子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年1月16日
最終更新日:2018年4月16日

スポンサーリンク

多くの女性が悩む便秘。子育てママが宿便を一気に解決する方法とは

宿便
日本では便秘人口が増加傾向にあり、女性の60%が便秘に悩んでいると言われています。
便秘はダイエットの大敵です。
便秘に悩む人が多い背景には、ストレスの蓄積や、洋食文化の影響があります。

宿便は健康の大敵!体内の老廃物である宿便を一気に解消!腸内環境をキレイに

便秘により腸内に長く滞留している糞便のことを宿便といいます。
宿便は食べたものが腸の中で長時間とどまっている状態で、毒素が発生し全身に回ってしまいます。
便秘による毒素が代謝を低下させたり、体の循環が悪くなるせいで痩せにくい体になることから、ダイエットを妨げる原因となるのです。
お腹もポッコリと出てしまい、太って見えてしまうでしょう。
宿便は便秘を呼ぶのでひどくなる前に改善しましょう。

スポンサーリンク

宿便を一気に排出して腸内スッキリするとダイエットに効果的

市販の薬で便秘の症状を治し、一旦は体の中の宿便を出すという方法もありますが、薬に依存することがないようにする必要があります。
自分に合った方法で宿便をスッキリさせて、腸をきれいにし代謝機能を高めダイエットしやすい体作りをすることが大切です。

子育てママが宿便を解決すると体に良いこと

宿便の解消方法としてよく知られているものには、何があるでしょうか。
解消方法を試しても短期間では改善されないことも多いようですが、あきらめずにダイエットのためにも継続することが大切です。

もしひどい宿便で便秘薬を使用しているのであれば、解消方法を試しながら徐々に量や回数を減らしてみるのも方法です。
急に薬をやめると宿便が溜まりすぎてしまい、さらに便秘を悪化させてしまうことがあるからです。
効率的なダイエットのために、宿便の問題を何とか解決して、腸内をキレイにしましょう。
腸内をキレイにすると、代謝のいい体を作ることができます。

宿便はダイエットの妨げになる!解決策は?

宿便改善策
便秘の状態が続くとダイエットの妨げになるといわれています。
どんな生活スタイルが便秘を解消し、運動や食事改善の効果が上がる、ダイエットに適した体質になれるものなのでしょう。

宿便対策①腸内環境

宿便を解消するためには、とにかく腸内の善玉菌を増やすことが大切です。
生きて腸まで菌が届くヨーグルトやオリゴ糖を摂取したり、乳酸菌のサプリメントを摂るのもおすすめです。

食物繊維は便の量を増やして便通を改善させたり、善玉菌を増やす働きがあるので、ダイエット中の人は積極的に摂るようにしたほうが良いでしょう。

宿便対策②体を動かす適度な運動

体を動かす習慣をつけることは、ダイエットだけでなく宿便対策や便秘解消にも効果的です。
運動をすると腸が刺激されたり、血行が良くなったりするので、腸のぜん動運動が促されます。
出産をすると骨盤の歪みが生じやすくなり、骨盤の歪みは内臓の位置のずれを起こします。
体内で腸が正しい位置におさまるためには、インナーマッスルという、普段の運動の中ではなかなか使う機会がない部位を使う必要があります。

運動をする時間がない場合は、お家の中でつま先だちをするのも便秘改善の運動になります。

宿便対策③生活リズム

朝食をしっかり摂って腸の動きを促すことも便秘の改善には効果があります。
食物繊維を多く含んだ食べ物と水分をたっぷり摂るようにしましょう。

一日の活動の元となる朝食はできるだけ毎日同じ時間に食べて体のリズムを整えましょう。
朝食をたくさん食べると便の量も増えるので、便秘改善ができて、ダイエットにつながります。
体にいい食事をとり、便秘を少しずつ改善することで、健康にいいダイエットができるでしょう。

スポンサーリンク

宿便こそがダイエットの大敵!腸内スッキリで太りにくい体にするママの毎日のダイエット習慣

ママダイエットは宿便
ダイエットをしたい人にとって宿便を解消することはとても大事なことです。
宿便が溜まり、便秘をしていると痩せにくい体質になってしまうからです。
普段の生活を改善し、健康的な習慣を身につけることが大事だといいますが、どのような心がけで1日を過ごすといいでしょう。
食物繊維や水分をたくさん摂るようにすることはもちろんですが、ほかにもさまざまな工夫をすることができます。

温活をして宿便を排出

体が冷えていると腸の働きが鈍くなるので体を温めてあげましょう。
寒くない服装をしたり、体を温める食材を積極的に食べて、体を温め冷やさないようにすることで便秘を改善することができます。

とくに冬場はお腹周りを腹巻きなどを活用するのがおすすめです。

水分摂取で宿便排出

そして日頃からたっぷり水分を摂るように心がけることも大切です。
大腸は、水分を取り入れる性質があります。
便秘がちになると便が固くなるのは、大腸がそれだけ水分を除去しているためです。
水分が足りていないと便がどんどん固い便になり量も減ってしまうので便秘になりやすいのです。
こうやって体の中に便が溜まっていき宿便となります。

水分不足になると、コロッとした便しか出なかったり、標準よりも便が固いことがあるといいます。
便秘をスムーズに解消してダイエットをすることができます。

冷たい水よりも、お風呂の温度より少し温かい温度にした白湯のほうが体の浸透率がいいので、効果的です。

ちょっと辛い?適度な我慢も必要な宿便対策

砂糖には胃や腸の動きを悪くする働きがあります。
甘いお菓子やジュースなどで糖分をたくさん摂っていると便秘になりやすいので控えることで便秘を解消することができるでしょう。
ダイエットにも甘いものを控えることは大事なことですので砂糖の摂りすぎには注意しましょう。

ママはよくある!トイレタイミングを逃してしまう。5分タイミングで宿便排出

お手洗いに行きたくなった時に、迷わずトイレに行ける環境も必要です。
ママになると、子供と外出していたり、子供の世話でなかなか思うように行けなかったりします。
最初は慣れるまで、改善が見られないことがありますが、習慣として毎日続けることで、改善されていきます。
朝の5分、子供が寝た後の5分など、ママにとって落ち着く5分タイミングを探してみてくださいね。
生活内容を見直して、宿便対策にいいことをして、ダイエットにつなげたいものです。

宿便対策をしっかりすることで体内には痩せ菌がたくさん増えて痩せる

それでも解決しない時には、腸内の腸内細菌のバランスを良くしてみましょう。
腸に良いとされるのが乳酸菌です。

腸内の細菌のバランスが必要で、腸自体を鍛えることが宿便対策に効果的です。
腸を鍛えるにはたくさんの種類の乳酸菌が必要です。
別名痩せ菌ともいわれる乳酸菌は宿便対策に効率が良く、ダイエットにも効果的なダイエット菌なのです。

宿便対策には乳酸菌を多くし腸を鍛え、宿便をスッキリさせることがダイエットにも確実に繋がっていくのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。