子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!
公開日:2017年10月24日
最終更新日:2017年11月21日

効率よくウォーキングダイエットで痩せる方法

ウォーキングダイエット法
ダイエットにために有酸素運動に取り組むと聞くと、多くの人がイメージするのは、ウォーキングかと思います。
ウォーキングはただ歩くだけで良いのですが、コツをつかめばよりダイエット効果をアップさせることができます。
関節に負担がかかったり、ダイエット効果が出ないような歩き方にならないように、正しいウォーキングをしましょう。

ウォーキングダイエット法とは

私たちが毎日、何気なく移動手段として意識せずに行っている「歩く」という動作は、実は有酸素運動になります。
有酸素運動とは、体内に酸素を取り入れることで脂肪燃焼効果が期待できるため、ダイエットには欠かせない方法の一つとなっています。

ウォーキングダイエット法は、特に特別な器具や準備の必要がなく、または体を動かすことが苦手という方でも、普段から意識せずに行っている歩くことでダイエットができる方法ですので、取り組みやすいダイエット運動法です。

ウォーキングダイエットの良いところ

ウォーキングダイエットで痩せる
ウォーキングダイエット法は、運動が苦手な方でも、歩くこと(ウォーキング)ができない人はいないという簡単さです。
ただ、天候に左右されるところがありますが、私はイオンやお買い物の時に意識をして歩き、ダイエットとして歩くようにしています。

ウォーキングやろう!と意気込むのではなく、お買い物ついでに・子供とお散歩ついでに・近くの駅まで歩くついでに・・・などと、何かをするついでにダイエット用の歩き方をすることで、特に時間を作る必要もないので、気兼ねせずに行うダイエット運動と言えます。

そして、ウォーキングダイエットは「体への負担が少ない状態で、健康的に痩せられる」ことができます。

これが痩せるためのウォーキング法

  1. 背筋をピンと伸ばし、前を見て歩くことが、ウォーキングでは大事です。背はかがめず、紐が頭から延びているようなつもりで、視線は前方へもっていきます。
  2. 肘は引き、胸は大きく開いて、自然な姿勢になるようにします。
  3. 腕と肩には力が入らないようにして、腹筋に力を込めることでお尻が引き締まるようにしていきます。
  4. 体重は足の裏全体にのせるようにし、つま先やかかとに重心がいかないように気を付けましょう。

ウォーキングは、自分なりの早さや距離で歩くことができますし、ダイエットに効果があるという有酸素運動ができます。

ウォーキングダイエットの適切な時間

有酸素運動で痩せる時間
ウォーキングダイエットによって、脂肪燃焼効果が現れるのが、運動開始から約20分後と言われています。
このため、ウォーキングダイエットを行う場合は、「20分以上歩く」ことが理想です。

意外と一人で黙々とウォーキング用に時間を作っていると20分は長く感じられますが、お買い物中の20分ってあっという間だったりします。

よく子供たちが未就園児だったころは、雨の日にイオンへ出かけて、中を歩いていました。
イオンって広くてまっすぐなので、ウォーキングにピッタリなんです。
子供も雨の日に退屈しないですし、ママもリフレッシュできるので、おすすめな場所です。
特別に時間を作らずにウォーキングダイエットができるので、ストレスフリーな運動法ともいえるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間もお金も使わない簡単産後のダイエットでダイエット成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。