モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2016年11月28日
最終更新日:2017年4月26日
breakfast-848313_1920 スポンサーリンク

ダイエットしてるから、糖質制限しなくちゃと頑張りすぎていませんか?

ダイエットというと、制限が主流です。

特に最近では糖質制限が多いですね。

糖質の多い食品

白米・ベーグルパン・パスタ・お菓子類・じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・リンゴ・バナナなどが糖質が高いとされています。

糖質って?

糖を主成分とする物質で炭水化物から食物繊維を取り除いたもののこと。
甘いから糖質だとは限らず、おせんべいなど塩辛いものも糖質です。
人間のエネルギーを生み出す3大栄養素の1つで1日100gは糖質が最低限必要とされています。
デスクワークやママは1日260gほどが適正量といわれています。

スポンサーリンク

ダイエット中もママは休みなしだから休憩したい

ママは休みたくても、休みがないお仕事です。
毎日本当にお疲れ様です。

体が辛くたって、子供は待ってくれませんし、家事もやることたくさんです。
時に「もう無理」って思うときあります。

そんな時は、心の休息をしましょう。
ダイエットしているから食べないではなく、ダイエットしているからこそ我慢せず食べましょう
子供がお昼寝している時に、紅茶とチョコを食べながらゆっくりと自分時間を堪能する。
至福なときですね。

ついつい子供が寝ているうちに・・・とお米を洗ったり洗濯物を畳んだりとお家のことをしてしまいがちですが子供がお昼寝で休憩している時は、ママにとっても最高の休憩時間です。

その休憩時間があるから、ちゃんと心の休息ができリセットできるからあとの時間もにこやかに過ごすことができます。

スポンサーリンク

モデルがおやつに食べるものとダイエットルール

よくドライフルーツが良いと言われますね。
確かにそうです。
生で食べるフルーツよりも水分が抜けているため凝縮され効率よく栄養が摂れます。

そして血行促進や体を温める作用があり、鉄分やカルシウム、ミネラル分が豊富とダイエット中に不足しがちな栄養素を補えることでドライフルーツが良いといわれるのです。

毎日同じものじゃ飽きる・・・

でも・・・毎日ドライフルーツじゃ飽きますね。
たまに食べるからおいしく感じるんですよね。

モデルの体型維持のコツは好きなものをおやつに食べます。
でも、時間は15時までと決めます

人間の体は夜になるにつれて代謝が悪くなります。
太りにくい時間帯があって、その時間が15時までなんです。

ですので、ダイエット中だから太るからと思って好きなケーキも食べずにガマンしたり、お饅頭もガマンしたりはしません。
15時までに今日食べたい好きなおやつを食べる。
これがモデル流のルールです。
好きなものを食べてリラックスタイム。
そうすることで自分にも子供にも、もっとやさしくなれる♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。