産後太りのママダイエット|元モデルが産後太りのママダイエット成功の秘訣を伝授します。産後に体型が戻らない、太ってしまった原因は普段の私生活にヒントがあります。元モデルが産後太りでお悩みのママにダイエットの方法を紹介していくブログです。
公開日:2017年6月4日
最終更新日:2017年6月5日
生まれたばかりの赤ちゃん

産後ダイエットはいつから始めたら痩せやすい?

産後ダイエットは、いつから行うと体に負担が少ないのか、痩せやすい時期や効果的なダイエット法はあるの?そんなママたちの疑問を少しでも解決できたらと思います。
モデルママの友人情報も混ぜてご紹介したいと思います。

産後ダイエットを始める時期について

出産
妊娠中は、赤ちゃんへ栄養を送り、赤ちゃんを外部から守るため脂肪がつきやすく、何もしなくても太りやすい時期です。
予想以上に増えてしまった!なんて驚くママもいるほどです。
出産を終えて、すぐ元に戻るかなと思っていたら・・・・・なかなか減らない体重にビックリ!!
産後ダイエットを始めなくては!と考えているママも多いです。

でも、産後は自分が思っている以上に体力も消耗していて、休みのない赤ちゃんのお世話も始まったばかりで、寝不足も続きます。
赤ちゃんのお世話でクタクタになってしまう産後、産後ダイエットはいつから始めると最適なのでしょうか?

始める時期

まず、産後1か月はダイエットの事は考えずに過ごしましょう。
出産で思った以上に体力を消耗しているので、ゆっくり体を休めることが優先です。

ママが体調を崩してしまったら、赤ちゃんもママ自身も困ってしまいますから。
無理はしないように、しっかりと体も心も休めましょう。

体が回復するのは、個人差があります。
これは赤ちゃんによっても異なると思います。
最初からよく寝る子、なかなか寝ない子、よく泣く子、泣かない子など生まれたばかりの赤ちゃんでも一人ひとり性格が違います。
そんな赤ちゃんのお世話によって、ゆっくりできるママもいれば寝不足のママもいます。
回復は寝るが一番ですので、寝不足が続くママは当然回復も寝るママよりも時間がかかるでしょう。

でも、必ず回復するときがくるので、焦らずにゆっくり待ちましょう。
心も不安定になりやすい時期ですので、決して周りと比べない『私は私』でマイペースでいいのです!!

そして、ほとんどのママの体調が安定する産後1か月~2か月あたりから産後ダイエットを始めるといいですね。
そして実際にも産後1か月~1か月半ほどで産後ダイエットを始めているママが多いです。

産後の痩せやすい時期とは?

痩せた
一般的に産後6か月までが『痩せやすい時期』といわれています。
これにも個人差があり、何もしなくても授乳だけで痩せていったママ、なかなか減らなくて悩むママ、体調面や赤ちゃんのお世話による生活スタイルによっても、違ってきます。
ですから、何としてでも6か月までに痩せてみせる!!と力まずに、無理のない範囲でダイエットを始めていきましょう。

産後すぐの運動は産褥体操で痩せやすい体を作る

ヨガストレッチ
産褥体操とは、産後すぐにでも始められる軽い運動の事です。
これには血行を良くすることで、産後の疲労回復や子宮回復、母乳の出を良くするといった嬉しい効果が期待されます。

産褥体操はダイエット目的ではなく、体力を消耗した産後の体を回復させていき、体内の巡りを良くしていくための体操です。
この時期に、産褥体操で体内の巡りを良くしておくことで、産後ダイエットをスムーズに進める良い材料になってきます。
無理のないように行うといいですね。

産後ダイエットと通常のダイエットとの違い

通常のダイエットは、運動や生活習慣、食事で体重管理ができます。
でも、産後ダイエットは同じように行っても変化はありません。
なぜでしょうか?
産後ダイエットは痩せにくい?
これには、出産が大きく関係しています。
出産によって骨盤が大きく開くことと、ホルモンの変化です。
骨盤は産後6か月程度かけてゆっくりと戻っていくのですが、産後の骨盤はグラグラな状態なので、歪みやすいので骨盤ベルトでしっかりと固定すると安定します。

歪んだまま固定されてしまうと、内臓も正しい位置にならないので、しっかり機能しにくくなり脂肪を溜め込みやすかったり、ポッコリお腹の原因となったりします。

そして妊娠中には、2つの女性ホルモンがたくさん分泌されていました。
ですが出産後は一気に減っていきます。
急激に減るということは、バランスも崩れやすく、劇的に変化をする時期なのです。

骨盤を矯正すると安静にしていても痩せる!?

