子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2016年10月25日
最終更新日:2018年3月27日

スポンサーリンク

厳禁!体の冷えは太りやすくなる原因だから冷え性を改善する

お腹の冷えを知ると痩せる
体の冷えとダイエットは重要です。
体の内面が冷えていると、体の巡りが悪くなり、それだけで代謝が悪くなってしまいます。
脂肪を燃焼してくれる力が足りないということです。
車で例えるならエンジンのようなもので、エンジンが温まらないと動きが鈍いように体も冷えがあることでエンジンがかかりにくくなります。

でも、体の外面は寒いなと感じることは簡単で一枚上着を羽織ったりして調整ができますが、内面が冷えているというのは自分ではなかなか気づきにくいものです。

その気づかないことを放置することで、体の代謝がどんどん悪くなっていき、ダイエットをしていても体重が減っていかない原因や健康面での不調も招きます。

どんな方法で自分の体の冷えを調べることができるでしょうか?

スポンサーリンク

自分の体の冷えのセルフチェック方法は自宅で簡単にできる

すぐ自分の肌を触ることができる裸の状態が理想ですので、お風呂でチェックがおすすめです。
湯船に浸かったすぐに、腰からヒップにかけて手で湯船の中で触ってみてください。
入ったすぐに行うことがポイントです。

なぜ腰からヒップかというと、内臓の反対側ですので体温の熱が伝わりづらいからです。
お腹は内臓があるため冷えていても気づきにくいのです。

そして、温かい湯船の中で触ると冷たくなっている時があります。
その時は体の内面が冷えているサインです。
体の表面が冷たいということは、内臓はもっと冷えているというサインです。

スポンサーリンク

お風呂以外で生活しながら冷えを防ぐ!冷え性改善で代謝を上げて痩せ体質へ

産後のストレス
寒いなと感じたら上着を着て体温調整をすることができますが、体の内面を温めることは、温かいものを体内に摂り入れる方法が早く温めることができます。

温かい飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶など色々ありますが、カフェインは体を冷やしてしまう効果があるため、冷え性改善ではおススメできません。
白湯を飲んで内面を温めてあげましょう。
しょうがを入れたりシナモンも体を温める作用があるので、白湯に入れて飲むことがおすすめです。
朝起きてすぐに白湯を飲むと体の内部を目覚めさせるほか、代謝もグンと上がって痩せやすい体に働いてくれます。

ママになるとリラックスができるお風呂もバタバタしがちですが、子供が寝た後など毎日が無理でも週末だけと決めたりして自分のリラックスタイムを無理のない範囲で作ってみてくださいね。

ダイエット自体がストレスとなっていては、いけませんから無理のない範囲でできることからダイエット生活を始めていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。