モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年8月27日
スポンサーリンク

あなたがダイエットをする意味は何ですか?

ダイエットをする意味とは
ダイエットは、女性の永遠のテーマのように、いつでも注目される悩みです。
ですが、時にダイエットは健康被害をもたらしたり、心を疲れさせたりします。

きちんと意味を持ってダイエットを行うことで、ダイエットのゴールを出しやすくなり、目標まで頑張ることができます。

きちんと終わりのあるダイエットをしよう

ダイエットをしていると、経験がおありの方もいらっしゃるかもしれませんが、もっと痩せられる!もっと細くなりたい!と欲が出てくるものです。
その結果、極端に食事の量が少なくなってしまったり、食べることがストレスとなったりと心を疲れさせてしまいます。

きちんとダイエットのゴールを決めて、行いましょう。
ダイエットとは、健康も心も壊してまで行う行為ではありません。

スポンサーリンク

私のダイエットの目標は股関節の負担を減らすため

股関節の痛み
私は股関節が悪く、重たいものを持ったり、歩きすぎたりすると痛みが生じます。
これは骨の問題なので、うまく付き合っていかなければならないのです。

私が産後太りになって、ダイエットをしなければいけなっかったのは、股関節に負担をかけないためです。
あまり体重が重くなると、その分股関節に負担がかかります。
ですから、ダイエットをして股関節の負担を軽減させるため行いました。

モデルをしていたころなら、細くないとモデルとしての価値がないようで焦っていたことと思います。
でも、ママとなった今は、股関節の痛みが酷くなれば、歩くことも難しくなります。
最悪の場合は、手術をして人工関節といった選択もあるでしょう。
ダイエットをする意味
ママしかいない子供たちです。
一緒にいろんなところに出掛けて楽しい思い出をたくさん作りたいし、子供たちに悲しい思いはさせられません。
ですから私はダイエットをしました。

スポンサーリンク

ダイエットは気持ちの切り替えも大切

ダイエットは少なからずストレスはかかってきます。
食事制限をしないにしても、「ダイエット中」と頭にあることで意識が変わってきますので、これもストレスの一部だと思います。

そんなストレスの原因が、ずっと続くとなったら・・・・そんな辛いことはありません。
目標達成したらダイエットは終わりにしましょう。
ダラダラと続けるのではなく、目標に到達したら、スパッとダイエットはやめる!この切り替えも大切なことです。
前途にも書きましたが、欲が出てきてしまい、ダイエットがやめられなくならないためにも、ゴールを決めて行いましょう。

リバウンドしないの?

ダイエットにリバウンドはつきものです。
毎日の食生活の中で、ストレスを少なくする生活を心がけましょう。
やけ食い
ストレスがかかると、やけ食いになったり、偏ったものを食べたくなったりと、食に出やすいです。
ストレスのない生活が理想ですが、ストレス社会といわれるようになかなか難しいことです。

リバウンド予防にしたいこと

これらを日常で意識していると、ダイエットとしてではなく、健康維持のためにも役立ちます。
ママは体が資本です。
健康維持をしながら、明るく楽しい毎日を送りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。