モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年9月12日
スポンサーリンク

太りにくい時間と太りやすい時間

太りやすい時間
ダイエットをするときに、食事の栄養バランスやカロリーを気にする人は多いですが、見落としがちなのが食事をする時の時間です。
食事をする時間が変わるだけでも、ダイエットの効果に差が出てくると言われています。
食事の献立や、カロリー量を気にするだけでなく、時間についても心を配ることがダイエットに役立ちます。

太りやすい体にならないために

太りやすい時間の食事は避ける
ダイエットをしている時でも、朝昼晩の1日3回はしっかりと食事を摂取するようにしましょう。
食べるときには、内臓が活発に動く時間ごとに、食事をすることが望ましいとされています。

それぞれの内臓の働く時間を考えて、食事内容を見直すことによって、効率的にダイエットを行なうことができるようになります。
ダイエットのために食事を見直す場合、栄養の偏りや、カロリー量も必要なことですが、食事の時間にも配慮していきましょう。

太りやすい時間は食べないように注意する

太りにくい時間でダイエット
まずは、昼は交感神経が活発で、夜は副交感神経が優位になります。
交感神経が活発だと脂肪が分解・燃焼されやすくなり、反対に副交感神経は、消化・吸収機能を活発にするので、エネルギーをため込む働きが強くなります。
昼は脂肪が分解・燃焼されやすく、夜はエネルギーをため込みやすくなるため、夜は太りやすいと言われます。

例えば13時にカレーライスを食べるのと、23時にカレーライスを食べるのでは、同じ量であっても脂肪として体に蓄積される確率は大きく違ってきます。
ですので、同じ量のカレーライスを食べても昼と夜では夜の方が脂肪として体に貯蓄しやすいというわけなのです。

スポンサーリンク

毎日の太りにくい生活

ママダイエット成功
夜10時から深夜2時というと、美肌のために寝ていた方が良いとされる時間ですが、実はダイエットのためにもある意味大事な時間です。
この時間が、1日の中で一番太りやすい時間です。

体内には脂肪を溜め込む働きをするたんぱく質があり、起きてから18時間後がピークで量が多くなります。
つまり、そのピーク時間が夜の10時から深夜2時となります。
ですから、夜ご飯が遅くなればなるほど、脂肪になるリスクも高くなるのです。

逆に、太りにくい時間としては、この脂肪を溜め込むたんぱく質は午後3時くらいが一番量が少ないのです。

甘い物をこの時間に食べても、脂肪になりやすいたんぱく質は少なくなってるから、おやつを楽しむチャンスです。
おやつの時間って、ちゃんと理にかなっていますね。

そして、寝る前に食べるのは消化にとても悪いので、お腹が落ち着かせるためにしばらく時間をおいてから眠りにつくことを心がけて下さい。これだけでも習慣づけておくと今後のダイエットがいくらか楽になるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。