モデルダイエットで簡単に産後ダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年3月14日
最終更新日:2017年7月15日

衝撃注意!?モデル時代のしてきたダイエットの数々・・・失敗ばかりでした・・・

15歳からスカウトで入ったモデル界で、9年間お仕事をさせていただきました。
高校に通いながら仕事をすることは、楽しいことばかりではなかったけれど貴重な経験をさせてもらったと思っています。

そして、数々のダイエットも経験し、失敗したことで今の体型維持の方法を発見できたのだと思います。
たくさんのダイエットの失敗談を書いているので、長くなってしまいましたが、どうぞお付き合いくださいませ。

まず試した食事制限ダイエット 最初から衝撃なのでご注意ください!!

高校生といえば、少女から女性へと成長していく時期でもあり、女性らしい体つきに変化をする年頃です。
今ならそう考えることができますが、若かった当時の私には0,5キロでも体重が増えることが許せませんでした。

体重計に何度も何度も乗っては、体重の数字管理をしていました。
そして食事制限を始めたのです。

朝は母が作ってくれた朝食を食べていました。
昼食は、校内の売店で買っていたので、制限ダイエットを始めてからは何も買わずに、お昼抜きにしていました。
喉が渇いたらお茶を飲み、そして空腹を感じたらお茶を飲み過ごしました。
そして帰宅し、夕食です。
白米や炭水化物は一切食べず、野菜メインのおかずのみにしました。
そんな食生活をしていたので、体重はみるみる減っていきました。

極端な制限ダイエットで体の異変!?

次第に夜ご飯もほとんど残すようになったり、水分でも太る気がしていて拒食症のような症状が出ていました。
夜も空腹で熟睡できず、夜中に冷蔵庫を空けて無意識で食べている自分がいて怖くなりました。
食べてしまったことで罪悪感だけが残ります。

食べたものを消費しようと部屋の中をウロウロと夜中に歩いてみたり、ウーロン茶を大量に飲んで油を流そうとしてみたり。
当然、夜中にこんな異常な行動をしているので昼間に睡魔が襲います。
高校の授業中に居眠りをしてしまったり、電車を乗り過ごしてしまったりしました。
授業に寝てしまっていたので成績も悪くなっていく一方でした。
完全にダイエットに支配されてしまい、心のバランスが崩れてしまっていました。

そして、まだ成長過程である10代なのに極度の食事制限をしたせいで、生理に異常が出始めました。
最初は大量の経血がずっと続きました。
2週間くらい終わりませんでした。
貧血になって起き上がることも辛かったことを覚えています。
その後は、ピタっと生理がこなくなりました。
3年ほどは、止まったままだったと思います。

産婦人科を受診し、ピルを服用し無理やり生理をこさせて、生理周期の改善の治療をしましたが改善されず、今でも3か月に一度や半年に一度といった頻度しか生理はこないほど、とっても不順です。
ですので、妊娠もしにくく兄弟の年の差が6歳差なのも、そのせいです。

食事制限ダイエットでは確実に痩せましたが、健康面や心の状態では何も良いことがなかったです。

ダイエット効果がある!といわれた食品を食べまくる偏ったダイエット① 体は正直だった

当時、タバスコや七味唐辛子、ウーロン茶、ブラックコーヒーは脂肪燃焼に効くといわれていました。
myタバスコと七味唐辛子を高校のカバンに入れて持ち歩いていたくらいです。

なんにでもタバスコや七味唐辛子を大量に振りかけて、味もおいしいとか関係なく、痩せるため!!と太りたくない一心で食べていました。
気分によって使い分けられるように2種類持ち歩いていたんです。

今思うと、刺激物の摂りすぎで体に悪いですよね・・・・。
そして食後にはウーロン茶やブラックコーヒーを飲んでいて、そうすることで常に脂肪が燃やされると思っていたんです。
でも、体は正直ですぐに反応しだしました。

肌荒れです。
特にあごの周りに「にきび」がたくさん出ました。
皮膚科を受診すると、偏った食事と刺激物の摂りすぎが原因でした。

肌荒れは、仕事にも影響が出ました。
メイクさんには、コンシーラーで隠してもらうのですが、どうしても厚塗りになります。
またこの厚塗りメイクが毛穴に詰まってしまい、汚れとして残りがちになります。
肌荒れが改善されず、悪循環です。

あまりの荒れように、メイクさんから嫌がられているのがわかって精神的にもこの時期が一番つらかったかもしれません。

段々と仕事も減ってしまった時期でした。

ダイエットに効くといわれた食品を食べまくる偏ったダイエット② 逆効果で太った

ゆで卵ダイエットやリンゴダイエット、サツマイモダイエットといった、1日の1食分は、その食品だけしか食べないといったダイエットを試しました。
正直、飽きるし栄養が偏りすぎです。
ゆで卵やサツマイモはパサついて毎日食べるのが辛かったし、リンゴはあごが痛くなりました。

