産後太りのママダイエット|元モデルが産後太りのママダイエット成功の秘訣を伝授します。産後に体型が戻らない、太ってしまった原因は普段の私生活にヒントがあります。元モデルが産後太りでお悩みのママにダイエットの方法を紹介していくブログです。
公開日:2016年12月29日
最終更新日:2017年5月4日

なぜパンを食べると太るの?ダイエット中は食べてはいけない?

パンはお米と同じ糖質ですが、質の良くない油を含んでいたり体を冷やす性質があるからなのです。
小麦に含まれている『グルテン』がダイエットの妨げになると考えられています。
なぜなら腸の環境を乱しやすい性質があります。
また冷えを招くのも、グルテンです。

太らないパンがあった!?

モデルはパンも食べたいから、太らない種類・食べる順番・食べ合わせを工夫します。
そうすればパンを食べても太らないので、ダイエット中にも活用できますよ。

太らないパン、ブランパン

ダイエットパンとしてローソンで売られています。
これは、ふすま100%のパンなので太りません。
ふすまとは、でんぷんが含まれていないので膨らみません。
そこで、ふんわりパンを作るためにシトラスファイバーを少量配合して普通のパンと同じようなふんわり感を出しています。

シトラスファイバーとは、オレンジの皮の内側にある白い部分の食物繊維のことです。
このブランパンは、糖尿病などで糖質を制限されている方にも大丈夫なように作られていますので、
糖質は少なめです。

太らない食べる順番はパンは〇〇!!

どうしてもパンが食べたいな~って時ありますよね。
そんな時には、食べる順番を考えましょう。
少しの工夫で太りにくくすることができます。
一番最初には、食物繊維が多いサラダや煮物などを食べて、次はたんぱく質、そして最後にパン。

この食べる順番は血糖値の上昇を緩やかにする方法なので、太りにくいです。
なぜ一番最初に食物繊維のある食べ物なのかというと、最初に食物繊維を食べておくことで糖質を食べても、食物繊維の網目に糖質が入りこみ吸収速度が遅くなるので太りにくいからです。

太らない食べ合わせ①パンと油

油はカロリーも高いし、太ると思われがちですが、ダイエットに重要な働きをします。
油は、糖の吸収を緩やかにし、同じ内容の食事でも太りにくくしてくれます。
なので、パンを食べるときにはバターやオリーブオイルをつけて食べるといいです。
バターの多いクロワッサンはダイエット中には遠慮しそうですが、油を多く含んでいるので太りにくい種類です。
体の油は油で落とす!!

②たんぱく質と一緒に食べる

血糖値を上げにくくする作用があるので、しっかりとダイエット中は摂りたい栄養素です。

パン食でも同じです。
卵やツナを挟んでサンドウィッチにしてもいいですね。

③温かいスープと食べる

温かい汁物は胃の出口を締めて満腹感を高めるのに役立ちます。

また、小麦は体を冷やす性質があるため温かい汁物と一緒に食べることでカバーしてくれます。
ミネストローネは野菜(食物繊維)やハムまたはベーコン(たんぱく質)が一緒に摂れ、体も温まるので
おすすめです。

これでパンを食べても太らない♡
ダイエット中でもパンを食べても平気だし、少しの工夫で食べることも怖くない!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。