子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年11月15日
最終更新日:2018年4月7日

スポンサーリンク

ダイエットは食べなければ痩せる?

食べながらダイエット
痩せるコツを知るためには、日々の食習慣について考えることが大事です。
痩せるコツとは、カロリーの少ない食事をすることだと思っている人がいます。

低カロリーの食材といえば、キノコ類、海草類、こんにゃく、野菜などではないでしょうか。
痩せるコツをというのであれば、カロリーの少ない食材を使った料理をするという方法は、適切ではありません。

低カロリー食材ばかり食べているとダイエットになる?

ダイエットに適した体質とは、体内のカロリーを速やかに消費するというものです。
しかしカロリー摂取量を少なくしすぎると、カロリーを使わない体になります。
適量の食事を、栄養のバランスを考えながら食べることが、痩せるためには大事になります。

食べながら痩せるために必要な栄養素はたんぱく質

痩せるにはたんぱく質をしっかり
食事からはたんぱく質をきちんと補給することが、重要なポイントともいえます。
たんぱく質を摂取するには肉ですが、肉はカロリーが高いから、ダイエット中は避けているという人がいます。

肉は一口も食べないという方もいます。
人間の体にとって、筋肉をつくるためにはたんぱく質は欠かせません。

たんぱく質で筋肉量を増やすと痩せる

ダイエットをするためには、筋肉をつけて、脂肪が燃える体をつくっておくべきですので、たんぱく質は大事なものといえます。
筋肉がつき、引き締まった体になるために運動とたんぱく質を含む食事をすることで、カロリー燃焼効率の高い体質になることができます。

新陳代謝が促進されることで、脂肪を効率よく燃やしていくことができ、ダイエットになります。
カロリー制限を重視しても、脂肪燃焼が活発になることはありません。

たんぱく質を食事から取り入れ、運動と組み合わせて筋肉をつけることが、痩せるコツであるといえるでしょう。

スポンサーリンク

食べないことがダイエットじゃない!食べても痩せていくモデルの食事方法とは

食べないダイエット
1日に使うカロリーの量を多くることが、食事を減らすことのほかにも必要なダイエット方法です。
食事を大幅に減らして、短期間でのダイエットをしようとする人がいますが、健康状態を損ねてしまう可能性があります。

基礎代謝によって1日で消費するカロリー量より、食事から摂取するカロリー量が少なくなると、様々な不都合が起きます。
人間の体は、摂取可能なカロリーの量が少ないと、代謝を減らすことでその状況に対応しようとしてしまいます。

食べないダイエットは代謝が下がり痩せにくくなる

基礎代謝の低い体質になると、食事制限を行っていても期待するようなダイエット効果が得られなくなってしまうため、ダイエットになりません。
食事制限によるダイエットは、身体の代謝を下げ、カロリー消費の少ない体をつくるだけですので、期待したほど体重は減らないという結果になってしまいます。

短い期間でダイエットをするためには、食事の量を少なくするというアプローチは適切ではありません。
カロリーコントロールは重要ですが、それとは別に積極的に体を動かすことで、カロリーの消費量を増やしていきましょう。

短期でダイエットを成功させるためには、適度な食事制限を行うということに加えて、体を動かすことで、カロリー消費を心がけることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚をし、26歳で長男出産。 32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後太りに悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 産前の体型を取り戻す。 現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。