腹持ちも悪いので、すぐお腹が空いて余分なものを食べたくなります。
そして食べてしまっていたので、太りました。
2キロほど増量したと思います。
ダイエットしようとしていたのに逆効果でした。

寝ないと痩せるという不健康なダイエットにも挑戦

寝ないとその分カロリーが消費されるから痩せるよとモデルの友人から聞き、実際に試してみました。
そのころは、20歳くらいだったと思います。
夜中も友人宅に集まり女子トークに花が咲きます。

盛り上げってくるとお腹も空き、喉も乾きます。
お菓子やお酒を交えながらの一晩中のトーク。

その当時はクラブが流行っていました。
夜中に繁華街へ行きクラブに行って大音量の中、一晩中入り浸っていた時もありました。
当然飲み物としてお酒を飲みます。

そして翌朝、鏡を見ると・・・・自分の顔にビックリしました!!
すごいクマとやつれた顔。
20歳なのにすごく更けて見えていて、即このダイエットは止めました(笑)

夜中に起きている分、食べたり飲んだりすることで体重は増えました。
痩せませんでした。

ダイエットに効果的と言われる有酸素運動の代表 ウォーキングを試してみたけど効果はあった!?

もう食事でのダイエットは止めようと思い、体を動かして健康的に痩せようと思ったんです。
ダイエットに効果的な運動といえば、ウォーキングですよね。
実際に試してみました。

結果からいうと、続きませんでした・・・。

なぜならウォーキングのために時間を取らないといけないこと、出かけるための服装や髪の毛の寝ぐせ直し、日焼けケアなどに気を遣うこと、痩せるためのカロリーを消費するまでの時間歩くことが一人では辛いこと、天候に左右されやすいことがあったのです。

外に出て体を動かすことは、良い気分転換になりますし、気持ちが良いものです。
でもこれを毎日しなくてはならない!!という義務になるとストレスになっていったのです。

逆に家の中でいつでもできる「スクワット」は長続きをした運動です。
天候に左右されず家の中で好きな時にどんな格好でも気にせず行えることから、気軽にできていました。

失敗は成功のもと!?過去があったからこそ今の生活や体型が満足できる

お恥ずかしいですが、たくさんのダイエット失敗がありました。

生理が3か月や半年しかこなかったり、夜中に起きてしまうこと、貧血が治らなかったりと健康被害が残る今ですが、そんな失敗があったからこそ、今きちんと食べられる幸せ・神経質にならなくても体型キープできている幸せが手に入り満足しています。

ダイエット中も当たり前の幸せを噛み締める

2度の出産をした今も、モデル時代の体重50キロ(身長は168センチです)をキープしながら、好きなものを制限なしに食べて、運動も特にせず『ダイエット』というストレスを抱えなくても、子供と楽しく食事をしたり、おやつを食べたり毎日を送っています。

体だけのダイエットのつもりが心まで痩せていた時期

そして、何より心から笑えることが増えたことが一番の変化だと思います。
極端なダイエットをしている時は、自分でも気づかないうちに相当なストレスがかかっていたのだと思います。
心までダイエットしてしまっていたのですね。

ママになったからこそ気づく!本当の財産


ママにとって一番の財産は「健康」です。
健康じゃなかったら、宝物である子供たちにご飯を作ることも遊びに連れて行くことも、笑って過ごすことも難しいことが出てくるかもしれません。
困ってしまうのは、ママもですが子供たちや家族も困ります。
ママになって守るものができたからこそ、健康が一番です。

独身の頃は、自分が一番でしたし、見た目に必死で体のことも気にかけないで行ってきたダイエットの数々ですが、食べないダイエットや偏ったものを食べ続けるダイエット・体の負担になるダイエットは長くは続けられないですし、相当の負担がかかってきます。
そして常にリバウンドという不安を抱えていなくてはなりません。

理想のダイエットとは?体型維持とは?

数々の失敗をしてきた私ですが、痩せたいなら食べることが重要だと感じています。
きちんと食べるからリバウンドの心配をしなくても済みます。

食べないでいると、栄養バランスが崩れ体のエンジンがかかりにくくなり、そして代謝が落ちていきます。
すると体の巡りも悪くなり、太りやすい体になっていくという悪循環が起きます。

ダイエットとは、食べないで行うことでもストレスを抱えながら行うものでもないと思います。
ダイエットに支配される生活ではなく、毎日を楽しく元気に送るのが理想ですよね。
ぜひ、ママ自身の体を大切に有意義に過ごしてくださいね。
終わりのないダイエットをダラダラと続けるのではなく、きちんと食べて痩せやすい体にしていき、永遠のダイエットとはサヨナラをしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーやテレビアシスタントで活動。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗で体も心も壊し、食べて痩せるダイエットで体質改善。 産後の現在もモデル時代からの体重と体型を維持。 モラハラ夫と調停離婚し、心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーやテレビアシスタントで活動。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗で体も心も壊し、食べて痩せるダイエットで体質改善。 産後の現在もモデル時代からの体重と体型を維持。 モラハラ夫と調停離婚し、心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザー。