モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年9月12日
最終更新日:2017年9月13日
スポンサーリンク

ぽっこりお腹・・・何とかお腹痩せしたい

ぽっこりお腹
多くのママの悩みの一つ、下腹部の膨らみ。
私たちの体は、脂肪をお腹に蓄積することで、内臓を守るようにできています。

腹部は、体の他の場所と比較しても痩せづらく、ダイエットをしてもなかなか細くならない場所だと言われています。
お腹をスリムにしたいと努力してもダイエット効果が出にくいのは事実ですが、全く効果が出ないかと言ったらそうではありません。
お腹痩せもそうですが、ダイエットで大事なことは、毎日少しずつでも、時間をかけて実践することです。

運動しなくてもお腹痩せはできる!

お腹のダイエットを実践する上で必要なのが姿勢です。
姿勢を正しく意識することで、自然とお腹周りに力が入り、お腹の近くにある筋肉を使うトレーニングとなります。
立つだけで、トレーニングしたときと同じような効果があらわれるなら、断然立つだけ部分痩せのほうが簡単ですし、試しやすいダイエット法です。

スポンサーリンク

猫背はぽっこりお腹の原因

猫背はぽっこりお腹の原因
猫背になると骨盤の傾も歪んでしまうので、出来るだけ胸を張って正しい姿勢で行うようにします。
運動時以外でも、気づいたらこまめに背すじを伸ばし、猫背の癖を改善することで、お腹のでっぱりも減ります。
お腹を意識した体操を毎日こつこつと続けることよって、誰でもダイエットの効果を得ることができるようになります。

猫背は脂肪の大好物

人間の体は助骨や内臓が体の前側にありますので、常に前方向に重みがかかっています。
ですから、猫背は楽な姿勢になります。
猫背
楽=筋肉を使っていない”体勢なのです。
楽な姿勢ということは、力も入っていないということなので、筋肉が使われていない状態です。
そんな筋肉の使われていない部分は代謝が悪くなり、脂肪がたまっていくという悪循環が始まります。

悪い姿勢の代表格というと、猫背。
猫背は脂肪の大好物です。
「ダイエットしているのにお腹が全然引っ込まない」
もし、あなたがお腹の悩みがあるとしなら、猫背がぽっこりお腹の原因かもしれません。

猫背になると、背中が丸まり、肩甲骨が開き、肩が前に出てきます。
ちょっと背中を丸めて、わざと猫背の体勢をしてみて下さい。

猫背になると、お腹がぽこっと前に出る感じがわかるかと思います。
この姿勢が楽になってしまっていると、お腹の筋肉が緩み、弛んだ筋肉を覆うように脂肪が蓄積されていきます。
どんなに食事を制限しても、運動をしていても、ぽっこりお腹になってしまうのです。
ぽっこりお腹を細くしたい
猫背は、リンパの動きも悪くなるので老廃物がたまり、より代謝が落ちて、脂肪をため込みやすい体ができてしまいます。

スポンサーリンク

運動なしでお腹痩せでくびれを作る

全身が映る鏡を見ながら、正しい姿勢をキープして覚えましょう

くびれを作るという事は、腰の脂肪を落とす事です。
ぽっこりお腹を細くしたい
脂肪を落とすだけでは美しく綺麗なくびれはできません。
美しい腰のくびれを作ろうとするとき、骨盤をしっかりと整える骨盤矯正がとても大切で重要となります。

特にママは、出産を経験しており、骨盤が歪みがちです。
普段から、脚組みをしない・荷物を同じ手で持ち続けない・あぐらをかかないなどの骨盤が歪みそうな行動をしないよう意識しましょう。

日頃の姿勢や体勢がとても大切で重要です。
矯正をしっかりと行っても、普段の日常の中で偏った姿勢や体勢をとっていると、意味がありません。
普段から骨盤を歪ませない行動を心がけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。