子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年2月15日
最終更新日:2018年3月28日

スポンサーリンク

ママになると肩こりの悩み。肩こりは太る原因

子供の抱っこ・ハードな毎日の疲れ・ホルモンの変化などでママになると肩こりに悩む女性が多いのです。
あまりに酷いと頭痛や吐き気が生じてしまい、辛い時を過ごさなければなりませんよね。

気持ちもスッキリせず辛いですよね。
そこで簡単に肩をスッキリさせる方法でダイエットもできちゃう方法をご紹介したいと思います。

なんちゃって腕立てで肩コリがスッキリできる肩こり解消運動


腕立て伏せというと、無理だわって思ってしまいますが、膝は床につけて四つん這いの姿勢をとり腕だけは腕立て伏せの動きをします。

そして腕をゆっくり曲げていきます。
このとき、肩甲骨を左右に広げるようにすることがポイントです。

腕を曲げた状態を5秒間キープ。
そして戻して、四つん這いの姿勢(腕はまっすぐ床から直角になるようなイメージで)5秒キープ。
このときは背中を伸ばすような感覚で行うと、肩全体や背中のすじも伸ばせてスッキリできると思います。
これを3セットほど行います。

スポンサーリンク

肩こり解消はたたくや揉むでは解消できなかった理由

肩こりの解消法として一番最初に思い浮かぶのは「たたく」や「揉む」ことだと思います。
でも、この行為をすることでこりのある筋繊維が壊れたり血行不良となる原因なのです。

こりが起こる原因は、筋肉の緊張から硬くなって血行が悪くなり老廃物も溜まっていることです。
簡単にいうと筋肉の疲労ですね。

ですので、「たたく」や「揉む」ことをしてもこりの深部までは届かず表面だけなので改善されないのです。

肩甲骨周辺には痩せるツボが集中

肩甲骨には首や肩、腕など上半身を動かす筋肉が重なり合っている場所で肩こりと深い関りを持っている場所であり、ダイエットに重要なツボも集中しています。

ですので、肩甲骨を動かし色々な筋肉をほぐしてあげることが一番早い解消法です。

ダイエットと肩甲骨の深い関り

肩甲骨にはダイエットに役立つ細胞(褐色脂肪細胞)が多く集まっていて、この部分を刺激することでこの褐色脂肪細胞を活性化させ、脂肪の燃えやすい体になります。

その結果、痩せる体になっていくのです。
また、骨盤とも関係していて肩甲骨の動きがスムーズになることで、骨盤の開閉もスムーズになります。
骨盤が歪むことで代謝が下がります。
肩甲骨を動かすことで骨盤の歪みも矯正されて正しい位置に戻ることで代謝も上がり、痩せやすい体になっていきます。

スポンサーリンク

ママが簡単に痩せるには肩こりを解消すること

出産を経験しているママは、どうしても骨盤が歪みがちなので、普段から簡単に矯正できる方法を知っておくと助かります。

そんな肩甲骨を寝ながらほぐすこともできます。
ベッドに寝ながら肩こり解消できると、心地よい眠りに入れそうですね。
ママは簡単にダイエット成功させましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。