子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!
公開日:2017年9月19日
最終更新日:2017年9月24日

モデルの美容法は簡単ながら美容法

肌のたるみはながら美容法で改善
美容が気になる女性であれば、年をとると徐々に目立つようになる肌のたるみやシワは、深刻な問題といえます。
お肌の弾力に深く関係していたコラーゲンや、ヒアルロン酸などの保湿成分が少なくなることで、皮膚のハリがなくなり、若いときには気にならなかった肌のタルミも、だんだんと感じるようになってきた人は多いことでしょう。

プロも使う!モデルのながら美容法

お顔のたるみを気にかけている人は少なくないですが、モデル撮影現場でも、たるみが目立つ皮膚を引き締めるために、たるみ取りのテープが活躍しています。

使い方は簡単で、テープをたるみを取りたい部分に貼ることによって、気になる症状が改善されるのです。
顔のたるみが改善されると、以前のような若々しい肌に戻ることができるので、見た目も随分と変わってくるでしょう。

ながら美容法のやり方

目立たない色をしているので、外出時にも使用できますが、一番効果的なのは、就寝時に使用することです。
お肌の修復作用は、就寝中に行われています。
起きている時に皮膚が受けた負担を、眠っている時に修復しています。
夜の睡眠している時間にたるみ取りテープを用いることで、より肌の修復力が増幅するので、一番効果的な使用方法です。

この凄いところは、たるみ取りテープを貼ることにより、肌が引き上げられる効果も期待できます。
毎日テープを貼り続けることで、顔のラインが矯正され、引き締まった状態で安定していくというやり方です。

モデルの撮影現場では、プロのメイクさんが使用しています。
目立たないテープですので、髪をセットする時にちょっと工夫するだけで、見た目からはカムフラージュをすることができるのです。

空気は通過する素材でつくられているタルミ取りテープは、ずっと皮膚に貼っていたとしても、皮膚がかぶれたり、傷んだりはしません。
寝ている間にたるみ取りが出来るテープを使用した方法は、誰でも簡単に実践できる即効ながら解消法です。

お肌のたるみの原因


お肌のたるみとは、肌自体の重みが少しずつ支えきれなくなって、顔の輪郭線が崩れてしまうような状態を指しています。
お肌のたるみにはいくつかの原因がありますが、その一つが筋肉が弱くなることです。
顔の筋肉が緩んでしまった場合の対処法としては、表情筋をほぐしたり、鍛えることで少しずつ改善することができます。
また、皮膚の深層で生成されているコラーゲンの量が少なくなることで、皮膚の弾力が失われ、たるみが目立つようになります。

普段のスキンケアでもたるみ予防を

コラーゲンをつくりやすい肌にするには、基礎化粧品でのスキンケアが大事です。スキンケア化粧品で肌のお手入れを続けることで、肌の保湿力が高まり、コラーゲンをつくれる肌にすることが可能です。
肌のたるみが解消できるスキンケア
レチノールや、ビタミンC誘導体など、お肌にいい成分を皮膚の深層へと浸透させることで、保湿力の高い皮膚をつくれます。
ヒアルロン酸や、セラミドを含む化粧水や保湿ジェルを用いることで、ハリや弾力のあるみずみずしいお肌が期待できます。
気になるタルミを取りたい方は、毎日のスキンケアに欠かせない基礎化粧品に含まれている美容成分を見直してみてください。

ながら美容法でたるみ解決できたなら

モデルの美容法
年を重ねる度に深刻になっていく肌トラブルの一つとして、たるみがあります。
お肌のたるみが際立っていて、シワも深くなってきたことで、困っているという人は、少なくないようです。
たるみシワのない、弾力のある肌になることで、若返った気持ちになって日々を送ることができます。
自信を持って人前に出られるように皮膚のたるみを解消することで、毎日の暮らしが楽しいものになるでしょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間もお金も使わない簡単産後のダイエットでダイエット成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。