モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年8月14日
最終更新日:2017年8月30日
スポンサーリンク

白米が食べたい!でも痩せたい!即効性ならお粥ダイエットがおすすめ

お粥ダイエット成功
お粥は、体調が悪い時に食べる食べ物というイメージが強いのですが、ダイエットにとっても効果的なのです。

お粥ダイエットのメリット

お粥ダイエット

お粥は、消化が良いだけでなく、温かいまま食べるので、体を芯から温めることができ、代謝を上げてくれる魔法のメニューなのです。

お粥は水分を多くして作るため、お米の量が少なくできるため、カロリーカットすることができます。
お粥はお茶碗一杯170キロカロリーです。
白米の場合、だいたい200キロカロリーなので、それに比べるとだいぶカロリーを抑えられますね。

そして、お粥と一緒に食べるおかずもカロリーを抑えることができるので、ダイエット成功しやすいです。
なぜなら、お粥に合うご飯のおかずは低カロリーなものが多いからです。
お粥に合うものと言ったら、梅干しや昆布などの低カロリーのものです。

熱いお粥は、冷ましながら食べるので早く食べることができません。
そのため、満腹中枢に信号が行きやすくなり、満腹感を得やすいです。
おかずの食べ過ぎを、自然に予防できます。

即効ダイエットのお粥ダイエット・・・最大のメリット!

ダイエットの多くは、空腹を我慢したり、食べたいのに食べれないといった制限が多くなり、ストレスが溜まりやすいですが、お粥ダイエットではその心配はないことが、最大のメリットです。

スポンサーリンク

2週間で7㎏減らすことも可能!?

とにかく明るい安村さん。
ぽっちゃり体型で、「履いてますよ」の芸で、お馴染みの安村さんですが、2週間で7キロの減量をされました。
とってもスッキリされた安村さんですが、お粥を食べてダイエットをしたそうです。

スポンサーリンク

炭水化物がないと簡単に痩せられないの?

炭水化物は体のエネルギー源で、必要な栄養素です。
これがないと体は動くことができなくなります。
お腹が空くと、パンやどんぶりなどの炭水化物を食べたくなるのは、体がエネルギーを欲しがっているんです。
白米食べたい
お腹を空かせた胃袋に、お粥を食べると、食べ過ぎにはなりませんし、カロリーも抑えられます。
だからお粥ダイエットの効果は現れやすいです。

モデルダイエットを参考に!お粥はいつ食べるのが効果的?

夕食だけお粥にするのが、おすすめです。
お粥ダイエットは夜がおすすめ
なぜなら、おかゆは少しの量でお腹が膨れますが、腹持ちは悪いです。
朝食をお粥にしてしまうと、昼食の時間になるまでにお腹が空いてしまって余分なものを食べてしまったり、食べ過ぎになりがちです。

逆に夕食は、3食の中で一番カロリーを抑えて良い食事の時間です。
なぜなら、夕食後は特に体を動かずのではなく、寝るしかないからです。
夕食をお粥に!これが理想的なお粥ダイエットの方法です。

お粥ダイエットと雑炊ダイエットのダイエット効果は同じ?

雑炊ダイエット
お粥ダイエットと一緒ぐらい、人、よく耳にするのが「雑炊ダイエット」です。
お粥ダイエットと雑炊ダイエットはなにが違うでしょう?

結果を先に言いますと、雑炊ダイエットは短期間で痩せるならいいけども、長期間のダイエットとなると続けにくいです。

なぜなら、雑炊には野菜や肉、卵など色々な食材を入れて味付けをするので、雑炊だけで栄養が摂取できます。
そのため、雑炊ダイエットの方が、食事自体の量を減らせるため、早く痩せやすいというメリットがあります。
ですが、雑炊しか食べない食事で、量も少なくなるため、お粥ダイエットよりもお腹は空きます。

お粥ダイエットと雑炊ダイエットの違いは、お粥ダイエットは長期間向け。
雑炊ダイエットは短期間・即効ダイエット向けです。
長く続けることで痩せていきたいなら、お粥ダイエットをおすすめします。

お粥の水分量はどのくらいが理想?

お粥には、それぞれ水分量が違い、名前も違います。
ダイエットでは七分粥がおすすめです。
お粥の種類を知っておくだけで、臨機応変な対応ができますので、より自分に合わせた調整ができます。
よりダイエットを成功に導くことができるでしょう。
お粥ダイエットで痩せる
例えば、ちょっと昼食を食べ過ぎちゃった時には、夕食で調整したいですよね。
お粥ダイエットを行う場合、通常の七分粥ではなく三分粥に変更することで、通常のお粥ダイエットよりもカロリーを落とすことができます。

ダイエット成功のコツ

お粥ダイエットの成功のコツは、無理をしない・続けることです。
まずは1日1食から始めていき、少しずつ着実に体重を落としましょう。
ゆっくりと痩せることで、リバウンドもしにくくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。