子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年1月20日
最終更新日:2018年3月26日

スポンサーリンク

骨を丈夫にするためのカルシウムでダイエット。ダイエットにも深く関係しています

カルシウムというと、骨を強くする・イライラ防止の効果があります。

人の体の中には、約1キロのカルシウムが入っているといわれています。
そのほとんどは、骨や歯の中ですが、ごく一部は血液や筋肉・脂肪の中にも存在しているそうです。

ダイエットにカルシウムを摂ると効果的な理由

血液中のカルシウムは、濃度を一定にしようとする力があり、保とうとします。
ですが、カルシウムが不足することで脂肪の中にあるカルシウムで補い血液中のものを増やそうとします。

そうすると脂肪の中のカルシウムが減っていき、脂肪を合成する酵素が大量に出てしまい、脂肪がどんどん増えていってしまうのです。
ですから、カルシウムを骨のためだけと思わず、ダイエットのことも考えて不足しないよう積極的に摂取したいですね。

カルシウムのダイエット効果は脂肪燃焼!摂ると脂肪が燃える

体温を上げてくれる効果がカルシウムにはあり、冷え性改善にも役立つほか、基礎代謝が上がるため脂肪燃焼効果があるのです。
基礎代謝が上がるということは、体の中の老廃物も排出する力が高まりデトックスやむくみ解消効果もあります。

そして脂肪の吸収を抑えてくれるので、カルシウムを摂ることで太りにくくなります。

スポンサーリンク

カルシウムのダイエット効果を高める時間帯

カルシウムを摂取するにあたり、いつでも摂取すればいいというものではなく、より効果を上げる時間帯があります。

カルシウムは体内では作ることができないものなので、自ら摂取する必要があります。
カルシウムはいつ生成されているのかというと、夜です。

寝ている間に吸収され生成されるため、子供が寝ている間に背が伸びるということも、そのことからきています。
夕飯時にカルシウムの多い食材を摂取するといいですね。

簡単に手軽にカルシウムを摂取できるものは牛乳

女性にとってカルシウムは骨粗しょう症予防としても重要になってきますね。

どうしても出産・女性ホルモンの影響でカルシウム濃度は変化するため、積極的に摂りたいですが、毎日のこととなるとなかなか食材で摂ることって量も定かでないし、ちゃんと足りているのか心配になります。

牛乳で基本摂ることが一番簡単ですが、よりダイエット効果を高めるために酵素ドリンクを牛乳で割って飲むとカルシウムもダイエット効果も両方摂ることができるため、より痩せ体質にでなれます。

牛乳はリラックス効果もありますし、飲むだけなので忙しいママでも手軽で続けやすいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。