子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年3月4日

スポンサーリンク

抜け毛予防は頭皮の健康から。頭皮の環境を改善すると驚くほど変わる

ママの抜け毛予防
妊娠出産を経験することの多い30歳代は、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関わっています。
この女性ホルモンは30歳から徐々に減少するため、抜け毛や薄毛などの髪の毛の悩みが起こります。
お肌の曲がり角という言葉があるように、髪の毛にも変化があるのです。

第一に、頭皮の環境を検証してください。
髪の生える地肌が荒れていると、今の髪を保持することも困難になってしまいます。
いい育毛剤を使う他にも、健康的な生活を意識して継続することが抜け毛対策にもなります。
良い土壌に良い植物が育つのと同じことであり、頭皮の健康を維持するための方法を取り入れることをおすすめします。

抜け毛の原因とは

頭皮を痛めてしまうシャンプーの方法

頭皮をよりよい状態に保つにはシャンプーによる洗髪が大事ですが、洗浄力の強すぎるシャンプーが頭皮にダメージを与えている可能性もあります。
自分の髪や頭皮に合うシャンプーを使い、頭皮を痛めないようにやさしく洗髪をすることが重要です。
きちんとシャンプーをすることは、頭皮マッサージにもなり、血液の流れをよくする効果が期待できるといいます。
頭皮が本来必要としている皮脂成分まで洗い落としてしまうと、地肌にダメージがいってしまうでしょう。
シャンプーを行う時には、皮脂を取りすぎることがないように、適度な洗浄成分を採用しているものを購入してみるとよいでしょう。

ストレスから起こるホルモンバランスの乱れ

育児ママのストレス
いつも忙しくて時間に追われている現代人は、ストレスの多い生活を送っています。
育児中のママも同じで、毎日の家事や思うようにいかない子育て、ママとも関係などストレスがかかっていないように思ってもストレスがかかっています。

ストレスは自律神経やホルモンのバランスを乱すので、髪の毛の成長を妨げてしまいます。
ストレスの多い生活や、不規則な生活をしていると、男性ホルモンが活発になって、抜け毛が起きやすくなります。

毛根の細胞がよく活動し、新しい髪がつくられるようにするには、ホルモンのバランスを整えることが大事になっています。
ストレスを溜め込まず、健康にいい生活をすることが、抜け毛対策には有効です。
気分転換に運動をしたり、休息する時間を確保するなど、ストレス解消を心がけるようにしましょう。
ストレスを解消することができれば、ホルモンの働きも改善されて、毛根の働きを高められることが期待できます。

スポンサーリンク

抜け毛予防には頭皮の健康が大切、頭皮ケアで抜け毛予防

抜け毛予防のためのシャンプー
正しい洗髪をすることは、抜け毛対策を立てる時には、特に重要なことであるといえるでしょう。
コシやハリのある髪をつくるためには、まずは適切なシャンプーの方法を覚えることからです。
髪のことばかりに気がいってしまいがちですが、抜けないように毛を支え、新たな毛を作る頭皮は、ないがしろにはできません。
頭皮のコンディションを保つことは、髪の健康のために欠かせません。

頭皮をマッサージして血行促進し健康な頭皮に

頭皮をマッサージするために役立つのは、ブラッシングです。
ブラッシングで大事なことは、髪型を整えるためのブラッシングではなく、シャンプー前に行うべきものです。
ブラシを当てることで頭皮の血流を改善し、髪の中に埋もれていた汚れを浮かび上がらせることができます。

髪にブラシをかけると抜け毛が益々増えてしまうんじゃない?と不安になってしまうかもしれませんが、実際はその反対なのです。
髪自体についていた汚れは、水ですすぐだけでも落ちています。
シャンプーをする際には、髪の根元や、頭皮を中心に優しく洗っていきます。

すすぎも抜け毛予防に大切なこと

すすぎを十分にすることは頭皮を健康な状態に保つために大切で、抜け毛の対策に役立ちます。
洗顔での洗い残しが乾燥を招くように、頭皮もシャンプーなどのすすぎ残しが原因で頭皮が荒れてしまいます。
お顔のケアと同じように入念に丁寧にすすいでいきましょう。

特に襟足や耳の後ろは洗い残しが多い部分ですので、注意をして洗い流しましょう。

ドライヤーは忘れずに使う

抜け毛予防にはドライヤーも大事
慌ただしくしていると、忘れがちと言いますか、乾かさなくてもいいか~と疎かになってしまうのが、ドライヤーです。
でも、髪が濡れたままだと頭皮の細菌が繁殖し頭皮に炎症が起きます。
この炎症が抜け毛の原因ともなっていくので、髪と地肌はドライヤーで乾かしましょう。
夏場は暑いので、自然乾燥にしがちです。
夏に自然乾燥をした髪は、秋に抜け毛が増えますので暑くてもドライヤーは大切です。

規則正しい生活をする

髪は眠っている間に新しく作られたり、傷んだ部分を修復されています。
ですから髪を作っている夜にぐっすり眠る習慣をつくること、生活リズムを見直すことが重要になります。

特に寝る前のスマホやパソコンは睡眠を妨げるほど強い光です。
寝ている時に分泌される成長ホルモンは、髪を作り出すためとダイエットに重要なホルモンですので、リラックスした状態で眠りに入りましょう。

スポンサーリンク

解決しない時はシャンプーを抜け毛予防のケアができる天然成分のシャンプーに変えてみる

それでも解決しない時には、シャンプーが合わないかもしれません。
シャンプーはどれも同じと思っていませんか?
それぞれ製品によって、配合されている成分は違います。
頭皮や髪に刺激の強い化学成分が無添加で100%天然由来の素材の頭皮と髪に優しい抜け毛ケアがしっかりとできるシャンプーに変えてみましょう。
抜け毛ケアを重点においたシャンプーは、頭皮に張りついた汚れはスッキリ洗い落としながら、使い続けることで頭皮環境も整えてくれるケアができます。
私が産後の抜け毛に悩んだときから、使っているシャンプーは、1本400mlで約2ヶ月分洗えて、リンス不要なので時短かつコスパも最高です。
1プッシュでたくさん泡立つので、頭皮を痛めることなく洗うことができます。
シャンプーの泡
シャンプー1つで、髪質も頭皮の状態も変わってきます。

公式サイトから注文を行うと、初回限定の特典として30日全額返金保証と頭皮に優しく汚れが落とせるシャンプーブラシがプレゼントで貰えます。
公式サイトはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。