子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年6月1日
最終更新日:2018年3月31日
モデルの体型維持

スポンサーリンク

痩せている人がモデルになったのではなく、モデルは痩せ方が上手なダイエットのプロ

スマートな体型を維持するモデルは、もともと痩せていた人がなったのではなく、人知れず何かしらダイエットの努力はしています。
実は、意外と太りやすい体質の人が多いモデル業界です。
よく女優さんやモデルさんでも太りやすいとおっしゃっている方が多いです。

あのスタイル抜群の米倉涼子さんも、太りやすいとおっしゃっています。
自分自身で太りやすい体質だからと認識することで、体型維持に気を遣っているのです。

食べて体型維持することが上手なモデルのダイエット食生活とは

でも、がむしゃらに徹底した厳しいダイエットではなく、食べて健康的に体型維持をします。
食べることで、体の内面からの基礎代謝を高め、女性らしいラインを作りだし、自然に痩せていきやすい痩せ体質へと変え、ストレスフリーな体型維持ダイエットをしているのです。

痩せ体質になるための絶対条件は食事

現在、たくさんのダイエット法があり、食事制限のダイエット法もたくさんあります。
ですが、痩せ体質になるためには、きちんと食べることです。

食事制限をして、カロリーカットをすれば、即効性はありますが、その分リバウンドもします。
そして我慢をしていることでの強いストレスで、ホルモンバランスも崩れやすいです。
栄養バランスの良い食事
ですから食事制限をする即効性のダイエットは、健康面や美容面からもおすすめしません。
女性らしい体つきを保ちつつ、スリムな体型を維持するには、まずバランスよくなんでも食べましょう

食べながら太らないためのモデル食生活公開

おいしく食べる
なんでも食べることで、体型維持どころか、逆に太るんじゃ・・・と心配になってきますよね。
食事制限をしない分、食べる順番は徹底します。

①一番最初に口にするものは、常温の水で体型維持

コップ1杯の常温の水をまず飲むことから食事を始めます。
これには、食べ過ぎ防止と、満腹感を早く得やすくするためです。

また、水を最初に飲むことで腸を刺激し、便秘予防もします。
水分を摂ることで、利尿作用を促し血液循環の改善にもなるので、体内の余分な老廃物を排出しやするデトックス効果が期待できます。

②野菜や海藻類から食べて太らない

野菜や海藻類といえば、食物繊維が豊富です。
この食物繊維が多いものから食べることで、脂肪の吸収を抑える働きをしてくれます。
また、血糖値の上昇を緩やかにするので、体に負担のかかりにくい食事法です。

③たんぱく質摂取で筋肉を作り痩せ体質にする

次は、お肉やお魚などのたんぱく質を食べます。
お肉やお魚ならなんでも食べて構いません。
これじゃなくてはダメ!という制限はなく、食べたいものを。
ただし、よく噛んで食べましょう。

④最後に炭水化物で脂肪にしない

一番最後に、炭水化物を食べます。
ご飯や麺類、パン類などですが、一番おすすめは、やはり日本人なのでご飯です。
ご飯は腹持ちも良いですし、一番消化しやすく脂肪になりにくいのです。

スポンサーリンク

炭水化物を食べても太らない秘訣

太った
炭水化物=太るというイメージがありますが、実は炭水化物を食べても太らないのです。
これは、食事栄養指導をされた管理栄養士さんが検証したのですが、ご飯を食べ過ぎて太った人は5000人中たったの2人だったそうです。
ですから、太る原因はご飯ではないということです。

ご飯を食べるといいこと

満腹感を得られやすく、エネルギー源が確保できるため体内の力も活発になり代謝が上がります。
きちんと食べることで、脂肪を燃焼しやすい体=痩せ体質を作るのです。

スポンサーリンク

食べても太らないモデルの食生活!モデルが注目すること

ダイエット成功
きちんと食べていても不足する栄養素や失いがちな成分は出てきます。
そしてママになると、日中は忙しく動いていることで簡単に食事も済ませてしまいがちで、きちんと食事をしているつもりでも栄養が偏ります。

すると知らず知らずのうちに痩せにくい習慣になっていってしまいます。
私たちの体も日々変化をしていて、年齢を重ねるうち、基礎代謝量も減少していきます。
これは体内の脂肪を燃やす力が弱くなり余分なものが蓄積されていくという変化が体の中では起きていきます。

年齢を重ねても脂肪燃焼し続ける痩せ体質を保つ秘訣

燃やす力は弱まる一方なのに、食べる量や内容はほとんど変わりません。
生きていくうえで必要なことですし、食べて健康的に体型維持もしたいですよね。

そこで注目するのが「酵素」です。
酵素は野菜や果物にふくまれている成分で、私たちが生きてく上でなくてはならない大切な成分です。
食べたものを消化・吸収をするのも酵素がなくてはできません。

現代の食生活では消化で酵素をほとんど使ってしまっているのです。
消化に酵素を使っているとなると、代謝の分の酵素が不足がちになります。

すると代謝が悪くなり、体の中に老廃物が蓄積されることで、肌荒れやむくみなどの原因になります。

ですから脂肪を燃やす力をパワーアップさせるためにも、健康と体型維持のためにも「酵素」を積極的に摂り入れる必要があるのです。

酵素を無駄使いしないために気を付ける事

野菜や果物に含まれる酵素は、旬なものの方が豊富に含まれているいわれます。
また、野菜などのカットされていないものを選びましょう。
これは、カットされて時間がたつと酵素が減ってしまうからです。
せっかく旬なものを摂り入れても、酵素量が減ってしまっては、何にもなりませんね。

モデルは食べないで痩せるではなく、食べて痩せ体質に改善し体型維持する

モデルの体型維持は、きちんと食べることです。
そして酵素も痩せ体質も両方手に入れて、健康的なダイエット生活を過ごしましょう。
ストレスフリーなダイエットでキレイを手に入れましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。