子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年3月15日

スポンサーリンク

太る原因を知るとダイエットは早く成功する理由

ママが太る原因診断
ママが太る原因には生活習慣や食生活だけではなく、ホルモンバランスも大きく関わっています。
ダイエットしたいけど、何から始めたらいいのかわからない、ダイエットしていても、なかなか成果が出ないといったままに、ぜひ読んでほしいです。
ママが太る原因と、痩せていく方法をご紹介します。

ママが太る原因は体質?

ママが太る原因として、太りやすい生活習慣と太りやすい食生活があります。

ママが太りやすい生活習慣

ママの太りやすい生活習慣とは、特に運動と睡眠が大きく関わっています。
出産を経験し、ママになると自分の都合では動きにくくなり、運動をしようと思っても、子供の用事があったり家族都合でなかなか動けません。
子育てママの太る原因
特に小さい子供を連れての外出は、動きがゆっくりになったり、階段よりもエスカレーターやエレベーターを利用してしまったり、あまり歩かない方を選んでしまうことが、筋肉を刺激しにくく代謝が悪くなっています。

そして睡眠ダイエットがあるくらい痩せやすい環境作りに大切な睡眠も、ママになってからは、なかなか確保しにくいです。
睡眠不足になると、食欲を増進させるホルモンが多く分泌されるので、食べてはいけないと頭ではわかっていても、ホルモンの関係で制御できないのです。

長い時間寝ていれば痩せていくのではなく、質の良い睡眠を取ることで痩せやすくなります。
寝る前のスマホを止めるだけでも、脳は休憩モードに切り替わるので質の良い睡眠を取ることができます。

ママが太りやすい食生活

まず、食事で重要なことはエネルギー摂取量が、食べる量よりも消費する量を多くしなければ痩せません。
普段の食事から見直してみて、何気なく口にしているお菓子やジュースなど、余分なカロリーがないかを見直してみましょう。
モデルの食生活
そして食事バランスです。
太るからと言って極端な食事制限や偏った食事内容になっていませんか?
食事の基本は、炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取することです。
野菜だけしか食べなかったりしていると、たんぱく質が不足し筋肉量が減ります。
代謝に必要である筋肉が減ることで、太りやすい体質になってしまいます。

スポンサーリンク

太る原因別ダイエットをしたら早く痩せることができる

産後に痩せる方法
世間に知られているダイエット方法の数は多く、選ぶ時に困ってしまうという方がいます。
そして、どのような痩せ方を求めるかによって、実践する方法が異なってきます。

体重を減らしたいママ

増えてしまった体重を少減らしたい場合は、日々の食事から摂取するカロリー量を減らすことです。
消費カロリーが、1日で摂取するカロリー量より多くなれば、結果的に体重を減らすことができるようになります。
ただ単に食事を減らすのではなく、洋食が多かった場合は脂質の少なめの和食にしてみる、油を絡めて体外へ出す作用のある生野菜がなかった場合は、スーパーで売られているカット野菜でも十分なので食卓に並べてみるなど、今までの食事内容を見直し、何が改善できるかを考えてみましょう。

また、むくみによって体重が増えている場合もありますので、むくみ対策としてデトックスにより、体内の老廃物を除去したりするダイエット方法も有効です。
白湯を飲む方法が一番簡単です。

内臓脂肪を減らしたいママ

体脂肪を減らしたい場合は、内臓脂肪の燃焼を促進するようなダイエットをしましょう。
脂肪燃焼効果があるエクササイズを続けることで、脂肪の燃焼が活発になります。
生姜や七味唐辛子など、体を温める効果のある食材を摂り入れる事で、脂肪燃焼しやすくなります。

部分痩せがしたいママ

ウエストに美しいくびれを作りたい、二の腕や、下腹部などが引き締まったボディラインを目指す場合、ストレッチやマッサージが有効です。
お腹部分に効果的なのは良い姿勢を保つことです。
良い姿勢をすることは、全身に適度な力が入ります。
二の腕は、なかなか普段使うことがない筋肉を刺激することで、引き締めることができます。
主婦の良く行くスーパーでのお買い物をカートを使わず、かごを持つことで負荷がかかり二の腕の筋肉を刺激します。

スポンサーリンク

痩せてるママが行う誰でもできる簡単な痩せ習慣

朝陽を浴びて代謝を上げる
食事や運動だけでは、リバウンドのしやすいダイエットになってしまいます。
リバウンドを起こさないダイエットにするためには、体の中から痩せやすい環境に変えていくことが大事です。
色々な体質改善方法がありますが、一番簡単で誰でもできる方法は朝陽を浴びて代謝を上げる方法です。

朝日を浴びると代謝が上がる理由

朝起きたらカーテンをまず開けて体全体で朝日を浴びることで、体内リズムが一旦リセットされ体内の活動を活発にさせます。
朝は一日の中で最も代謝が上がる時間帯です。
より代謝を上げていくには、朝陽を浴びて体内リセットをして、新たに体内機能をスタートさせることです。
毎日昇る太陽に感謝をし、全身にたっぷり浴びましょう。

また、肩や首を回したりすることで滞りがちなリンパや血液の流れをスムーズにさせます。
全身を伸ばしたり、空き時間につま先立ちをしたりと積極的に筋肉を刺激することを心がけましょう。
すると少しの刺激でも筋肉は反応し強くなりますので、強くなった分だけ代謝が上がります。

ダイエットは無理をしないで痩せていく方法を選択しよう

無理なダイエットをして体も心も壊れてしまうよりも、生活習慣や食事内容を変えるだけで健康的に痩せていくことができます。

何のためにダイエットをするかによって、その目的に合致した方法がわかります。
ダイエットをする場合には、まずは自分が何を目的としているのかをしっかりと考えることが重要になります。
ダイエット方法に迷ったら、まずは、ダイエットをしたいという動機を見つめ直してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 15歳の頃、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動を始める。 23歳で結婚するまで、主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 26歳で長男を出産後は、食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間も体力も使わない育児中ママの簡単ダイエット方法で10㎏減量のダイエット成功。 DV&モラハラ夫と離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。