますか?

スキンケアの選び方
化粧品売り場に行くと、膨大な種類のスキンケア用品がずらりと売られています。

基礎化粧品という表現もされますが、化粧水、乳液、美容液、保湿クリームなどがスキンケア化粧品に相当します。
スキンケア化粧品は地肌の状態を改善するものです。

たくさんの種類のスキンケア商品があるために、選びたい放題ですが自分のものにできずに毎回違う商品を買っては使うという、スキンケア迷子と言われる状態になっている女性が多いのです。

あなたが使っているスキンケアは、本当にお肌に合っていますか?

自分に合うスキンケアを選ぶ方法

正しいスキンケアの選び方
スキンケアは、皮膚に朝晩つけることになりますから、肌の状態を見ながら、相性がいいものを使いたいものです。
高価なもの、売り上げの高いものならばいいスキンケア化粧品とは言い切れません。

スキンケア化粧品を選ぶ時には、添加物の使用量が少ないもので、肌トラブルを引き起こさないものがいいでしょう。
この頃は、化粧品店以外でも、コンビニやドラッグストア、通販などでもスキンケア化粧品の品揃えは充実しています。
自分のお肌はどんな性質があり、どのスキンケア化粧品を使うといいかを、よく検討して選ぶことです。

オイリー肌の人と、カサカサ肌の人は、選ぶべきスキンケア化粧品が違います。
自分自身がどんな肌なのかを確認した上で、それに合うようなスキンケア化粧品をチョイスしてください。

クレンジングの選び方

正しいクレンジング方法
クレンジングは、主にメイクを浮き上がらせて落とすための「油性成分・水性成分」と「界面活性剤」から作られています。
形状はオイル・ジェル・クリーム・ミルクと様々なものがありますが、成分配合が異なるため形状も異なっています。

一番メイクの落としが良いのはオイルです。
これは、油と油は良く混ざるため、良く落ちます。
良く落ちるということは肌への負担が大きいと感じやすいですが、良く落ちるオイルクレンジングでは、クリームやミルククレンジングと違い、何度もこすり落とすことがないため、肌への刺激は少なくメイクを落とすことができるのです。
どんな肌質の方でも、美肌を保つためには刺激が少ないメイクの落とし方が最適です。

洗顔料の選び方

正しい洗顔
洗顔料に求めるポイントは、
①汚れが落とせるか②洗った後に肌がつっぱりすぎないか
この2点です。

朝はぬるま湯洗顔だけにして、お肌の油分を取り除きすぎないことが乾燥対策にはおすすめです。
ぬるま湯だけでの洗顔でいいかどうかは、眠っている間に分泌されている油脂と、寝る前に使ったクリーム類の内容にもよります。
ぬるま湯で洗顔をした後でも、お肌に何かがついている感触がするという人は、低刺激の洗顔料で軽く洗顔をしてみるといいようです。
その場合は、よく手で泡立てて泡で洗う感じにします。

クレンジング同様、洗顔も刺激を避けましょう。
どの肌タイプの方も、優しく汚れを落とし次にお手入れするための下地を綺麗にしておきましょう。

化粧水の選び方

人気の化粧水
化粧水の選ぶポイントは、
①肌につけた後に、うるおいを感じるか
②つけ心地(匂い・浸透率など)が快適に感じるか
この2点です。

洗顔で肌の汚れを取り除いた綺麗な肌は、浸透しやすいまっさらな状態です。
肌の乾燥は、油分の過剰分泌につながることもありますので、オイリー肌の人も、しっかり化粧水で保湿を行いましょう。
脂性肌の方が化粧水を利用する場合は、つけ心地がさっぱりしているものや、引き締め作用があるものがいいでしょう。
たっぷりと水分補給をし、うるおいを与えましょう。

乾燥しかけているお肌をしっとりさせるためには、ビタミンC誘導体や、ヒアルロン酸が使われているような化粧水がおすすめです。

美容液の選び方

顔の乾燥肌を改善する方法
美容液は、肌の目的別に作られているものが多いです。
保湿(アンチエイジング)・美白・ニキビ予防など。
自分がどんな肌になりたいか、どんな悩みを今持っているのかで、美容液を選ぶと肌の悩み改善になります。

また美容液は、値段も高価なものが多いですが、一度だけ高価な美容液を購入するよりも、継続しやすく無理のない範囲で目的に合う美容液を選ぶことが望ましいです。

乳液・クリームの選び方

人気のクリーム
スキンケアの最後になりますが、よくスキンケアではフタをするといった表現をします。
スキンケアで言うフタとは、油です。

乳液やクリームは油分が多く配合されていますので、肌につけた心地よさが、自分に合っているかを選ぶポイントにするといいでしょう。
つけた直後にべたべたを感じる場合は、つける量が多いか配合される油分の量が肌に合っていない場合があります。
つける量を少なめに変えてみても、べたべたが気になる場合は、油分量のすくないサラッとタイプに変えると改善されるでしょう。

逆に乳液をつけても乾燥する場合は、油分がさらに多い乳液に変えるか、その上にさらにフタをするクリームを併用するといいです。

そして年齢を重ねると気になってくる目元や口元。
特に目元は皮膚が薄く、瞬きなどでよく動かす部分で乾燥しやすい部分なのです。
脂質を補うためにセラミドや、ヒアルロン酸の含まれた保湿クリームを活用しましょう。

新しいスキンケアを試す人気な方法

最近人気があるのは、ネット通販を活用してスキンケア化粧品を手軽に買うというものです。
実店舗と異なり、通販でスキンケア化粧品を買う時には商品を手にとって確認することができませんが、人件費が削減されるため安価に購入できるというメリットがあります。

商品を確認する方法として、試供品や、少量パックのトライアルキットを試してみるなど、手軽に試せるサービスがありますので、いい方法といえます。



肌を進化させる!基礎化粧品モニターセット

そしてスキンケアの方法は肌質によって異なりますので、お肌のコンディションをチェックするためにも、お試しのスキンケア化粧品を利用することがおすすめです。

新しいスキンケアを試すための最適な時期

肌の状態は年間通じて一定ではなく、時期によって乾燥度合いや油分の分泌量は異なります。
人間の肌は、もともと適量の油分や汗を分泌することで、肌を乾燥や刺激から守る層をつくります。
肌を覆う適量の油分があるために、保湿や保水の効果が得られますが、ストレスやホルモンバランスなどで心の状態でお肌もバランスを崩します。

そんなバランスを崩した時期に新しいスキンケアを試しても、最適な判断がしにくいです。
ですから、そんな時期を知っておくことで、美肌の近道にもなります。

ホルモンバランスが大きく関係していますので、生理後と生理前では肌の状態が違ってきます。
生理前は肌が敏感になっている時期で肌荒れも起こしやすい時期です。
生理が終わった後に試すといいでしょう。

また、ダイエット中も食事の栄養バランスが崩れやすく、肌の健やかな状態を保ちにくいとされています。

ですから心も体も健康な時期に試すと、お肌の最適な判断ができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 15歳の頃、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動を始める。 23歳で結婚するまで、主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 26歳で長男を出産後は、食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間も体力も使わない育児中の簡単な方法でママのダイエットで10㎏減量のダイエット成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。