子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。

ママになったら体型が変わった!?どうしてママになったら痩せにくくなる?

産後の体型いつ戻る
出産後の体型の変化は人さまざまです。
今まで履いていたスカートやパンツが入らなくなった・・・・という声をよく耳にします。
食べる量も変わっていないし、内容も変わっていないのになぜ?と悩むママが多いのも事実です。

産後はホルモンの関係で通常のダイエットとは違い、なかなか痩せることが難しいのです。

また、さまざまな原因が組み合わさって痩せにくくなっている場合が多く、その原因を知ることで、意識して変えることができるので、ダイエットの成果を出やすくできます。

ではなぜ変わってしまうのでしょう。

産後太りの考えられる5つの原因

産後太り

出産による骨盤の変化

出産によって大きく骨盤が開きます。
その歪んだ骨盤は約半年ほどかけ左右交互に少しずつ縮みながらゆっくりと元の状態に戻ります。

ですが、出産を通して左右のバランスが崩れていると正常な位置に戻りにくくなってしまいます。
骨盤が正しい位置に戻らないと脂肪の燃焼がうまくいかなくなり太りやすくなります。

骨盤は上半身や内臓をを支えている大事な骨格であり、ダイエットにも重要な部分なのです。

育児中ママ特有の運動不足

子育て中は、疲れる割に運動不足になりがちです。
抱っこやお世話に時間がかかり、自分用に時間が作れません。

独身の頃には、気軽に動けたママでも子供がいることで時間も行動も制限されることが多くなり、運動量は減っていくのです。

不規則な生活リズムや子育て中の睡眠不足

まだ生まれたばかりの赤ちゃんは、数時間ごとに授乳やおむつ交換、着替えなどでまとまっては寝れません。
そして新生児の大変なお世話が終わっても、夜泣きもあったり・・・。

大きくなって徐々に手がかからなくなってきても、寝ながら動くために布団をかけてやったり、熱が出れば気になって数時間ごとに目が覚めます。
また、平日の朝にはお弁当作りや、上の子がいる場合は幼稚園や学校への送迎などで忙しい朝で早起きしなければいけません。

ゆっくり今日は寝ていたいなと思っていても「ママ~!起きようよ~」と目覚まし代わりに子供コールが・・・。
子供ができると、家族のために毎日を過ごしていると自然と睡眠不足になっています。

子供の残飯処理

まだまだ偏食の子供ですし、食事量にも波があります。

せっかく作ったのに・・・ともったいない心が出てついつい・・・・・。
ママ自身が作ったご飯だから、余計にせっかく作ったのに!という気持ちが出てきてしまうものですね。
そして、食べだしたら止まらなくなってしまい、食べ過ぎてしまった・・・どのご家庭でも、よくありますね。

子供と一緒にお菓子を食べる

子供み~んなが大好きなおやつタイム。
おいしそうに食べてるのをみるとママもついつい手が出てしまいますね。

お菓子には、糖分や油分がたくさん含まれていて、もちろんカロリーも高めです。
少量なら癒し効果もあるお菓子ですが、たくさん食べ過ぎてしまうと、太りやすい体になっていってしまうのです。

これらの原因が全てではないですが、様々な状況でいろいろと重なり産後太りへと繋がっていきます。

産後ダイエットはいつから始める?

産後ダイエット
産後から3か月~6か月頃が一番痩せやすい時期と言われています。
でも、ちょうどそのころは育児に忙しい時期です。

新生児の頃の数時間ごとの授乳やおむつ替えがなくなったとはいえ、まだまだママが大好きでくっついていたい時期ですから、手が離せません。

そして気も張っているので、ちょっと休憩しようかな~とお菓子や余分なもの手が伸びたりということが少ない時期です。

産後太りまっしぐら?油断しがちな時期には注意!

産後太り
油断しがちなのは子供が1歳を過ぎたあたりからです。

自分で遊ぶようになり、まとまってお昼寝ができるようになり、ママの一息できる時が徐々に増えていきます。
また気持ち面でも、1歳という区切りから心の余裕も出始めます。

産後1年からが本当の産後太りに注意するべきです。
そして少しの心配りで、産後太りはいつでも解消でき産前のスリムな体型に戻れるのです。

産後太りには代謝を上げて産前のスリムな体型に戻す!

代謝は、息をしているだけで何もしていない状態でも消費をするカロリーのことです。
この何もしていない時に消費されるカロリーを増やせば、自然と痩せやすい体質となるのです。

一見、腸内環境と代謝を上げることは関係ないように感じますが、腸と代謝はとっても深い関りをしています。
腸の働きは、「消化・吸収・排出」といった役割をしています。
ですが、腸内環境が乱れてしまうと、腸内には悪玉菌という名前の通り、体にとって悪い状態にしてしまう菌が多くなります。
悪玉菌というのは、有害物質を作り出します。
腸内環境が乱れると、腸のぜん動運動が弱くなり、排泄がすっきりできず腸に残ってしまいます。
これを宿便と言います。

悪玉菌が作り出す有害物質を体外へ排出したいのですが、腸内環境が乱れている時は腸のぜん動運動が弱いために、体内に残ります。
その有害物質を腸が吸収してしまい、血液へと取り込んでいきます。
有害物質を含む血液は、いわゆるドロドロ状態ですので代謝を悪くさせます。

腸内環境を整えて全身の血液をサラサラにしておくことで、全身へ血液がスムーズに流れるため、代謝も上がるのです。

産後太りを解消したいと思った時が産後ダイエットする時!

無理な食事制限などは、痩せますが我慢が付きまといます。
そしてストレスになります。
産後ダイエットでは、極力ストレスをなくし痩せていくことが大切です。
思うようにいかない育児ですから、自分の事に関してはストレスフリーで対応したいですよね。
体の中から痩せやすい環境に改善をし、産後ダイエット成功を目指しましょう。