モデルダイエットで簡単に産後ダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年5月12日
最終更新日:2017年7月14日

下剤ダイエットの失敗

モデル時代、たくさんのダイエットをしてきました。
高校生の15歳から始めたモデルです。
高校生だと学校帰りに友達と何か食べながらお話ししたりが楽しい時期でした。

モデルの仕事をしている間は、気が張っているせいか周りもスリムな人な人ばかりだったからか、食べたいという気持ちはなかったのですが、仕事を離れると、私もただの高校生です。
友達がマックに行こう!って言えば行きたいし、食べたいんですよね。

モデルをしているから食べないなんて・・・そんな付き合いの悪いことが私にはできませんでした。
おやつにポテトやハンバーガー、ドーナッツなど食べてしまってから、罪悪感だけが残ります。
そんな中で試したダイエットは、食べたものを体内から出せば痩せると勘違いしていた時期がありました。
その無理やりダイエットに使ったものは「下剤」です。

私も、下剤ダイエットが痩せると勘違いしていたのです。

本来の下剤の役割とダイエットは違う

下剤は、便秘の時に服用し便秘改善をする役割をする薬です。
ダイエット目的で服用となると、便秘ではない時に服用しますので、腹痛とトイレに行く頻度も多いし、苦痛ばかりでした。

無理やり食べたものを出すわけですから、危険な行為だと今は認識できますが、その当時はたくさん食べてしまったものを外に出したい!痩せたい!という一心で行っていました。
心と体のバランスが崩れてしまっていたのです。

下剤ダイエットの効果とは?

かなりの苦痛を伴う下剤ダイエット。
結果、痩せるのかというと・・・・変化はありませんでした。

下剤を服用し、下痢をしたことで、一気に排泄されたため一時は体重は減りますが、食べればもとに戻ります。
お腹も、下痢をしているときは、強制的に出されているので、引っ込み細くなった気になれます。
これは、無理やり出すことで、きちんと消化されずに体外へ出したためです。

下剤ダイエットで体の悲鳴

便秘ではないのに、下剤を服用したことによって体にも変化が出始めました。
最初に出た症状は、ふらつきでした。

次は、酷い便秘です。

下剤ダイエットでの一番の失敗!!心までダイエットしてしまった・・・

下剤ダイエットで無理やり排泄しているうちに、
『食事を摂らなければ体重も増えないし、お腹にも溜まらないから太らないのに・・・』
という発想になってきてしまい、食事を摂ること、お腹の中に食べ物を入れることが段々怖くなってしまっていました。

本来ならば、健康維持や体を作るために栄養を取り組む食事なのですが、当時の私にはお腹に溜まっていく『ゴミ』のような感覚でした。
ですから食事中も、お腹の中に、どんどんゴミが溜まっていくという思いが常に頭にあって、食べることが苦痛になってきていました。
こんな生活をずっと続けていたら、ダイエットどころか健康さえも維持できなかったでしょう。
私は、下剤ダイエットで心まで壊してしまいました。
このことが一番の失敗だと感じています。

下剤ダイエットをやめようと思ったタイミング

こんな毎日を過ごしていたのですから、体も大変だよ!!と悲鳴を上げます。
そして私に気づかせようと様々なサインを出してくれました。

胃痛が出始め、若かった当時の私でもお腹が痛くなるのは慣れていても、胃が痛くなるのは初めてのことで体のことが心配になってきたのです。
どうして胃が痛くなっってしまったのか、定かではありませんが怖くなり下剤を手放したのです。

整腸剤とは違い副作用がある

下剤は薬になります。
ドラックストアでしか販売されていないので当然ですが、薬ですので、必ず副作用はあります。

副作用のある下剤ダイエットは、結果として痩せません。
下痢をすることで、一時は体重が減るかもしれませんが、食べたら元通りで痩せたとは言えないではないでしょうか。
それに、痛みという苦痛を伴いますし、健康な体を自ら壊してしまうことになりかねません。

ストレスダイエットが危険!!

苦痛を伴うダイエットは、長く続けられませんし、止めれば元通りです。
苦しいと感じる気持ちは、ストレスがかかっている状態です。
ストレスがかかると、体はストレスから身を守ろうとするのですが、血管が収縮してしまうのです。
血管が縮むということは、血流が悪くなってしまうということです。
血流が悪ければ、全身に新鮮な酸素を届けることや、必要な栄養を届けることができず、基礎代謝が低下するのです。
ですからダイエットの結果も出にくくなります。

健康ダイエットが理想

それよりも失うものがあります。
「健康」という大きな財産を自らの手で失うような行為は危険です。
無理やりではなく、体そのものを痩せる環境にさせることが最適なのではないでしょうか。
ナチュラルなダイエットが一番健康的に痩せられると感じます。

健康ではなくなったら悲しむ家族がいます。
困ってしまう子供がいます。
ママは健康が財産で、家族のためにも健康でいなくてはなりません。
ぜひ毎日を大切にお過ごしくださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーやテレビアシスタントで活動。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗で体も心も壊し、食べて痩せるダイエットで体質改善。 産後の現在もモデル時代からの体重と体型を維持。 モラハラ夫と調停離婚し、心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーやテレビアシスタントで活動。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗で体も心も壊し、食べて痩せるダイエットで体質改善。 産後の現在もモデル時代からの体重と体型を維持。 モラハラ夫と調停離婚し、心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザー。