モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年9月5日
スポンサーリンク

多くの女性の悩みの便秘・・・今すぐ解消したい!

便秘の悩み
頑固な便秘。
女性の約70%が便秘に悩んでいるとされています。
毎日食事をする私たちは、食べ物で便秘解消出来たら簡単で嬉しいですね。

便秘に効く食べ物の代表といえば乳酸菌!本当の食べ方知ってますか?

便秘に効果的な食材は、みなさん十分ご存知かと思います。
ですが、知識としてあるのにも関わらず便秘が治らない理由は?

選び方や食べ方を間違っているからなのです。
本来、便秘解消効果的な食材であっても、選び方・食べ方を間違えると効果がないばかりか、逆効果になってしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

便秘解消に即効効く乳酸菌の正しい食べ方

腸内環境を整える効果があるものと言えば、善玉菌の代表格「乳酸菌」です。
乳酸菌は、おなかの調子を整え便秘解消効果があることは良く知られています。

乳酸菌とは、炭水化物といった糖類などを分解して、 乳酸をつくる細菌の総称です。
腸内に生きたままやってきて、たくさんの乳酸をつくることで腸の運動を活発化させてくれます。
さらには、腸内を酸性に保ちながら善玉菌を育て、 悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境を整えてくれるのです。
また、栄養分の消化と吸収を促し、 免疫細胞を活性化させる作用もあると言われています。
腸内の健康をサポートしてくれる大切な菌、それが乳酸菌なのです。
便秘解消で正しい乳酸菌の摂り方
「乳酸菌」とパッと思う浮かぶ食品といえば、ヨーグルトではないでしょうか?

乳酸菌の力

乳酸菌は、乳糖やブドウ糖などを分解して乳酸をつくり、腸内環境を酸性に保ってくれます。
腸内を酸性にすることが便秘改善のポイント!

なぜなら、悪玉菌の増殖を抑制し、大腸に刺激を与えて腸の運動を活性化させてくれるのです。
大腸は1分に2〜3回、伸縮しながら便を肛門へ送り出す運動を行います。
でも、この動きが低下してしまうと便は移動しにくくなり、便秘になってしまいます。

便が腸内にとどまる時間が長くなるほど悪玉菌も増え、腸内環境は悪化する一方です。
そして便秘も慢性化という悪いサイクルになってしまいます。
こんな悪循環を防ぎ、便秘を即効改善するためにも、乳酸菌の活躍が腸内には絶対的に必要なのです。

便の水分調整もお得意な乳酸菌

便の大部分は水分です。

下痢の場合は90%以上が水分ですが、健康的な便の重量の約80%は水分といわれています。
一方で、便秘になった場合はというと、60〜70%ほどだそうです。
便秘状態だと、便が腸内に長くとどまっているため、水分はどんどん吸収されて硬くなり、 排便しにくい状態になっているため水分が少ないのです。

乳酸菌を日頃から摂っていると、善玉菌を増やしているので、体の中では乳酸菌が腸の運動を活性化させ、適度な水分を含んだちょうど良い硬さの便にしようと働いてくれているのです。
すぐ便秘解消
便秘のストレスを軽減し、ストーンと楽に排便できるようになります。

食物繊維と仲良しの乳酸菌

もう一つの便秘改善に役立つとされるのは、食物繊維です。
イモ類や豆類、穀類、野菜といった食物繊維が豊富な食材があります。
そんな食物繊維豊富な食事を続けることで、乳酸菌の力を発揮でき、腸内の悪玉菌を抑制します。
腸内環境のバランスも保たれ便秘改善できるのです。
食物繊維だけ摂るのではなく、乳酸菌も一緒に摂取することで効率よく便秘改善できます。

スポンサーリンク

便秘改善には生活習慣も大切

腸はリズムを大切にする臓器のため、不規則な生活を送るとバランスが乱れてしまいます。
その結果、腸の働きが低下して便秘がちになります。

食事や就寝、起床の時間などがバラバラの人は、便秘になりやすいので注意が必要です。
また、ストレスを日常的に感じている人も、腸のリズムが崩れやすいです。

私たちは日々何かのストレスがあるわけですが、うまく解消できる方法をみつけておくといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。