子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年3月14日
最終更新日:2018年3月26日

スポンサーリンク

衝撃!モデルのダイエット失敗談の数々

モデルのダイエット失敗談
15歳から入ったモデル界。
モデル事務所にはいると、みんなびっくりするくらい細いことが衝撃的でした。

オーディションへ行っても、みんな細い。
感覚がマヒしてきて、もっと自分も細くなければいけないと思えてきます。
そんなことから、数々のダイエットを試しました。

そして数々のダイエット失敗を繰り返します。

スポンサーリンク

食事制限ダイエットは痩せた!確実に痩せるがリバウンドでダイエット失敗

高校生といえば、少女から女性へと成長していく時期でもあり、女性らしい体つきに変化をする年頃です。
今ならそう考えることができますが、若かった当時の私には0,5キロでも体重が増えることが許せませんでした。

体重計に何度も何度も乗っては、体重の数字管理をしていました。
そして食事制限を始めます。

朝は母が作ってくれた朝食を食べます。
昼食は、校内の売店で買っていたので、食事制限ダイエットを始めてからは何も買わずに、お昼抜きにしました。

喉が渇いたらお茶を飲み、そして空腹を感じたらお茶を飲み過ごしました。
水分でお腹を膨らませていました。

そして帰宅し、夕食です。
白米や炭水化物は一切食べず、野菜メインのおかずのみにしました。
そんな食生活をしていたので、体重はみるみる減っていきます

極端な制限ダイエットでダイエット失敗結果

次第に夜ご飯もほとんど残すようになったり、水分でも太る気がしていて拒食症のような症状が出ます。
当然体重はあっと間に減っていきます。
でも、そんな細い体は維持することができませんでした。

極端な食事制限で現れた体の異変

次第に夜も空腹で熟睡できず、夜中に冷蔵庫を空けて無意識で食べている自分がいました。
食べてしまったことで罪悪感だけが残ります。

食べたものを消費しようと部屋の中をウロウロと夜中に歩いてみたり、ウーロン茶を大量に飲んで油を流そうとしてみたり。
過激な食事制限ダイエットは即効性はあり、痩せましたが過食という恐ろしいリバウンドが待っていました。

スポンサーリンク

脂肪燃焼効果があるダイエット食品を食べまくる偏ったダイエット① 即効で簡単ダイエット

当時、タバスコや七味唐辛子、ウーロン茶、ブラックコーヒーは脂肪燃焼に効くといわれていました。
myタバスコと七味唐辛子を高校のカバンに入れて持ち歩いていました。

なんにでもタバスコや七味唐辛子を大量に振りかけて、味もおいしいとか関係なく、痩せるため!!と絶対に太りたくないという一心で食べていました。
気分によって使い分けられるようにタバスコと七味唐辛子の2本を必ず持ち歩きます。

脂肪燃焼偏りダイエットの効果

痩せたかどうかというと、痩せませんでした
おまけに、肌荒れに悩みました。
特にあごの周りに「にきび」がたくさん出ました。
皮膚科を受診すると、偏った食事と刺激物の摂りすぎが原因でした。

肌荒れは、仕事にも影響が出ました。
メイクさんには、コンシーラーで隠してもらうのですが、どうしても厚塗りになります。
またこの厚塗りメイクが毛穴に詰まってしまい、汚れとして残りがちになります。
肌荒れが改善されず、悪循環です。

あまりの荒れように、メイクさんから嫌味を言われたり…精神的にもこの時期が一番つらかったです。

一つのダイエット食品を食べまくる偏ったダイエット② 逆効果で太る?