骨盤
産後ダイエットでポイントは骨盤の位置です。
出産によって開いてしまった骨盤を元に戻すと、内臓も正しい位置になりしっかり機能してくれます。
そして圧迫されないので、血行も良くなり、代謝も上がり、その結果、痩せやすい体になるのです。
産後は特に「脚組み」「正座」「あぐら」の姿勢をしないように意識しましょう。

産後モデルのダイエット効果がある方法

産後ダイエットもたくさんのママが経験をし、種類もたくさんありますが、モデルの産後ダイエットは『骨盤』に注目します。

骨盤

前途のように産後ダイエットで重要なのは骨盤と記述しましたが、骨盤は上半身と下半身を繋ぐ重要な役割をする部分です。
骨盤は3つの骨から形成されていて、体の内側と外側からしっかりと支えてくれているおかげで、内臓や姿勢が正しい位置に保てているのです。

元々の骨盤の形は逆三角形をしていますが、出産をすると開くので四角形になってしまうのです。
このため下半身が太ってしまったりポッコリお腹になってしまったり、体型が崩れたままになってしまうのです。

モデルの産後ダイエット法

産後スクワット
スクワットをして骨盤を整えます。
出産で骨盤が開いたことによる周辺の筋肉の緩みも、スクワットをすることで、緩んだ筋肉を鍛えることができます。
骨盤周辺の筋肉を鍛えることで、骨盤を支える筋肉も鍛えられるので骨盤の位置も矯正できるのです。

骨盤の位置が正しくなることで、代謝も良くなり痩せやすい体作りに役立ちます。

ママにも嬉しい産後スクワット

産後の運動というと、『歩く』ことがすすめられます。
有酸素運動のウォーキングにあたるのですが、赤ちゃんを連れての慣れない外出、天候に左右される、歩くための時間を取らなくてはいけないことなど、産後ママにとってはハードルが高いですし、続けることも難しいです。

確かに外の空気を吸うことでリフレッシュでき、疲れた心も体も癒されます。
機嫌の悪い赤ちゃんも外に行くと泣き止んだりと、太陽の力って素晴らしいです。

でも、ダイエットとして外出をしようとなると、もし雨だったり用事でできなかったりした場合、やりたいのにできないというストレスがかかってきます。
それなら最初から時間もかからない、特別に移動もしない、天候に左右されない、いつでもできる、手軽な方法でダイエットを進めていくほうが気持ちも楽ですね。

産後スクワットのやり方

1日に1回を目安に、最初のうちは負担も大きいので、1日行ったら2日休みましょう。
次第に慣れてきたら回数を増やしても大丈夫ですが、無理にない範囲で行いましょう。

ポイント1

足は肩幅に開く。

ポイント2

1回分を30秒~40秒ほどかけて、ゆっくりと行い腰を落とせるところまで目いっぱい落とすこと。

ポイント3

体重は膝ではなく、おしりにかけること。

産後スクワットの効果とは

効果が出るまでの期間は個人差がありますが、1~2か月で効果が出てきます。
そして体重が一気に3キロ前後減ってしまった場合、膝や腰に負担がかかりすぎるため一旦中止しましょう。

体重の減少が止まったら、また始めてください。

産前よりもスタイル抜群になろう!!

ダイエット成功
産後ダイエットの成功の目安は、ただ体重が減っただけではなく、ボディラインも理想的に戻すことです。
これには、骨盤が大きく関係しており、骨盤の矯正を行わないと、ただ妊娠中についた脂肪が減っただけという結果になってしまいます。

産後は、慣れない赤ちゃんのお世話や寝不足、ママの体の回復具合などがあって、みんながこの時期に痩せました!という数字はないのですが、お家から一歩も出ずに時間も関係なく、自分の都合で始められる産後ダイエットを参考にしていただけたらと思います。

そして、やっと会えた赤ちゃんとの生活に少しでも笑顔が増えますように。

産後も理想的なボディラインを手に入れましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。