子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年2月16日
最終更新日:2018年4月18日

スポンサーリンク

炭水化物を食べる正しい時間帯

炭水化物の正しい時間帯
炭水化物ダイエットが定番のダイエット方法となってきました。
糖質制限ダイエットともいわれ、食事を体内に摂り入れた時のインスリン分泌量を減らし、脂肪になりにくくする方法です。
体内に分泌されるインスリンというホルモンを少なくして痩せることが、炭水化物ダイエットの主旨となります。

私たち人間の体内では、食事を摂ると血糖値が上がります。
その血糖値を低くするために、インスリンは分泌されます。

脂肪がつきにくいダイエット時間帯

栄養を吸収する際に必要な役割を持つ、インスリンですが分泌されることで、脂肪が蓄積されやすくなるのです。
インスリンは糖質を摂取することで分泌され、インスリンの働きが強いほど、体脂肪が蓄積されてしまうことになります。
ですから、体内で糖に変わる炭水化物を取り入れなければ、インスリンの分泌量が減り、脂肪が溜め込まれにくくなって、ダイエットになる考え方から炭水化物ダイエットが生まれました。

ですが、正しい炭水化物を食べる時間帯をご存知ですか?

スポンサーリンク

夜に炭水化物を食べると太る?

私たちは、無意識のうちに夜食べ過ぎたり、カロリーの高い食事をすると太りやすいと思っています。
夜は食事をした後、活発的に動くこともなく、ゆったりとテレビを見たり、お風呂に入ったりして眠るので、消費カロリーが日中に比べて少ないことから、自然と夜はたくさん食べると太るというイメージがあるのだと思います。

これには、食べたものがその日のうちにエネルギー燃焼するからと勘違いしているからなのです。

炭水化物を食べた後、エネルギーになるまでの正しい時間

炭水化物ダイエット
炭水化物は、すぐにエネルギーとして使われ燃焼するのではなく、代謝されエネルギーになるまでには、食べてから約8~14時間かかります。
ですから、夜に炭水化物を摂取しても、エネルギーとして使われるのには、寝るころになって燃焼されているのです。

炭水化物を食べる正しい時間帯としては、夜食べると寝るころに燃焼されます。
そして翌日の日中にエネルギー燃焼されるので、活発に動けるようにもなりますし、動くから消費カロリーも多くなり、ダイエット効果が高くなります。

スポンサーリンク

夜に炭水化物を食べるダイエット効果

ダイエットにおいて睡眠も大切なダイエットにできる時間帯です。
寝ることで、成長ホルモンが分泌され脂肪燃焼を助けます。
質の良い睡眠を取るには、成長ホルモンの分泌を多くすることです。
成長ホルモンは、子供の成長のために使われそうなイメージですが、脳や体の細胞修復や疲労回復力を高めてくれるホルモンなのです。

夕食時の炭水化物を極端に少なくしてしまうと、睡眠中に低血糖になり明け方に目が覚めたり、眠りが浅くなりますので、質の悪い睡眠となってしまいます。
ダイエット効果ももちろんですが、質のいい睡眠のためには適度な量の炭水化物が必要なのです。

ダイエットに効果的な炭水化物の量

夜に炭水化物を食べる量について、やはりたくさんの量を食べてしまうと太りやすいです。
適切な量を摂取し、ダイエットを効率よく進めていくには、ご飯茶碗1杯が理想です。
普段ダイエットをしていて一切炭水化物を食べていない人の場合は、急にご飯茶碗1杯食べると食べ過ぎと体は認識してしまうので、子供茶碗1杯にしましょう。

そしてよく噛むことです。

さらにダ炭水化物イエット効果を高めるための秘訣

お米ダイエット
ごはんの主成分はでんぷんです。
そのでんぷんが冷めることで「難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)」という成分に変わります。

この成分は食物繊維と同じような働きをするといわれていて、便秘改善や体内の老廃物を排出する働きをします。
また、一般的に食物繊維はミネラルの吸収を妨げるといわれていますが、「難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)」はミネラルの吸収を妨げない優秀な成分です。
ミネラルはダイエット中にありがちなイライラや貧血を抑えてくれる働きをしてくれるので、ストレスも少なく済みます。

ごはんを冷ますことで、ダイエット効果をよりアップしてくれます。

炭水化物ダイエットを効率よく成功させる秘訣

私たちの体を作る食事は、時に栄養となり脂肪となります。
生きていくうえで大切な食事ですが、ダイエットに効果的な量や時間帯、食事の工夫を少し加えることでストレスを感じることなく、ダイエットを進めていけるでしょう。

極端な制限や運動は体を壊しストレスともなります。
ダイエット中も楽しく過ごしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。