産後太りのママダイエット|元モデルが産後太りのママダイエット成功の秘訣を伝授します。産後に体型が戻らない、太ってしまった原因は普段の私生活にヒントがあります。元モデルが産後太りでお悩みのママにダイエットの方法を紹介していくブログです。
公開日:2017年5月28日


長男の学校の給食では毎日牛乳が出ます。
ですので、毎日飲む習慣がついているのですが、大人になると牛乳を飲む機会がグッと減ります。

実は、牛乳を飲むことでダイエット効果があるのです。
飲むだけで痩せやすい体になれることから、簡単に実行しやすく、ほとんどのご家庭にある身近な牛乳なので負担も少ないです。
そんな身近で気軽に試せる牛乳で、痩せ習慣を作って楽々ダイエット成功を目指しませんか?

牛乳の効能

牛乳の代表的な栄養素のカルシウム。
カルシウムは、私たちにの体の骨や歯を作る上でなくてはならない栄養素です。
摂取したカルシウムの吸収率は25%~50%程度とあまり高くないのですが、炭水化物(ご飯や麺類)と一緒に食べると吸収率がアップします。

ただ、現代では推奨されているカルシウムの摂取量を満たしていない場合がほとんどのようです。

牛乳には乳糖が含まれています。
これは腸内の善玉菌のエサとなってくれるので、腸内環境を整えて便秘解消に役立ちます。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという方は、乳糖を消化できない体質なので、温めたものを少しずつ飲み、量を徐々に増やしていくようにする方法がおすすめです。
腸内に乳糖分解酵素が増え、次第に飲めるようになります。
または、乳糖を除去したヨーグルトやチーズもおすすめです。

牛乳に含まれるα-ラクトアルブミンという、たんぱく質の一種は、鎮痛作用があるので生理痛の穏和に役立ちます。
これは意外な効果なのですが、月経は毎月あるもので、この時期の痛みは女性にとってはとても辛いものです。
牛乳を飲むことで穏和されるのなら気持ちも楽になりますね。

子供に読み聞かせる絵本などで、寝る前にホットミルクを飲むシーンが登場したりします。
これは、牛乳に含まれるトリプトファンが、、「幸せホルモン」でお馴染みのセロトニンを作り出す役割を担っています。
幸せホルモンが増えることで、リラックス効果をもたらしてくれるため、ぐっすり眠る手助けをしてくれるからなんです。

牛乳にはたくさんの豊富な栄養素が含まれています。
なかでも、アミノ酸の配合バランスは抜群で、疲労回復に役立ちます。

牛乳ダイエットで期待できる効果

基礎代謝がアップする

牛乳にはたんぱく質が含まれていて、筋肉を作る上で重要な役割をしています。
筋肉をつけると基礎代謝が上がることから、脂肪が燃焼しやすくなってダイエット効果に繋がります。

糖質や脂質の代謝を促す

ビタミンB2には糖質・たんぱく質・脂質の代謝を促す働きがあります。
これらの栄養素によって、食べたもののエネルギーが効率良く代謝されます。

ストレスを軽減する

牛乳にはセロトニンを分泌させる作用があります。
セロトニンによってダイエットの大敵であるストレスを軽減することができます。
また、ストレスによる自律神経の乱れからくるといわれている、便秘や消化不良を起こすリスクが減ります。

こんな牛乳ダイエットがおすすめ!!

美女子の定番!?グリーンスムージー

最近デトックスの定番となっているスムージーは、野菜やフルーツを生のままミキサーにかけ皮も種も全部ミキサーするので、食物繊維や色んな栄養素が豊富に摂取できます。
鉄分が豊富なホウレンソウや小松菜のスムージーは、青臭さが残るため、飲みにくいです。
これを牛乳で作ると味がマイルドになり、青臭さも消えて飲みやすくなります。

また、フルーツジャムを牛乳に入れると簡易版フルーツ牛乳になり、お好みの味のジャムで作るとバリエーションも増えて飽きがこないです。

とうもろこしとの組み合わせでカルシウム効果をアップ!!

とうもろこしのマグネシウムは、牛乳に含まれるカルシウムの働きを助け、骨や歯を丈夫にします。
加熱しても栄養素が壊れないため、市販のコーンスープの素でお湯の代わりに牛乳を入れて作ることをおすすめします。

牛乳ダイエットはいつする?

牛乳は飲むタイミングによって得られる効果の大きさが変わります。

モデルママは夕飯時に牛乳を飲んでリラックスさせる

ママになると、夕飯時は朝の2番目に忙しくなる時間帯です。
特にお腹の空いている子供は待ってはくれないので、時間との闘いですよね。
黄昏泣きなど、夕方は子供も泣いたりぐずったりしがちなので、それをなだめながらの夕飯作りは、終わるとグッタリしてしまうのではないでしょうか。

そんなバタバタな夕飯が終わってから、私は牛乳を飲んで心からリラックスします。
本当は寝る前に飲んだ方が効果は最大限に発揮されるのでしょうが、ママになると寝る前には子供の歯磨きや絵本の読み聞かせなど、まだまだやることがたくさんあります。
ですので、グッタリする夕飯後に一旦リラックスさせて、あともうひと踏ん張りの寝る前のお世話をします。

ダイエットはこうやらなくてはいけない!!というルールはなくて、自分のやりやすいようにダイエットを使いこなしてあげると、ストレスもかかりにくいですし、苦痛じゃなくなります。
体型維持のため、痩せ習慣として毎日行おうとするなら、続けることが苦痛ではないようにダイエットをアレンジしましょう。

アレンジは無限大です!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。