モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2016年12月12日
最終更新日:2017年8月31日
スポンサーリンク

産後のママダイエットするのに おすすめな食事メニュー

産後は妊娠中についてしまった脂肪を落としたいと思いつつ、激しい運動ができないので食事が気になりませんか?

でも入院中って、とってもボリュームのあるメニューがほとんどで、おやつのケーキまで出てきたりしますよね。

母親学級では母乳のために和食中心にしましょうと学びます。

入院中は出産の疲れを、たっぷりと癒して退院後は徐々に和食中心の食事にするのがいいですね。

産後こそ栄養がとっても必要です。

そこで、モデルが出産後に食べて体重を戻した食事メニューをご紹介します。

スポンサーリンク

産後の食事制限は本当に必要か?

ずばり、産後は食事制限することは、おすすめしないです。

出産で体力も落ちていますし、母乳育児おママには母乳の出にも影響してきます。

運動もできないし、食事制限でしかダイエットする方法がない!!と思わず、使う食材・調味料を工夫して

しっかりと栄養を摂りながら、余分な脂は摂らない食事メニューがおすすめです。

 

母乳で赤ちゃんを育てる場合、水分も赤ちゃんに取られるのでママは水分補給もしっかりと。

便秘予防になりますし、水分を摂ることで空腹感もまぎれるほか、代謝も上がっていく効果があります。

スポンサーリンク

産後ダイエットで食べたいおすすめ食材

まず、炭水化物を抜くダイエットをみなさんします。

炭水化物は脂肪を燃焼させるためにも必要な栄養素であり、痩せるのも一時的でリバウンドしやすいです。

だからしっかりと食べて痩せます。

モデルはお米を食べます。

産後は赤ちゃんのお世話に付きっ切りのことが多いです。

泣いて授乳して、おむつ変えて寝かしての繰り替えし・・・。

ママはヘトヘトですよね。

毎日お疲れ様です。

そんな時間のないママに、おにぎりをおすすめします。

一日のなかで赤ちゃんが5分でも10分でも泣いていない時間があったら、その時間にササッと

おにぎりを握っておくんです。

ご飯は冷めることで脂肪燃焼作用の『レジスタントスターチ』という成分が出ます。

握っておけば、いつでも食べれますし、食べて脂肪燃焼してくれるからママには最適。

だから産後ダイエットしたいママには、おすすめです。

手で触ってみて、熱く感じない程度で十分に『レジスタントスターチ』が出ています。

また、一つのお鍋で煮るだけの煮物も放っておいても出来上がる料理は助かります。

具材は、きのこ・海藻・豆腐・こんにゃく・大豆・鶏むね肉を適度な大きさに切って煮込む。

産後は、高たんぱく低カロリーの具材は子宮の回復も手伝ってくれます。

 

昔ながらの食事メニューがお手本ですね。

お味噌汁にごはん、おひたしや煮物とお魚が一番体に負担もかからず、栄養もしっかり摂れて低カロリー。

まさに昔の人の知恵です。

日本人だから日本食が一番♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。