子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年2月24日

スポンサーリンク

モデルのダイエット食事は栄養バランスを考える

モデルダイエット食事
ダイエットを達成するには、まず、メニューを見直すことがポイントです。
ダイエットの食事の特徴は、なるべく野菜やフルーツなどを多くして、から揚げなどの揚げ物など脂肪分の多いメニューは避けることです。

ダイエット食事のメニューを間違えたために、ダイエットに挫折してしまう人もいます。
食事は、ただ量を少なくすればいいというものではありません。
また、単品のみの食事にするようなダイエット方法は、栄養が偏るため行う時は慎重にする必要があります。
栄養バランスを考慮しないで、無理に食事量を減らしてしまうとリバウンドの原因となります。
せっかく食事を制限してダイエットを頑張ったのに、ダイエット前よりも体重が増えてしまうケースも多々あります。

ダイエット中は、高カロリーの食事を避けるだけでなく、食事の栄養バランスを考えたメニューにすることが大事です。
モデルが体型維持するために行っているダイエット食事は、きちんと脂質も摂り糖質も摂る食事を考えます。
量をただ減らすのではなく、体にとって本当に必要な物、不必要な物を考えバランスよく食事をします。

脂質を過剰に減らしすぎると起こる美容被害

ダイエットだからといって、全く脂肪分を摂取しない、低カロリーのメニューばかり食べるというダイエット方法もあります。
この一見ヘルシーでダイエット向きと思えるダイエット食事は、実は良くない食べ方です。
カロリーの低い、脂肪分のないメニューを続けていると、健康や美容被害が出てくるのです。

低カロリーメニューでダイエットをしていると、健康維持に必要な脂質が確保できません。
脂質を全くふくまない食事をしていると、皮膚のうるおいがなくなって、ぱさぱさになってシワの原因となります。
皮膚だけでなく、髪の毛も潤いがなくなりパサつきが目立つようになります。
潤いのあるお肌や髪を保つだけでも、若々しい印象になりますよね。
脂質制限で乾燥肌に
ダイエット中に、低カロリーメニューばかりを食べ続けることで、栄養のバランスが乱れ栄養失調のような状態に体はなります。
そうすると肌荒れや髪が抜けやすくもなります。
そして少しの変化でも敏感な女性ホルモンは、食事制限や栄養バランスの偏りからもホルモンバランスは乱れます。
最悪の場合、生理が止まってしまったりする事もありますので注意が必要です。
女性にとって、きちんと生理があるという事はとても大切です。
無理な食事制限によるダイエットが原因となって、ホルモンバランスを崩してしまう事も良くあることです。

女性らしく、若々しくダイエットするために脂質もある程度必要な栄養素なのです。

ダイエットのつもりで行う食事制限は、リバウンドの一番の原因

リバウンド
食事を減らしてダイエットをすることが重要だったとしても、食事の量を少なくすることで結果的に栄養不足に陥ってしまったりもします。
そして、健康を害してしまうことにも成りかねません。
体調を崩してしまっては、ダイエットの妨げにもなるので注意が必要です。

極端に栄養の偏った食事メニューは、一時的に体重が減ったとしても、健康を害する恐れがあります。
ダイエットメニューに切り替えた結果、カロリーが少なくなりすぎたり、たんぱく質や脂質がほとんどない食事にしていると、病気になったり、体調を崩してしまうことがあります。

食事の量を制限して、カロリー摂取量が少なすぎると、体に必要な栄養分が入ってこないので体が緊急事態と認識して、ホメオスタシスと呼ばれる機能が働きます。
ホメオスタシスは、体の生存能力のひとつで、遭難した時など食べることが出来なくなった場合に起こる現象です。
カロリー摂取量が減っても、生き抜くことができるようにと、人は代謝を下げて生命維持しようとします。
少量のカロリーを有効に使うために、できるだけ代謝が発生しないように順応するのです。
ホメオスタシスの機能が働くと低カロリーの食品しか食べていないのに、痩せないという低消費モードになります。
ダイエットをしても体重が減らないばかりかリバウンドしやすい体になってしまいます。
ダイエットの時のメニューを考えるならば、ホメオスタシスが働いて超低消費モードにならないように注意する必要があります。

スポンサーリンク

モデルが注意するダイエット食事バランス

ダイエットメニューでは食事のバランスをよく考えて、単品メニューにならないよう注意します。

ダイエット用のメニューを決める時には、少量の食事であっても、野菜、果物、たんぱく質、炭水化物をきちんと摂取します。
体に必要なビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質をきちんと補給できるようなダイエットメニューにすることがポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。