子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!
公開日:2017年5月12日
最終更新日:2018年1月19日

下剤ダイエットで痩せる成功法

下剤ダイエット成功法
モデル時代、たくさんのダイエットをしてきました。
その一つとして『下剤ダイエット』があります。

高校生から始めたモデルですが、15~16歳くらいの年頃というと、ちょうど女性らしく丸みを帯びた体つきに変化をする時期です。
モデルをしていた私は成長の証でもある丸みを帯びた体つきが許せませんでした。
そんなモデル時代はたくさんのダイエットを試しました。
ダイエットをしてもなかなか痩せなかった時期でも、簡単に痩せることができた下剤ダイエットの効果・やり方をご紹介します。

下剤ダイエットの本当のダイエット効果とは?本当に痩せる?

結果、下剤を服用したダイエットで痩せるのかというと・・・・服用している間は効果があります。
食べたものを無理やり出す目的の下剤ダイエットです。
やはり栄養を吸収される前に外へ出すので、体重も減りますし、お腹も引っ込みます。

そんな下剤を使った『下剤ダイエット』で痩せるための飲むタイミングや食事内容はどんなものが効果的なのでしょうか?

下剤ダイエットとして痩せるために使うダイエット方法

私も、下剤ダイエットで痩せる行為を繰り返してダイエットをしました。

下剤ダイエット成功させたい!下剤ダイエットの効果的なタイミングはいつ?

最初は、下剤の服用説明書に書いてある規定時間と量を服用します。
ほとんどの下剤は就寝前に1~2錠を服用し、効果の出方で服用錠剤を加減してくださいと記載してあります。

私の場合、何としても痩せたかったので、いきなり2錠を寝る前に服用し下剤ダイエットを開始しました。
すると翌朝に効果が出ます。

順調にダイエット生活を送っていましたが、毎日飲んでいるうちに、2週間ほどで段々効かなくなってきます。

寝る前に飲むのですが効果が出ないので、昼間の食後にコーラック2錠を飲むようにしました。
それでも効かない時は、また夜に2錠服用しました。
一日合計で6錠服用していました。

下剤ダイエットの効果は、通常の便秘時の服用とは異なりますが、下剤を飲めば、栄養を体内に吸収される前に、下剤が効果を発揮するため、食べたものを外に出すことができます。
結果、食べたものを脂肪として溜め込む前に外へ出せますので、太りません。
栄養を体内に吸収する前に外へ出すため、体重もどんどん減っていき、痩せていきます

下剤を服用している間は毎食後、トイレに・・・といった具合で食べたものを外に出せます。

下剤ダイエットをしていた時は太らなかった


好きなものを好きなだけ食べる食生活をしていました。
それは、後で下剤を服用し出せば簡単に痩せられると思っているから。
下剤を服用することで、絶対に太らないという安心感がありました。

確かに出せば、その分は脂肪になる前に出せますから、太りません

最初は2錠から始まった下剤ダイエットですが、次第に服用量が増えていき、4錠になって6錠になって・・・と増えていき、最終的には10錠ほどを一日に服用していました。

下剤ダイエット中の心とのバランス

下剤ダイエットで無理やり排泄しているうちに、
『食事を摂らなければ体重も増えないし、お腹にも溜まらないから太らないのに・・・』
という発想になってきてしまい、食事を摂ること、お腹の中に食べ物を入れることが段々怖くなってしまっていました。

本来ならば、健康維持や体を作るために栄養を取り組む食事なのですが、当時の私にはお腹に溜まっていく『ゴミ』のような感覚でした。

下剤ダイエット中のおすすめ食生活

やはり便秘改善の王道成分といえば、食物繊維です。
私はきのこ類やこんにゃく、根菜類、海藻といった便秘に効きそうな食物繊維が豊富な食材を食べていました。
そして下剤を服用し、食べたものをさらに体内に残さず出せるように便秘改善できそうな食事を意識していました。

下剤ダイエット中に食べていた太らないお菓子

ダイエット中でもお菓子は食べたいという気持ちはあります。
私が太らないために食べていたお菓子は、カロリーがほとんど0キロカロリーに近く、食物繊維もたくさん摂れて下剤ダイエットを助けてくれるお菓子です。
それは『こんにゃくチップ』です。

乾燥したこんにゃくなのでカリカリとした食感で、お腹いっぱい食べても約110キロカロリーと低カロリーです。
食物繊維もたっぷりですので、飲んでいるうちに効かなくなる下剤ダイエットの助けをしてくれます。

