子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年3月22日

スポンサーリンク

よく噛んで食べている人は痩せている

ママ友ランチ
よく友人や子供たちの学校や幼稚園繋がりのママさん方とランチへ行くのですが、ランチだと決まったメニューの中から選ぶことが多いので、だいたい同じようなメニューになります。
テーブルに料理が届くのも同じですが、食べる早さが皆さん異なります。
そしてよく噛んでいる人は、どうしても食事に時間がかかります。
でも、『痩せている』という共通点があるのです。

なぜよく噛むと痩せるの?

噛むことを咀嚼(そしゃく)といいます。
咀嚼を繰り返すリズムが、セロトニンという心のバランスや精神安定させる神経を活性化させます。
よく噛んだことで、セロトニンが増えることで、心がリラックスし、体の緊張が和らぐことでストレス解消に役立っています。
人は、ストレスが溜まってしまうと、体内の巡りが悪くなり代謝も低下します。
ですからストレスを溜めないこともダイエットにおいて重要なポイントなのです。

そしてよく噛むことで、満腹中枢が刺激されることで、必要以上の食事量を食べずに済みます。

スポンサーリンク

よく噛む理想的な回数は何回?

代謝を上げる食事
私は30回を目安にしています。
25~30回程度噛む人が一番、内臓脂肪蓄積率が低いと言われています。
ただ、食事内容によっても噛む回数は変わってくるかと思います。
麺類は柔らかくのど越しも良いので、ご飯類より噛む回数は減ります。
あまり神経質にならずに、きっちり回数を数えなくてもゆっくりと食事を味わいながら摂ることで、自然とよく噛む癖がつくようになります。

あえて食感が固めの食事内容にするとダイエットになる

子供がいるご家庭だと、子供が好きなメニューをママは作りますよね。
ハンバーグ・スパゲティ、おやつにはケーキやクッキーなど柔らかい食べ物が多く登場します。

柔らかいものだと、あまり噛まずに飲み込めることから、つい早食いになってしまいがちです。
白米よりも玄米、煮物よりも生野菜、カボチャやじゃがいもよりも根菜類といったように、固めの食材をあえて使い、よく噛まないと食べられない食事メニューに変えることも、ダイエット効果が高いです。

スポンサーリンク

満腹になるという感覚は、胃が満腹になったことではない

太りやすい人の特徴
私たちが、食事をして「あ~もうお腹いっぱい!」と感じるには、満腹中枢がしかり刺激されているからなのです。
ただ、早食いをしてしまって満腹中枢をあまり刺激せずに食事をしていると、本当に胃がいっぱいになってしまって、もう食べられないとなりますので、よく噛んで満腹中枢をきちんと刺激をすることが大切です。

満腹になったかどうかを決めるのは、胃が空いてるかどうかではなくて、脳にある満腹中枢が満腹信号をキャッチして判断します。
あまり噛まないで食べていると脳の満腹中枢がなかなか満足しないので、身体が必要とする量よりたくさん食べてしまうため、ついつい食べ過ぎになってしまい、太りやすくなります。

よく噛んで食べながら健康的にダイエット

よく噛むことで、満腹中枢が刺激されるので、少しの量でもお腹いっぱいになります。
食事量が増えないので血糖値も上がりにくく、下がるのも緩やかなので腹持ちも抜群でダイエットに効果的なのです。
ただ「よく噛む」だけのことですが、とてもダイエット効果が高く、食べながらダイエットもできるためストレスもかかりにくく、健康的に痩せられる方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。