モデルダイエットで簡単に産後ダイエットを成功させましょう!
公開日:2016年12月4日
最終更新日:2017年4月26日
large40 スポンサーリンク

ダイエット経験者ならだれもが訪れる!?

突然やってくる停滞期。
順調に体重が減っていて目標体重まで、あと少し!!って時に突然やってきます。
ダイエットを経験してことがある方なら、だれもが訪れる悪魔です・・・・。
その乗り越え次第で、ダイエットの成功は変わってきます。
うまく乗り越える方法とは?

もし、今あなたが停滞期中なら諦めないで、もうひと踏ん張り頑張ってみましょう。

なぜ停滞期が訪れる?いつ来る?

人間の体はとっても優秀なので、体重の減少が進んでいると、ある一定の時に体が体重減少にストップ信号を送ります。
命を守ろうとします。
これは本来もってる自然現象なので仕方のないことなのです。
でも必死にダイエットをしているのに突然訪れると嫌な気持ちになりますね。

この機能を「ホメオスタシス機能」といいます。
ホメオスタシスとは
簡単にいうと体の省エネです。
食べる量が減っても生き延びるために働く機能です。
この機能は必要な機能ですが、ダイエット中の方には、ありがたくない機能ですね・・・。
これが停滞期の原因といえます。

スポンサーリンク

突然の体重ストップ・・・簡単に乗り越えるコツがあった!!

この時期は、いくら頑張っても減りません。
そんな時期には、焦ってしまいます。
でも、慌てずに無理はしてはいけません。
停滞期中に無理なダイエットをしてしまうと逆効果です。
慌てず諦めないことが一番大切です。

スポンサーリンク

モデルはこう乗り越えました

体重が落ちなくなっても、慌てません。
じっくり今まで通り過ごすことが一番。
そして、毎日の食事内容をメモします。
停滞期にはダイエットを見つめなおすいいタイミングなので、一度メモで書き出します。
すると字で表すことで、いままで気づかなかったことも見えてくるかもしれません。
停滞期はイヤと思わず、見つめなおすチャンスと思いましょう。

そして、好きな音楽聞いたり、好きな紅茶を飲みながら読書したりとリラックスすること。
今まで毎日の体重測定が楽しみだったのに、停滞期になり憂うつ・・・となってしまうのは当然です。
でも、ここでもっと過激なダイエットに変えてしまうと、体に不調が必ずきます。
だから慌てない・焦らない・今まで通りでいいんです。

まとめ

停滞期で諦めてしまい、ダイエット失敗という方がたくさんいらっしゃいます。
諦めたら、そこでおしまいです。
自分の意志でダイエットを始め、自分の意志でおしまいにしてしまうのは悲しいです。
だれもが訪れる停滞期。
この辛い時期はいつまでも続きません。
必ず乗り越えることができ明るい未来が待っててくれます。
だから諦めないで♡
リラックスリラックス。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代に数々のダイエット失敗で体も心も壊し、食べて痩せるダイエットで体質改善するも産後太りを経験。 母乳育児でも影響のない産後ダイエットで減量成功。 現在もモデル時代からの体重と体型を維持。 結婚生活では、DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザー。