子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!
公開日:2017年12月23日

食べて痩せる方がダイエットは楽しく続けられる

ダイエット調理法と調味料
ダイエットのためには、料理の知識を得て、ご飯がつくれるようになることです。
カロリーが多すぎたり、ビタミンやミネラルが不足しやすいことが外食のデメリットです。
自炊ができるようになれば、ダイエットのためにカロリーコントロールをすることも容易になり、健康のためにもなります。
料理の方法をちょっと工夫することで、ダイエットを意識した食事ができるようになります。
色々なアプローチでダイエット向きの食事をつくることで、少しずつ効果が上がっていくでしょう。
美味しく食事をするためには、1日で摂取可能なカロリー量を意識しながら、料理の方法などで工夫をして食べるものをつくっていくことです。

食べて痩せるダイエットの調理方法

ダイエット調理法
濃いめの味つけの食事はおいしいですが、無意識に白米を食べ過ぎてしまうこともあります。
調味料は薄めを心がけるようにします。
カロリーを抑えたい時には、みりんや砂糖などカロリーのある調味料の使用量には注意しましょう。

揚げる、煮る、茹でる、焼く、蒸すといった調理方法が用いられます。
油の使用量が多い揚げ物や、炒めものは、ダイエットには向かないことがあります。
ダイエット料理をつくるなら、油の使用量はできるだけ控えましょう。
ダイエットを意識した食事を用意するのであれば、油を使わずに料理ができるグリル焼きやホイル焼きなどの方法が適しています。

料理を工夫してダイエットをする場合、調理の方法を理解することも必要になります。
ダイエットを達成するための料理では、食材の準備の時点から気を配ることが大事です。

ダイエット調理法 5つの痩せるポイント

ダイエット調理のポイント
①油揚げや厚揚げは、油ぬきをしてから使うようにしてください。
ダイエットにいいだけでなく、油揚げや厚揚げはこうして調理をした方が味を含みやすくなります。

②炒め物をする時は、野菜は大きめにカットしましょう。
カロリーの少ない炒め物をつくるためには、野菜は大ぶりにして、油に接する表面積を減らします。

③表面積を少なく、油の量を少なくするという考え方なら、コロッケやカツをつくる時にはミニサイズを複数つくる方法はカロリーがアップします。
軽く、ふわっとしたパン粉で揚げたコロッケはおいしいですが、固いパン粉や目の粗いパン粉の方が油の吸収量は少なく済みます。

④煮物のカロリー量を抑えるためには、煮ている途中でアクや油分をきちんと取り除くようにすることです。

⑤フライパンで脂身の多い肉を炒めると、余分な油が出ます。
こまめに拭き取ることによって、カロリーを減らすことができます。
いらない油は除去したほうがおいしくなりますし、ダイエットに適した料理にすることができて、一石二鳥です。
ダイエットを意識して料理をする場合は、調理中に出たいらない油分は取り除くようにする必要があります。

ダイエットで大活躍の痩せやすい調味料

調味料の使い方次第で、ダイエット向きの料理ができるようになります。
砂糖やみりんは、そのものにカロリーがありますので、味を調える過程でカロリーが多くなったりもします。
味つけ一つで、ダイエットの結果が左右されるものです。

塩味をきかせた料理は、食欲が増してご飯の消費が増すこともあります。
植物性の油脂商品は多様なものがありますが、カロリーで見れば同じくらいになっています。
オリーブオイルダイエット
オリーブオイルには、血中のコレステロールを整える効果があります。
ビタミンEも多く含んでいますので、ダイエットの強い味方になってくれます。
売り出されているドレッシングは油分をたくさん含んでいることがありますので、ノンオイルタイプがおすすめです。
ドレッシングづくりは、それほど難しくはありません。

しょっぱすぎる食事にならないように、しょうゆを数種類買っておいて、状況に合わせて使います。
味噌に含まれる塩分の濃さはものによって様々ですので、購入時にチェックするようにしましょう。
赤味噌、白味噌、米味噌というふうに、味噌にはバリエーションが豊富です。

塩味を少なくしても、アイディアを活かせば満足度の高い料理ができるでしょう。
お酢を活用したり、だしの味を利用したり、素材の味を活かす方法もあります。
昆布、煮干し、鰹節などのだしを活用する料理は、カロリーを抑えることもできて、ダイエットにぴったりです。
たくさんのダイエットレシピが載っていて、簡単に作れるので、おすすめなのが
やせる!最強レシピ―一生太らない「やせぐせ」がこの1冊で手に入る! (主婦の友新実用BOOKS)です。

食べて痩せられるからストレスも軽減される!毎日が楽しく過ごせる

食べながらダイエット
短期間の、過激なダイエットは、リバウンドがおきて、前よりも体重が増加することさえあります。
人間の体には、食事の量を減らすと減った食事に体を順応させようと、代謝を下げてしまうのです。
これは、突発的な事態が生じて、食事の摂取ができなくなった場合でも生き延びれるように、少ないエネルギーをやりくりできる体になるわけです。
体重を減らしたくて食事を減らしていることは体は知りませんから、いきなり低カロリーの食事が続くと生命の危機を感じ、少ない食事に体を順応させます。
確実に痩せるダイエット方法を行って成功させたいのであれば、長期的な目標を立てることが大切です。
そして急激な食事制限はやめ、食べ物のカロリーが消費カロリーを上回らないように日々食事を工夫するのがポイントです。
たとえダイエットに成功して体重が減ったとしても、痩せた体重を維持したいのであれば、ダイエットは継続しなくてはなりません。
ダイエットを行いたいという人は、効果が思うように出なくても、気を落とさないことが大事です。
長い時間がかかりますが、継続することによって効果を実感することがついかできるでしょう。
絶対に痩せるダイエット方法を実行したからといって、一週間や一ヶ月で劇的には変わりませんし、健康亭的に痩せることは難しいです。
長いスパンでダイエット計画を立てる方法で、絶対に痩せることができるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 15歳の頃、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動を始める。 23歳で結婚するまで、主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 26歳で長男を出産後は、食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間も体力も使わない育児中の簡単な方法でママのダイエットで10㎏減量のダイエット成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。