モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年2月6日
最終更新日:2017年5月24日
スポンサーリンク

ダイエット中は油を摂ってはいけないと思っているダイエッターがほとんど

ダイエットというとヘルシーなノンオイルの食生活が望ましいと思われがちです。
油は太るというイメージが強く、できる限り油を摂らずにカロリーをカットできるのか・・・ダイエットに励む方がそうおっしゃいます。
でも、ダイエットこそ油が必要なんです。

ダイエットの敵は油?

まったく油自体を摂らないでいると、肌荒れや体のたるみがおこるといわれています。
そして、髪のツヤがなくなってぱさぱさになってしまったり、ホルモンの分泌にも影響がでます。
『油』は私たちにとって生きていくうえで大切な栄養素です。

スポンサーリンク

脂肪は油で落とすがモデル流

メイクはオイルクレンジングで落とすように、脂肪も油を摂取し落とすのです。
これが効果的なんです。
良質な油には、脂肪を落とす効果があるので体脂肪が落ちてスッキリとします。
でも、良質な油を摂ることが大切です。

油は、栄養を摂りこんだり老廃物を排出したり、ウィルスから守ったりする細胞膜の材料としてなくてはならないものです。

溜め込んだ脂肪を燃やすためのエンジンオイルの役目をする良質な油は積極的に摂取する

たとえば、おやつにはナッツ類のアーモンドやマカダミアナッツを食べることで良質な油を簡単に摂取できます。
そしてナッツは固いのでよく噛むことで少量で満足することができ、油が含まれていることで腹持ちもします。

私たちは何気なく食べている食事内容でも必ず油が含まれています。
3度の食事で油を摂り、おやつにも油を摂ることで、回数を分けて良質な油を体内に取り組むことで常に代謝も上げておきます。
そして良質な油のエンジンオイルの役目を借りて、体内で溜め込まれている脂肪をヒートアップさせるのが目的です。

スポンサーリンク

魚でキレイになり痩せる

私たちの食事内容は近年、欧米化しており「オメガ3」という名の良質な油の種類が圧倒的に不足しています。
この「オメガ3」を含む食材は、青魚にあります。さば・いわしといった青魚です。

・美肌効果
・アンチエイジング
・ダイエット効果
・生活習慣病予防
・免疫力強化
女性にとってはキレイでい続けたいものですよね。
良質な油が足りないと、体内の細胞膜が固くなり栄養の吸収も体の動きも悪くなります。
動きが悪くなることで、代謝も悪くなり太りやすくなっていくのです。

モデルのダイエットもキレイもうまくいくレシピ

用意するもの
さば缶 1缶
・めんつゆ・しょうが 適量
・良質な油 適量
・片栗粉 さばにまぶす量
さば缶から身をボウルに出して、めんつゆ・しょうがのたれにつける(15~20分)
②片栗粉につけて、油で揚げる

さばの竜田揚げです。
缶詰の魚は骨まで食べれるのでカルシウムたっぷり補給できますし、魚の「オメガ3」も摂取し良質な油で揚げることで余分な油は流しだす!!

おいしく食べてダイエットもキレイも身につけましょう♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。