産後太りのママダイエット|元モデルが産後太りのママダイエット成功の秘訣を伝授します。産後に体型が戻らない、太ってしまった原因は普段の私生活にヒントがあります。元モデルが産後太りでお悩みのママにダイエットの方法を紹介していくブログです。
公開日:2017年6月2日
憂鬱

不快な症状の多い生理をデトックスに使ってダイエット!

毎月訪れる不快な時期、生理。
生理痛でお腹が痛かったり、むくみがでたり、イライラしたりといつもとは違う症状が出て不快なことの多くなる時期です。

この不快な症状の多い生理をダイエットにうまく使えたら、気分が少しは変わってきませんか?
デトックスに効果的な時期でもあったのです。

生理でデトックス?

生理は、妊娠が成立しなかったことで子宮内膜が剥がれ落ちるものです。
個人差はあるかと思いますが、だいたい5~7日間の出血が続きます。
この出血と共に、体内の老廃物が一緒に排泄されるのです。

腸内スッキリ!

生理前は、ホルモンバランスの関係で、体内に溜め込もうとする働きが生じているので、便秘にもなりやすいです。
ですが、生理が始まると、ホルモンが変わり、溜め込んでいたものを排泄しようと働きます。
その結果、便も排泄されやすくなり、腸内スッキリできるのです。

骨盤内の古い血液、老廃物をデトックス!

生理前の子宮内は妊娠に備えて骨盤にも血液や水分を溜め込もうとします。
生理が始まると、排泄されるので、見えない体の部分ですが、スッキリお掃除ができるのです。

むくみもスッキリ!

生理前は水分も溜め込もうとするので、必然的にむくみが生じます。
生理が始まることで、徐々に体内の余分な水分は排泄されていき、むくみのスッキリできます。

よりデトックス効果をパワーアップさせるには!?

疑問
それは、冷えを防ぐことです。
冷えは、美容面でも健康面でも大敵といわれるほどです。
体が冷えると、代謝が落ちやすく、デトックス機能も鈍ってきてしまうのです。
ですから、冷えがダイエットにも良くないのです。

より冷えから守りたい時期

それは、生理中です。
基礎体温を毎日つけていらっしゃる方は、ご存知かと思うのですが、排卵期を境に生理に向かって体温は下がっていきます。
そして生理中は体温が低いです。
冷えによって生理痛が酷くなったりと深いな症状を招く原因となるので、日ごろから意識して、体内は冷えないように心がけましょう。
内臓の温度を下げにくくする

冷やさない生活を

体の外からも温めて冷えをシャットアウト!

デトックスするための働きをしている内臓を冷やさないように、体の外からも守ります。
一番手軽なのは、ひざ掛けですね。
今、レストランやカフェでもひざ掛けを常備しているお店もあったり、女性に優しい心遣いがあるので、ママ友とのお茶やランチの時には、どんどん利用しましょう。

また、ホッカイロも手軽です。
張るタイプのものを使うと簡単ですが低温やけどになる恐れがあるので、これからの薄着の時期には注意が必要です。。
お腹の子宮の位置に張って、子宮を冷やさないようにすると効果的です。

そして、これからの暑い時期は冷房をつけますので、いつでも涼しく快適な温度で過ごせていますが、実は体の中は冷えていることもあるので、ご注意を!
ひざ掛けやカーディガンなどで体温調整ができるようにしておくといいですね。

冷たい食べ物を気を付ける

暑いとついつい冷たい飲み物をゴクゴク飲みたくなります。
でも、体の中のことを考えると冷えすぎてしまうので、冷たいものを飲んだ後は、人肌温度にした白湯を飲んだりしましょう。
常温の飲み物だと、体内も冷えないですし、喉も潤すことができるので、おすすめです。

脂肪を燃焼しやすくする生活スタイルを

軽く体を動かすことで、脂肪が燃焼されやすくなり、デトックス効果がアップします。
お家の中でいつでもできるスクワットや寝る前の軽いストレッチなど、ママがしやすい動かし方、時間帯で体を動かす習慣をつけるといいですね。

体を作るための食事から冷えない生活を!

私たちは、普段の食事から体は作られています。
ですので、冷えやデトックスも口に入れるものが大きく関係しているのです。

豆乳

豆乳
デトックス機能をアップさせるには、ホルモンバランスを整えておくことが大切です。
そのおすすめの一つが豆乳です。

ホルモンバランスが崩れやすい、生理前から豆乳を飲むことが、さらに効果を上げるコツです!
生理中の期間も豆乳などの大豆イソフラボンを積極的に摂りましょう。

豆乳には、大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれているので、ホルモンバランスを整えるには最適な飲み物なのです。
また血液をサラサラにする効果もあるため、デトックス改善にも効果的なのです。
豆乳をレンジで温めることで、体内の冷えも防ぐことができますし、デトックス機能も期待できるので、おすすめです。
その他にも、納豆や味噌、豆腐も同じイソフラボンが摂取できます。

こころの休憩時間を作ってデトックス!

毎日忙しくしているママには、家事も子育てにも休みはありませんね。
生理だから今日から休みます!!とはできないママのお仕事ですが、こころを休ませる意識をしてみると少し楽になりますよ。
少しさぼっちゃえ!という適当さを生理中は使ってみましょう。

こころが休憩できると余裕が出てきます。
そして、ストレスも軽減されて体の中の巡りもスムーズにいくのです。
ですからこころを休憩させるとデトックスにも繋がるのです。

生理中だけ!と期間限定で行うのも、ママにとってはメリハリもできていい点ですね。

生理後の一番痩せやすい時期の下準備期間

生理中の体重増加が気になって、ダイエットを意識し食事制限などをすると、逆に生理後の一番痩せやすい時期に痩せにくくなってしまいます。
生理前や生理中は、ホルモンバランスの不安定さで体重の増加は多少なりとも出てきます。
これは、あなたが健康な証です。
ですから、この時期は、仕方ない!と割り切って乗り切りましょう。

生理中はダイエットの下準備として、体を冷やさないようにし、大豆イソフラボンを積極的に摂りデトックス効果を上げておくこと。
これがダイエットの最強の下準備です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。