子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年3月3日
最終更新日:2018年4月22日

スポンサーリンク

モデルが体型維持のためにしているダイエット食生活習慣

モデルの体型維持のダイエット習慣
たくさんの女性がダイエットをしていますが、ダイエット成功とはリバウンドを起こさない方法を選択しなければなりません。
そしてリバウンドを起こさないためには体型維持も必要になってきます。

ダイエットをせっかく頑張っても、目標体重になったあとにも体型を保持できなければ、無意味だといえるでしょう。
どうすれば体型を維持することができるのでしょうか。

モデルの体型維持は朝食がポイント

チョコダイエット
モデルは体型維持のために朝食にチョコレートを食べます。
脂質が多く甘身の強いチョコレートは、ダイエット中には食べては危険なお菓子のイメージが強いですが、ポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールのダイエット効果

このポリフェノールには、血行を良くして新陳代謝を上げる効果があったり、抗酸化作用の効果によりアンチエイジング効果も高いです。
とても美容面やダイエット効果の高い成分です。
朝一番に血行促進のためにチョコレートを食べます。

また、チョコレートは甘いので食べると、血糖値が上昇します。
血糖値が上がることで満腹感を得やすくなり、食べ過ぎたり余分な間食予防になります。

チョコレートの食べるタイミングとダイエットにおススメの種類

食べるタイミングは、食前が効果的です。
満腹を感じるのは食後15~20分後ですので、朝食を食べる20分前にチョコレートを一つ食べます。
チョコレートの種類もたくさんありますが、カカオ含有量が70%以上が効果的です。

今、健康志向の方のためにカカオ含有量が多いチョコレートが売られていますが、一番食べやすいのは72%です。
それ以上含有量が多くなると、カカオの渋みが強く出ているので、食べにくく感じます。

お菓子会社で有名な森永と明治からも72%カカオチョコが出ています。
森永の72%チョコは、カカオの酸味が出ているので好みが分かれるかと思います。
明治から出ているカカオ72%のチョコが、酸味はなく甘みが程よくあり、カカオのコクもあって一番食べやすいので、おススメです。

スポンサーリンク

リバウンド予防に行うモデル体型維持

リバウンドがダイエットにはつきものですが、体型はリバウンドによってダイエット以前のものになってしまう可能性がある恐ろしい現象ですよね。
ダイエット中からリバウンド対策をしておくことで、リバウンドを起こさないで済むようになります。

モデルが毎日の中で注意するリバウンド予防ポイント

ダイエット成功の方法
リバウンド防止の基本は、ダイエットは急激にするのではなく体重をゆっくりと時間をかけて減らすことです。
女性の体型はゆっくりと作っていけば、元に戻ってしまうことはないでしょう。

ダイエット後のリバウンドを避けるには、目標を細かく決めて、少しずつ体重を減少させるようなダイエットを計画することが大切です。
体脂肪率や体重の計測は、毎日できる限りほぼ同じ時間に続けます。

リバウンドしかけたら実践するモデル体型維持法

毎日気を付けていても体重変動はあるものです。
それでも体重が増えてしまった時には、歩く歩幅を大きくしスピードをあげてみたり、一週間だけ食事に気を使うなどの工夫をします。
ただ、無理やり食事制限をするのではなく、主にたんぱく質をお肉や魚ではなく大豆製品に切り替えます。
納豆や高野豆腐が栄養価が高くヘルシーなたんぱく質になります。

そして、体重計の数字だけに惑わされないことです。
体重計というのは、ただの数字表記でしかありません。
筋肉が増えれば、脂肪よりも重いため体重は増えます。
でも筋肉量が増えたことで、代謝も良くなり体は引き締まります。

モデルの体型維持チェック方法

モデル体型維持
モデルの体型維持では鏡で観察することも大切な習慣です。
全身裸になるお風呂の時が一番見やすいですね。

鏡の前に立ち、お腹部分がポコッとしていないか、ヒップの形は下がっていないか、足はむくんでいないかなど、毎日こまめに全身チェックをします。
目で確認が一番の観察方法です。
体型維持は簡単なようで難しいことです。

でも、毎日体を観察しチェックをすることで、ほんの少しの変化もわかるようになります。
足がむくんでいると感じたらマッサージをしたり、ヒップが下がってきたと思ったら、エクササイズをしたりと毎日チェックをしているからこど、早急に対応ができ、少しの誤差から修正ができるのですぐ元に戻るのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。