モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年7月21日
最終更新日:2017年7月24日
スポンサーリンク

炭水化物を抜くと減量も凄いが、リバウンドも凄い!


今回は私の友人の話です。
「炭水化物抜きダイエットは効果が高い」という話を信じて数ヶ月間炭水化物抜きダイエットを行った友人Aにインタビューを行いました。

スポンサーリンク

炭水化物抜きダイエットを始めたきっかけ

健康診断の結果

友人Aは27歳の時に受けた健康診断の結果に驚いたと言います。
診断結果は以下のようなものでした。

健康診断の結果を面談形式で受け、かなり怒られたのだそうです。

中性脂肪は500mg/dlという数値で、これ以上は計測できない数値を表しているとの事でした。

友人Aはこの結果を受けて、さすがに痩せようと決意したそうです。

スポンサーリンク

「炭水化物を取らなければ簡単に即効で痩せるよ!」

友人Aは当時の上司からそんな話を聞き、これなら簡単だと思ったため、このダイエット方法に決めました。

とにかく「白い炭水化物」を取らなければいい、ということだったので、ご飯とパンを一切食べませんでした。

白くない炭水化物は食べても良いというルールだったので、蕎麦は食べました。

主食の代わりに空腹を満たす食材は豆腐とキャベツ

主食を急に失ったため、代わりの食材で空腹を満たす必要があったが、代わりの食材は豆腐とキャベツでした。

それ以外の食材は全く変えずに肉でも魚でも食べていました。

ジムにも通ったがあまり続かず1週間で終了

それだけだと本当に効果があるのか不安だったため、夜中にジムに通ったが、結局続かず1週間で行かなくなってしまった。

ひと月ほど経つと周りの反応が変わってきました。
「何か病気しているんじゃないの?」
「病院いったら?」

ダイエット効果はしっかり現れてきているようでした。

ひと月経過した時の体重・体調・精神的な変化

炭水化物ダイエット
ひと月過ぎたあたりで体重が10Kg減っていた。

同時に体力がかなり落ち、以下のような症状が出始めました。

その反面、体重もどんどん減っていたため、やめるつもりは全くありませんでした。

2ヶ月が過ぎた頃、最終的に18Kgの減量に成功しました。

ほぼ学生の時と同じ体重まで戻り、それと同時に体力面でも限界が来たようでした。

当時の同僚たちの話

後で聞いた話によると、当時の同僚たちの間では

「精神的に不安定で怒りやすかった」
「静かな時にふと顔を見ると目が死んでいた」

などと言っていたらしいです。

ご飯とパンを解禁!

炭水化物ダイエット

体力面に限界が来たため、ご飯とパンを解禁しました。
「お米って甘いんだな」
そんなことを当時は考えていたそうです。

ダイエットで体重を減らすのは大変だけど、体重を増やすのは簡単

ご飯とパンを解禁しても今までと同じように食事をしました。

抑圧された生活からのギャップからか、ランチはご飯大盛りで、晩ご飯もしっかり食べ、夜食に油こってりのラーメンも美味しく感じられました。

みるみるうちに元気を取り戻し、結果2ヶ月経たない間に20Kg増量しました。

医者も「なんでそんなことになるんだ!」と怒っていたようです。

中性脂肪がまたしても500mg/dlという値になっていた。

医者からは中性脂肪を抑える薬を処方され、27歳にして痛風の薬と中性脂肪の薬を毎日服用していました。

炭水化物抜きダイエットをやめてからいっきにリバウンドし、通風も再発

友人Aは31歳の時にまた痛風の発作が起きました。
薬をさぼっていたことが原因かもしれない。

この時激痛で出勤できなかったと言います。

炭水化物抜きダイエットの結末。最終的な体重は?

27歳でダイエットを決意した時から結果的に5Kgぐらい増えていました。

炭水化物抜きダイエット再び!

前回のダイエットの経験から、炭水化物を取らなければ痩せられることはわかっていたので、今回も炭水化物を取らないようにしました。

前回と同じような症状が出てきていましたが、不思議なことにあまり体重が落ちない。

2ヶ月経っても10Kg強ぐらいしか落ちませんでした。

やはり体力の限界を迎えたので、食事をもとに戻したら、またもや一瞬で15Kgぐらい増えました。

炭水化物抜きダイエットはすぐに痩せるけど、すぐにリバウンドもする

友人Aはその後いろいろな人から話を聞いたらしいのですが、「一瞬で落ちるようなダイエットは効果はあるけど、続けられない」とみんな口をそろえて言っていたそうです。

結果それでリバウンドすると、今度は体がダイエットに抵抗するようになり、体重が減りにくく増えやすい体ができ上がっていくとのことでした。

炭水化物抜きダイエットをして思った事。

食べることをやめるのではなく、食べる量を減らす努力をしなければならなかったと友人Aは痛感しているそう。

今はお茶碗のサイズを半分ぐらいの大きさにし、外でも大盛りにはしないようにしているとの事でした。

極度の炭水化物抜きダイエットはおすすめしません!

炭水化物抜きダイエットはおすすめしません。

友人Aも今は健康的な食事で腹八分目を心がけて通常通り仕事もして健康的に過ごしています。

食べ過ぎず、バランスよく、適度な運動をする事で健康的にダイエットをする事ができます。
炭水化物抜きダイエットに限らず、極度のダイエットはおすすめしません。

健康的に、楽しみながらダイエットをしていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。