子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年1月15日
最終更新日:2018年3月26日

スポンサーリンク

1月15日はイチゴの日。イチゴを食べて痩せられる

イチゴは12月あたりになるとスーパーで陳列されていきますね。
そのままで食べたり、練乳かけて食べたり、ショートケーキの上にのっていたりとおいしいですよね。

イチゴはバラ科の多年生果菜とされ野菜に分類されます。
カロリーは100gあたりで約34キロカロリーと低カロリーです。

イチゴの痩せる効能

イチゴに含まれるビタミンCは、レモンよりも勝るものでだいたい5粒から6粒ほどで一日に必要な摂取量をカバーできてしまいます。

そしてペクチンという食物繊維がダイエットに効果的に働いてくれます。

ペクチンとは腸内環境を整えてくれる栄養素

・便秘や下痢の解消をする整腸作用
・血糖値の上昇を抑制
・疲労回復効果

整腸作用によって、体内で不要なコレステロールを体外へ排出してくれます。
また、血中の悪玉コレステロールを減らし善玉菌である乳酸菌を増やすという働きをしてくれます。

そして私たちダイエットを意識する女子には嬉しい効果。
脂肪や糖質の吸収を抑えてくれる効果もあります。

あの小さな一粒にはいろんな効果がびっしり詰まってます。

スポンサーリンク

そんなイチゴの栄養を最大限に発揮するために気を付けること

イチゴにはへたがついているので洗う時に取りますよね。
でも取ったところからビタミンCが流れていってしまうという、もったいないことになってしまうので、へたをつけたまま丁寧に洗いましょう。
そして放置しておくと、どんどんビタミンCが減っていくので、洗ったらすぐ食べるのが効果的です。

ダイエットを簡単に成功させるために重要なことは食べること。
食べて酵素を体内に取り入れ酵素に痩せさせてもらう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。