ゆで卵ダイエットやリンゴダイエット、サツマイモダイエットといった、1日の1食分は、その食品だけしか食べないといったダイエットを試しました。

正直、飽きるし栄養が偏りすぎです。
ゆで卵やサツマイモはパサついて毎日食べるのが辛かったし、リンゴはあごが痛くなります。

偏りダイエットの痩せた効果

腹持ちも悪いので、すぐお腹が空いて余分なものを食べたくなります。
そして食べてしまっていたので、太りました。

2キロほど増量してしまいました。
ダイエットしようとしていたのに逆効果でした。

寝ないダイエットは痩せる?「寝ないダイエット」のダイエット効果

寝ないとその分カロリーが消費されるから痩せるよとモデルの友人から聞き、実際に試してみました。
そのころは、20歳くらいだったと思います。
夜中も友人宅に集まり女子トークに花が咲きます。

盛り上げってくるとお腹も空き、喉も乾きます。
お菓子やお酒を交えながらの一晩中のトーク。

その当時はクラブが流行っていました。
夜中に繁華街へ行きクラブに行って大音量の中、一晩中入り浸っていた時もありました。
当然飲み物としてお酒を飲みます。

寝ないダイエットの痩せる効果とは?

そして翌朝、鏡を見ると・・・・自分の顔にビックリです!!
すごいクマとやつれた顔
20歳なのにすごく更けて見えていて、即このダイエットは止めました(笑)

夜中に起きている分、食べたり飲んだりすることで体重は増えました。
痩せませんでした。

ダイエットに効果的な有酸素運動の代表 ウォーキングダイエット!本当に痩せる?

もう食事でのダイエットは止めようと思い、体を動かして健康的に痩せようと思ったんです。
ダイエットに効果的な運動といえば、ウォーキングですよね。
実際に試してみました。

ウォーキングダイエットの効果

結果からいうと、続きませんでした・・・。

なぜならウォーキングのために時間を取らないといけないこと、出かけるための服装や髪の毛の寝ぐせ直し、日焼けケアなどに気を遣うこと、痩せるためのカロリーを消費するまでの時間歩くことが一人では辛いこと、天候に左右されやすいことがあったのです。

外に出て体を動かすことは、良い気分転換になりますし、気持ちが良いものです。
でもこれを毎日しなくてはならない!!という義務になるとストレスになっていったのです。

逆に家の中でいつでもできる「スクワット」は長続きをした運動です。
天候に左右されず家の中で好きな時にどんな格好でも気にせず行えることから、気軽にできていました。

たくさんのダイエットを繰りかえしてきたモデルの体重

お恥ずかしいですが、たくさんのダイエットを繰り返しリバウンドもたくさん経験しました。
モデル時代の体重は、身長168センチで48㎏でした。

モデルという仕事は不安定で、同じような体型のライバルがたくさんいます。
そのたくさんの中から勝ち取って仕事を貰わなければなりません。
たった0,5㎏でも体重が増えることが許せないモデル時代でした。

理想のダイエットは?どんなダイエットが痩せるの?

食べなければ当然摂取カロリーが減るため、体重は減ります。
ですが元に食事を戻せば体重は戻ります。
これがリバウンドですよね。

リバウンドなくダイエットを成功させるためには、きちんと食べて痩せることが一番健康的で楽しく痩せられる方法ではないかと感じます。
健康的に痩せることがやはり理想のダイエットですね。

健康的に痩せるためにモデルはストレスを排除

そしてストレスは体の巡りを悪くします。
簡単に痩せていくためには、ストレスを排除することです。
無理をして痩せることを考えるよりも、毎日を楽しんでリラックスすることがダイエットを取り組む際の心構えとして大切なことです。

たくさんのダイエット失敗をしてきて、今たどり着いた答えは、無理をしない・毎日を楽しむ・バランスよく食事は食べる。ことです。
でも痩せることに必死だったモデル時代は、それに気づくことができませんでした。

ダイエットをたくさん失敗してきたモデル時代よりも、育児中の今のほうがダイエットを楽しく考えることができるし、毎日の食事が楽しく思っています。

ダイエットは苦しんで痩せることではなく、美しくなりたいからダイエットをするのであって、ダイエット中も美しく楽しんで行いたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。