モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年9月1日
スポンサーリンク

年齢による体型変化の悩み

加齢による体型変化の悩み
年を重ねるごとに気になってくるのが体型の変化です。
女性なら誰でも体型維持したいですし、スマートでいつ続けたいものですよね。

女性の体は3回変化をする

女性ホルモンの分泌は10代から20代前半の思春期で最大に上がります。
そして20代後半から40代前半までは安定し、その後は徐々に下がっていきます。
この女性ホルモンは体型の変化に大きく関係しています。

女性の体型が大きく変化する1回目!女性ホルモンの分泌量が大きく変化する10代です。
特に16~18歳頃は、身長が伸びることはストップし、メリハリのはっきりとした大人の女性らしい体つきになっていきます。
急に丸みを帯びた体つきに感じるのもこの頃です。

10代から続くゆるやかな体型の変化は、24~26歳頃に完成します。
この年齢を境に、今度は徐々に皮下脂肪がついていく時期を迎えていきます。

20代で完成した女性らしい身体に、皮下脂肪が徐々についてくる30代。
いつも通りの食生活をしているのに、最近なんだか太ったかな~と悩み始める時期でもあるでしょう。
この時期を境に、体型が少しづつ変わり始め、40代になると下半身より上半身のボリュームが目立つ体型に変わっていきます。

スポンサーリンク

いつまでも美しい体型でいるための簡単なコツ

体型の変化
日頃、ふと鏡を見ると、なんだか体型が変わったかな?と感じることありませんか?
体重はそんなに変わっていないはずなのに、何故か今まで着ていたトップスやジーンズが窮屈に感じたりあるかもしれません。
年齢を重ねると、太ってしまうというよりも、二の腕やお腹、太ももやお尻など、体型が少しずつ変化していくため、体型が変わったと感じるのです。

では、重力に負けないキレイなからだをキープするためにはどうすればいいのでしょうか?

モデルダイエットをして簡単に体型維持を!

モデルの体型維持法
モデルは日ごろから体型変化は許されません。
そんなモデル流の体型維持法をすることで、簡単に体型維持ができ、そして年齢を重ねた体型変化も遅らせることができます。
努力次第でできるのです。

スポンサーリンク

モデルの体型維持法

まずは、規則正しい食事を心がけることです。
脂肪や糖質を考えずに摂取していると、うまく分解できなかった栄養が、体脂肪としてくっついてしまいます。
バランスの取れた食事
栄養バランスをしっかり考えた食事を取りましょう。

また、姿勢や歩き方もポイントです。
背中が丸いと、背中の筋肉を使わないため、肩や背中周りに脂肪がついてきてしまいます。
年齢を重ねていくと、どうしても体全体の筋肉量も減っていきます。
脂肪にならないためには、筋肉が必要です。
背筋を伸ばした良い姿勢
できるだけ、正しい姿勢での生活を心掛けましょう。

体型変化は努力次第

加齢による体型変化は、世の中の全ての人が丸い体をしているわけではありません。

日常生活の中でできることを少しづつ行いながら、年齢による体型の変化を抑えることを心がけましょう。
40代、50代、60代になっても、キレイな体型を保ちたいですね。
歳相応の体ではなく、若々しい体を目指すことで健康維持にも役立ちますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。