モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年1月19日
最終更新日:2017年6月27日
スポンサーリンク

子供ができると避けて通れない交流・・・ママ友

公園デビューしたり、幼稚園や保育園へ入園すると必ず交流する他の同年代の子供を持つママたち。
ママ友と呼べれ、付き合いが難しいのも話題となりますよね。
なかには、とっても気の合うママ友と出会えるいい機会でもありますが、どうしても自分の気の合った友人を見つけるわけではなく
子供同士の付き合いとして知り合ったママ友は、気を遣ったり、ほんの些細なことから問題が発生したり。
子供ができると避けて通れないママ友の輪です。

本当にそのママ友は必要ですか?

始めての子育てで、同年代の子たちの交流を持てることは子供にとっても刺激になり、そこから学ぶことも多いと思います。
そしてママ自身も、子育てをしている中で同じ悩みや話題のある、同じ子育てをしている仲間として話も弾むことでしょう。
でも、お家に帰ったら疲れてしまっていたり、あの子はこうなのにうちの子はなんで?というように比べてしまって、子育ての発散のつもりの
交流が、時に疲れてしまう時があるかと思います。
そうするとお菓子を余計に食べてしまったり、ご飯を食べすぎてしまったり、ストレスが溜まってしまっていたり、しませんか?
もし、そんな状況ならば、ママ友との交流をお休みしたほうがダイエットになるかも。

スポンサーリンク

仲が良くなると始まるママ友ランチ会

幼稚園や保育園に通い始めてママだけの時間ができるとママ同士のランチ会が始まります。
楽しい気の合うママたちなら、とっても楽しい時間ですし、日ごろのストレス発散にいいですよね。

でも、あまり気の進まないランチ会なら、断る勇気もダイエットの近道です。
もし、ランチ会へ出向いたとしても疲れて帰宅することになり、ランチを食べても物足りなくて、また食べてしまう。
心が満足していないから、満腹感が薄いんですよね。

お家で食べた分だけが余分な摂取カロリーとなり、ダイエット中のはずが食べ過ぎの原因に。

もし、疲れてしまう空間・仲間とのランチ、交流よりも、いっそのこと一人でゆったりとランチをしたりお出かけしたほうが
断然リフレッシュできます。

ママ友は子供のためと、ママは無理をして付き合いがちですが、もっとママの心に正直に。
気の合う仲間と、空間と過ごすことが一番心が満足できるしストレスもかからず、痩せホルモンも出やすいです。

スポンサーリンク

子育てという孤独な世界だから・・・

私は長男を育てている時に、社会から外れているような感覚になっていました。
毎日同じことの繰り返しで、言葉もあまり通じない幼児の子供のお世話。
今日一日、誰とも大人と話さなかった!っていう日もありました。
そんな毎日を過ごしていると、とっても孤独を感じるんです。

でも、今思うのは、孤独ではなく、子育てが不安だったんです。
初めての育児で、頼れる身内も近くにいなかったりすると、母親にすべてがのしかかるストレス。
だから、同じ境遇のママという輪を繋げたかったのでしょうね。
今は、そう感じます。
でも、本当に気の合うママとお友達にならないと、その孤独な気持ち・不安な気持ちは消えません。
余計ストレスとなって溜まっていくだけです。

ママ友という輪も心で

色々メディアでも取り上げられるママ友という特殊な輪。
本当に気の合うママ友と巡り合うこともできます。

その反面では、トラブルもよく聞くのもママ友です。
子供のための交流で、ママ同士が仲がこじれて、ぎくしゃく・・・という話は、私の周りでもよく聞きます。

みんなに好かれようと無理していませんか?
ママ友だって、人間です。
気の合う合わないは必ずあるものです。

子供のためだからと無理をしてお付き合いをしていても、ママがストレスを溜めていたら、子供も喜ばないはず。
そういう敏感な部分を察知するもは、子供は得意です。
ですから、ママも楽しく過ごしたいですね。

もっと正直にシンプルに生きているとダイエットもうまくいく♡
ママでも自分の一日を楽しみましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。