子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年2月22日
最終更新日:2018年2月23日

スポンサーリンク

痩せる運動は?簡単に痩せるためのポイントは?

ダイエット運動は筋トレ
ダイエットのためにと、食事の量を少なくしているという光景はよく目にしますが、もっと効率的なダイエットがあります。
ダイエット効果の高い簡単な方法として、おすすめのなのは、筋肉を強化するという方法です。
体重とは無関係に思える筋肉ですが、筋肉を刺激し強化することによってダイエットに役立つのです。
ダイエットにおいて大切な基礎代謝の50%以上を消費しているのが、全身の筋肉です。
筋肉が増えれば勝手に基礎代謝量が上がるので、自然とダイエットができてしまうのです。

筋肉強化で代謝が上がる

筋肉増強は体重を減らす効果はないですが、筋肉の多い体ほどカロリーを消費させやすく、効果的な有酸素運動をすることが可能てす。
代謝のいい体質になることで、ダイエットがスムーズに行えるようになります。
筋肉を強化しておくと、基礎代謝が上がります。
基礎代謝とは、内臓を動かしたり、血液を流したり体温を保ったりなど、私たちが生命維持のために使われているエネルギーのことです。
ですから基礎代謝が上がれば、運動をしていない何もしていない状態の時でも、消費されていくエネルギーが多くなります。

体自体が脂肪の燃えやすい代謝の高い体質になることで、リバウンドのしにくいダイエット方法です。

スポンサーリンク

痩せやすくする運動は有酸素運動?筋トレ?

ダイエット運動
ダイエットは有酸素運動が一般的ですが、有酸素運動の特徴は、運動をしていない時はカロリー消費しないということです。
ですから動かなければ痩せることが難しいということになります。
ママになると、特に自分時間が少なくなり、毎日ダイエットのための運動をするとなると大変です。
一方、筋トレは筋肉自体を刺激しますので、筋肉痛が発生します。
この筋肉痛がダイエットの痩せるためのポイントなのです。

筋肉痛が起こるとすぐに代謝が上がる

運動をした後に起こる筋肉痛は、筋肉を刺激した時に傷ついた筋肉の線維を修復しようとするときに起こる痛みです。
特に普段あまり使わない筋肉を刺激したときに筋肉痛は起こりやすいです。
この筋肉痛を回復させるために、運動をしていない時や寝ている時も消費カロリーが発生し続けます。

スポンサーリンク

ママのための筋トレ方法

ダイエットのためにジムへ通えれば効率よく筋肉を刺激でき強化できますが、ジムへ通うには時間もお金もかかります。
まだ小さい子供がいるママは、特にジムは行きにくい場所です。
ママならではの筋肉強化方法があるのです。
お家の中にいながら筋トレをして代謝を上げる体になりましょう。
ダイエットのための筋トレは長い時間続ける事よりも、短時間で筋肉に負荷をかけることが思いついたらササっとできるので気持ち的に楽です。
中でも腹筋ローラーは約1000円ですが、腹筋だけでなくママになるときになる腰回り、腕、背中といったいろんな部分の筋肉を刺激でき引き締められるので、お得です。

たくさん回数をこなす必要はなく、10回を1セットとし、3回一日の中で行うのがベストです。
ポイントは、息を吐きながら筋肉を刺激し、息を吸いながら元のスタートした体勢に戻すことです。
筋トレでダイエット
筋肉は関節と繋がっていて脂肪を引っ張り上げ姿勢を維持しているので、筋肉が多い人は関節部分がシャープになり全体的にスマートな引き締まった体型になります。
ただ、筋肉は脂肪よりも重さがあるので、筋肉強化しても体重が変わらない痩せないと思いがちですが、体脂肪が落ちて筋肉がついたことによる状態だと考えられます。

筋トレには休憩と栄養が必要。筋肉を増やすための期間とは

筋肉を強化し、増やすためには筋肉の回復期間が必要です。
筋肉が増えるためには、まずは筋トレを行い、刺激をした筋肉を休憩させ、修復させる栄養分が必要です。
ただ単に筋トレを行っただけでは、筋肉は増えません。
この筋肉を増やすために期間は、個人差がありますが4日~6日かかります。
ですから、毎日筋トレを行う必要はなく、3日に一度や一週間に2回程度で十分なのです。

筋肉を増やすためのダイエット食事

筋肉を作るために必要な栄養素は、たんぱく質とご存知かと思います。
たんぱく質が筋肉を作る材料となり、炭水化物が足りていないと、体を動かすエネルギーが不足しがちになり筋肉が増やせません。
ダイエットをするためには、適度に筋肉を刺激し、バランスの良い食事をして筋肉を増やすことを心がけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。