モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2016年12月1日
最終更新日:2017年8月31日
スポンサーリンク

あなたは毎日体重計にのりますか?

体重はただの数字表示でしかありません。

たとえば水分を摂ってすぐに体重計にのっても飲んだ分増えています。

女性は特にむくみや生理サイクルがあって体重も変動しやすいです。

でも言い換えれば女性として健康な証拠です。

 

毎日体重をしっかり測って管理することは、とても素晴らしいことです。

でも、時にその数字が憂うつに思ってしまうこともありますよね。

体重計にのる前に自分でも「増えてるよね・・・」と恐る恐るのってみたら・・・・・

やっぱり!!って数字を見ると思うわけですが、想像で増えてると思うより数字で出てしまうと

ショックも大きいです。

 

いっそのこと体重計にのることをやめてしまうと、その分ストレスもなくなります。

ただの数字でしかありませんから。

スポンサーリンク

モデルダイエットは体重の数字は気にしない

私は9年間、モデルとして活動してきました。

ご一緒にお仕事させていただいた有名人もいらっしゃいます。

そんな方たち、美意識が高いです。とっても。

でも体重という数字を気にしているかといったら、みなさんがそうではないです。

きっちり同じ時間帯に一日に何度も体重管理されているスペシャリストな方もいらっしゃる。

でもなかには、週1しか体重計にはのらないといった方もいらっしゃいます。

 

人それぞれの管理法があるわけですが、モデルは体重よりもボディラインを気にします。

数字に惑わされず、しっかりと自分の目で見てお腹周りが気になるとか足のむくみがきになるとか・・・

毎日の食べたものや行動で人の体って変化しますから、鏡でチェックします。

鏡の前に立って、お風呂に入る前はお洋服を脱ぎますから、そんな時にチェックすると時間短縮できますね。

とくに冬は厚着をし、ボディラインが出にくいです。

だからモデルは、念入りにお腹周りや背中などをチェックします。

数字で管理するのではなく、生の目できちんと管理する。

 

スポンサーリンク

ダイエットという努力の成果は無限大です

女性にとって永遠のテーマのダイエット。

ママもいつまでもキレイでいたいと思うものですよね。

ダイエットはたくさんの種類もあるし、人によっても方法はさまざまです。

巷では朝は動くから朝食はしっかり食べましょうといわれます。

やはり朝ご飯はしっかり食べないと元気が出ないという方、

朝は食欲ないから、コーヒーとヨーグルトで簡単に済ませるという方もいらっしゃるように

情報では「こうしたほうがいい!」っていうやり方が自分に必ずしも合っているかといったら、

そうではないですよね。

 

ダイエットも同じだと思います。

お友達は○○ダイエットで痩せたけど、自分には合わなかったという経験ありませんか?

やってみなくちゃわからないことですが、あなたの努力は必ず成果となって現れます。

ダイエットの努力は無限大です。

無限大にあなたはキレイになることができる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。