子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年2月20日
最終更新日:2018年4月18日

スポンサーリンク

産後の体型はいつ戻るの?戻らないの?

産後の体型戻し
10か月間の妊娠期間を得て、出産をし、すぐ体重も体型も戻るだろうと考えていた妊娠中。
産後に体重計をのってみるとビックリするというママが多いです。

産後の体型変化の悩み

お腹周りだけでなく、足腰、お尻周りがふっくらしたままで体も重く感じたりして産後のボディラインが気になります。
ママになっても女性ですからスリムな体型に戻りたいですよね。

産後の体型は、努力次第で産前の体型に戻すことができます。

産後の体型戻しに必要なこと

ダイエットというと、一番手っ取り早い方法でよく挙げられる方法は、食事制限です。
でも、産後は授乳をしなければならないので、食事制限をしてしまうと栄養不足を招き母乳の出が悪くなったり、質を下げてしまう恐れがあるため難しいです。

産後は母乳の質を維持しながら、そして何よりもママの体調を考えながら、栄養バランスの摂れた食事を摂る必要があります。

産後の体型戻しを始める時期

産後1か月は出産による体のダメージを回復させるための期間と考えましょう。
無理はしないで安静に過ごすことが大切です。

赤ちゃんの1か月検診が終わったころから、始めるのがいいでしょう。
産後1か月過ぎ辺りから半年ほどは、産後の体型が戻りやすい時期です。

一般的にはそういわれますが、まだまだ産後1か月経過しても体は回復途中ですし、気持ちもホルモンバランスの関係で不安定になりやすいです。
無理はしないで自分自身の体調と心のバランスを見ながらダイエットは進めていきましょう。

スポンサーリンク

産後の体型はいつ戻るの?

産後の体型いつ戻る
妊娠中に約9か月間かけて、ゆっくりと体重を増やしていた体ですので、急激な減量は望ましくありません。
数か月かけてゆっくりと体型を元に戻すのが理想的です。

産前の体重に戻るまでにかかった期間は、産後3か月から産後6か月というママが6割です。

産後の体型戻しのスピードを決めるのは骨盤矯正

これは骨盤の開閉と関わっていて、出産によって大きく空いた骨盤は、産後6か月ほどをかけてゆっくりと元の位置に戻ります。
ですから骨盤の締めが良ければ、それだけ産後の体型戻しも早くなるということなのです。
産後に骨盤ベルトを着用しますが、ダイエットと体調回復のためにも骨盤ベルトは大切な役割をするのです。
ダイエットがうまくいかないのは骨盤の歪み?歪みチェックと矯正方法

スポンサーリンク

産後の体型戻しには母乳ダイエットが効率よく痩せられる方法

ママが母乳をあげるためには、約500kcalは消費するため、運動量が少なくてもたっぷり母乳をあげるだけで、カロリー消費できる簡単なダイエット方法になります。

この500kcalは、1時間以上ジョギングをしないと消費できないカロリーです。
そう考えると、母乳をあげるだけで消費できてしまうのですから、凄いことですよね。

また母乳をあげることで、子宮収縮の効果が高まりますので、ママの体回復にも役立ちます。
小倉優子さんの産後ダイエット法は母乳育児!母乳で痩せるためには?

母乳ダイエットを成功させるためには

和食ダイエット
母乳の量や質を維持しながら授乳中のカロリーバランスを上手に取ることができる食生活が必要です。
そのためには和食中心の食事が最適です。
洋食になると塩分や脂質が多くなりますので、乳腺炎になりやすいです。

そして和食には豆腐や鶏肉といった低カロリー高たんぱくの食品を摂り入れているメニューが多いので、栄養をきちんと摂りながらカロリーオフできます。
そして根菜類は、体を温める効果があるので体の巡りを良くし痩せやすい体作りを助けます。

母乳育児だけがママのすべてではない

全てのママがママになったからと言って母乳の出がいいわけではありません。
体質もあります。

ただ完全母乳にしたい場合、母乳外来や出産をした産院へ行くと指導してもらえたり、出がよくなるマッサージの方法を教えてもらえたりします。

母乳は心とも関係しているので、母乳が出ない出ないと思っていると、自然とストレスとなっていて母乳の出を悪くしている場合もあります。
あまり気負わず、ゆったりとした気持ちで過ごせるといいですね。

産後の体型戻しに最適な水分摂取とは

授乳中は特に喉が渇きます。
ゴクゴクと冷たい飲み物を飲んでしまうと、一気に体が冷えてしまいますので、注意しましょう。
体を温めて血行を良くしておくことで体全体の巡りがスムーズになり、代謝も上がります。
その結果、痩せやすい体内環境になりますので、常温か温かい温度の飲み物を飲むようにしましょう。

血行を良くしておくと、乳腺炎予防にもなりますしリラックス効果もありますので、忙しい産後ママにはおすすめです。

産後ダイエットは体の中から痩せやすく変えること

産後ダイエットの体型戻しには、体の中から痩せやすく変えていくことが大切なことです。

通常のダイエットとは違い、思うように動けなかったり、寝不足が続いたりと、赤ちゃんのお世話中心の生活を送りながら、ダイエットも…となると、ママは大忙しで大変です。
産後は自身の体の回復の様子を見ながら、体の中を冷やさないようにして代謝を高めておき、体内を痩せやすい環境に変えていくことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。