実体験!下剤ダイエットの副作用

それは下剤を常に使っていたことで、体が慣れてしまったことと、腸自体の機能が低下し、下剤なのに下痢にならないことです。
効果が出ないからさらに量を増やす・・・また効かなくなる・・・また増やすといった負のスパイラルを続けていました。

どんどん服用量が増えていき、あっという間に下剤がなくなってしまいます。

確かに即効性はある「下剤ダイエット」ですが、ずっと飲み続けるには毎日腹痛という痛みと付き合っていかなければならないため、体の負担が大きいです。
出せば太らないという下剤ダイエットは、ずっと続けていくには苦痛を伴うダイエット法です。
そして栄養を摂りこむ前に外へ出すため必要な栄養も体に吸収することができないので、頬はこけ顔色も悪く見た目も不健康です。
綺麗になりたいから痩せる努力をしているのですから、健康的で美しく痩せたいですよね。

即効性があるけれど痛みを伴い不健康にみえてしまうのが下剤ダイエットのデメリットではないでしょうか。

痛みがなく体に溜まっているものを出して痩せる方法とは

痛みもなく、体に必要である栄養素はきちんと体内に吸収し、いらないものは外へ出すダイエット法があったら、その方が毎日が快適で楽しく過ごせると思いませんか?

そんな痛みもなく健康的に痩せることができたストレスを感じないダイエット法
デトックスダイエットが痛みを感じずに効果的に痩せられるダイエット方法です。
デトックスダイエットをすることで、痛みもなくいらないものは外へ出すことができるので、苦痛もなく健康的に痩せることができるのです。
体に優しく、そしてダイエットには最強パワーを出してくれるでしょう。

デトックスダイエット法とは
デトックスという言葉はよく耳にするかと思いますが、実際にデトックスをしようとなると水をたくさん飲んだり、デトックス効果の高い食材を食べるという方法になってしまうでしょう。
水は飲んでも太りませんが、飲みすぎると逆にむくみが生じたり、思うような効果が出なかったりと効果が確実ではありません。
そしてデトックス食材を食べると、量がわからず食べ過ぎてしまったりで太ってしまうこともあり、逆効果です。
どんな方法が効果的なのか自分で行うのは難しい点です。

飲んだ次の日から効果を実感!飲むだけ簡単デトックス方法

おすすめなのが、飲むだけで簡単にデトックスができる方法です。
喉が渇いた時や寝る前に飲むと、翌朝どっさりで、効果を実感できたのがデトックスティでした。
痛みがなくスッキリとデトックスができダイエットの効果もあります。
痛みを伴う下剤ダイエットよりも、おいしくお茶を飲む感覚でどっさりいらないものを出すことで、体内の余分な老廃物を外に出すことができます。
老廃物を出すことで、体内の巡りが良くなり、代謝がアップします。
ダイエットはもちろんですが、美肌効果やむくみ改善といった美容と健康面でも効果的です。
デトックスは、とても簡単にダイエットができる方法と感じています。
飲むだけデトックス

デトックスティの公式ページはこちらから

デトックスティの飲むタイミング

就寝前や夜ご飯の後に飲むことが多いのですが、休憩時のティタイムに飲んでも、下剤と違い、飲む時間関係なくちゃんと翌日に効果が出ます。
守らなくてはいけない飲む時間帯はないですので、自分の好きなタイミングで試せるため、ストレスも感じにくいですね。
おすすめは食べ過ぎた時です。
たくさん食べたからと言って、ちゃんと外に出せるかと言ったら生活リズムや食べた栄養バランスによって異なります。
食べ過ぎてしまった日は、このデトックスティを飲んで、次の日に確実に出せるようにしています。
食べた分だけ外に出すことができるので太りたくない時は安心できるパートナーです。
食べ過ぎても太らない
腸を綺麗にしておくことで、老廃物が溜まりにくく脂肪も貯めにくい体に自然となります。
下剤ダイエットで食べた分を出すダイエット法は、痩せますが下剤の服用をやめてしまうと痩せなくなります。
もっと簡単に痩せるための鍵は『デトックス』です。




お試しセット累計販売数100万包突破記念!
今年いっぱい限定で送料無料&特売中のデトックスティー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 15歳の頃、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動を始める。 23歳で結婚するまで、主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 26歳で長男を出産後は、食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間も体力も使わない育児中の簡単な方法でママのダイエットで10㎏減量のダイエット成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。