子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!
公開日:2017年9月14日
最終更新日:2017年10月17日

妊娠中の体重増加は仕方ないの!?

産前ダイエット
妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、身体的な問題が発生する可能性があると言われています。
お腹の赤ちゃんの為にしっかり栄養を取ることが必要だと思われがちですが、実際は体重のコントロールをしっかりする必要があるのが妊娠期間。
妊娠中に急激に体重が増えてしまうと、妊娠高血圧症候群や糖尿病、腰痛などの病気のリスクが高くなってしまいます。
妊娠中に肥満になると母体にもですが、当然お腹の赤ちゃんにもよくありません。
そのほかにも妊娠中の肥満は妊娠線がふえる要因になったりもしますので、注意が必要です。

妊娠中の産前ダイエット

産婦人科でも、妊娠中の体重に注意をはらっているところが多く、太りすぎると担当の医師から注意を促されることがあり、栄養指導があったりします。
妊娠中も体重増加をを意識して、肥満対策を心がけながら、妊娠中を過ごしている女性が多くいます。

ただし、妊娠中のダイエットは、やりすぎは危険です。
カロリー摂取量を少なくしすぎず、体に必要な栄養は確保するようにしましょう。

産前ダイエットする前に、妊娠がわかった安定期前の過ごし方

妊娠初期の辛いつわり
妊娠したばかりの時はつわりが酷かったり体調が安定しない時期です。
食べたくても食事がのどを通らない時期が続きます。
そんな安定期前は、お腹の中で赤ちゃんが育っている証だと思い、しっかりと体を休め無理はしないようにしましょう。

それが終わって安定期になると食事に対する欲求が高まります。
安定期に入ったら、つわりが収まり急激に食欲が高まって、常に食事がしたくなるという人もいます。
お腹の赤ちゃんのためには、あまり極端なダイエットは禁物です。

安定期に入ってからの産前ダイエット

産前ダイエットの方法は慎重に選択する必要があります。
食事による栄養摂取が妊娠中に滞ると、生まれた子供が低体重児になってしまうこともありますので、注意しましょう。
妊娠中でも、安定期ならば食事をしたいという意欲も増しますし、つわりの辛さもなくなって、食事量自体も多くなりがちです。
また、それまでつわりで物が食べられなかった人でも、つわりが終わるころには食欲が戻り、反動で食べ過ぎてしまうということもあります。
安定期に入って食欲増加
妊娠中の体重の増えすぎは体に負担がかかるので気をつけなければなりませんが、一般的に妊娠中の体重増加は8キロまでが理想となります。
お腹の赤ちゃんのためにも食事をする必要がありますが、体重が増加しすぎると、糖尿病や高血圧などのリスクが増えるので注意しなければなりません。
産道の内側が皮下脂肪でむちむちになって、分娩に時間を要することがないように、体重がつきすぎないようにすることです。
健康なお産をするためには、食べたいままに食べ続けるのではなく、体にいいものを意識して食べつつ、体重を調節する取り組みが大切になります。

ストレスは妊娠中にはよくない要素ですので、セルフコントロールを心がけながらも、ダイエットのやりすぎにならないようにしていきましょう。

産前ダイエットに役立つのがコレ!

妊娠中に、思いがけず太りすぎてしまった時などには、市販のダイエット食品でカロリー制限を行うことができます。

ダイエット食品は、本来は妊娠期間ではないダイエットしたい人抜けに作られた食品ですが、実は妊娠中のカロリ計算したい時期にもおすすめなのです。

妊娠中にピッタリ!カロリー計算された産前ダイエット法


カロリーも控えめで、栄養も豊富に計算されて配合されたものがたくさんありますので、妊娠中の人にも向いています。
特に甘いものがほしくなる時は、ダイエット食品のビスケットやパウンドケーキなどが、低カロリーですし、食べると腹持ちもよくストレスもたまらないので、重宝します。
ダイエットのために酵素ドリンクを使う人もいますが、極端な食事制限をしていなければ利用できます。
妊娠中のダイエットに酵素ドリンクを用いる場合は、できるだけ添加物が配合されていないもを、規定量だけを飲むというスタイルが基本です。

産前ダイエットでは絶対避けて!危険なダイエット法

妊娠中に避けたいダイエット
絶対避けて欲しいのが、プロテイン系や脂肪燃焼系のドリンクやサプリメントを利用したダイエットです。
サプリメントの中には妊娠中の使用を禁じているものがありますが、お腹の胎児によくない成分が含まれています。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんと一緒に生活を共にする時期ですので、気を付けなければいけないこと、管理しないといけないこと、色々制約が出てきますが、生まれてくる赤ちゃんのためにも、管理できる部分はしっかりと管理をして、ゆったりとした気持ちで過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間もお金も使わない簡単産後のダイエットでダイエット成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。