子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年3月13日
最終更新日:2018年4月30日

スポンサーリンク

確実に痩せるためには生活を見直してダイエットに効く生活習慣を

痩せるダイエット生活
運動や食事内容の改善もダイエットには欠かせない要素ですが、それだけではリバウンドが起きやすくダイエット失敗に終わってしまいます。
ダイエットをしていた人で約9割がリバウンドをしてダイエット失敗を経験していると言われています。

確実に痩せるために

確実に痩せるならば生活習慣を見直し、時間帯別でダイエットに効率が良い痩せやすい生活を送ることで、確実にダイエットは力まずに成功することができます。
具体的にはどんな習慣を身に付ければ、確実に痩せることができるのでしょうか。

朝のダイエット生活で代謝を上げる

朝のダイエット生活
確実に痩せたいのであれば、起きたらまず白湯を飲むようにします。
体内の水分量が少ないと代謝が落ち、体に老廃物が溜まりやすくなってむくみ太りの原因になります。
起きたらまず、コップ一杯の水を飲むという習慣をつけましょう。

白湯で痩せる

一日で800ml~1Ⅼの水分を摂った方が良いとされていますが、一気に飲むのではなく、こまめに摂取しましょう。
飲むタイミングは、トイレの回数ごとに飲むと、適度に間隔があき、水分摂取ができます。

お昼のダイエット生活では、疲労を溜めない

体を動かすなら、昼前に活動をしたほうが、体内の脂肪をよく燃やすことが可能です。
早起きをして、家事や作業を済ませる習慣をつけると、確実に痩せる効果が期待できます。

お昼ご飯を食べてからは、13時から15時くらいのどこかのタイミングで、座った状態で10分くらい目をつぶって体を休ませましょう。
食べてすぐに横になると、逆流性食道炎になりやすく、消化不良も起こしやすいので注意しましょう。

一日の疲れが痩せにくくさせてしまう

人の体は疲れが溜まると内臓機能が低下します。
確実に痩せるためには、適切な休憩をとって体を休ませることです。
目だけをつぶり静かに過ごすだけで、十分疲労は回復します。

夜のダイエット生活では、血流をよくする

ダイエット運動は筋トレ
夜寝る前は水分を控えてストレッチをするのがおススメです。
夜は疲労と一緒に老廃物が体に蓄積しやすくなっている時間帯です。

寝ている間に脂肪燃焼させるために

ストレッチによって血流を促進し、就寝中の基礎代謝を高い状態にしておくことで、確実に痩せる効果が得やすくなります。
ただ、激しい運動は興奮させてしまうため、質の良い睡眠が取りにくいので、ゆったりと一日動いた体を伸ばしたり、開脚をして普段では使わない内ももの筋肉を刺激したり、つま先立ちをする程度にしておきましょう。

1日の生活習慣をちょっと見直すことによって、確実に痩せるダイエットがしやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚をし、26歳で長男出産。 32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後太りに悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 産前の体型を取り戻す。 現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。