子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年1月7日
最終更新日:2018年4月18日

スポンサーリンク

ダイエット成功後の体重維持法

体重維持方法
ダイエット成功後の体重管理は、どんなことをすべきでしょう。
ダイエットに成功してもまた太ってしまう人も多いようです。
ダイエットをした人のうち、実に9割がリバウンドをしてしまうといいます。

リバウンドしてしまう体の仕組み

リバウンドが発生するのは、もともと体に備わっている機能によるものです。
人間の体には、元に戻ろうとする力が働きます。
ですから、ダイエットを成功してもスリムな体型を維持しにくくなっています。

私たちは必死にダイエットに励んで減量したとしても、頭の脳はダイエットと意識して働きますが、体内の臓器は生きていくため必死に機能しているだけなのです。
そのため、体内では体重が減ったら「体重が減っている!栄養をたくさん吸収して元に戻さなくちゃ!」と必死に働くのです。
これがリバウンドの仕組みです。

リバウンドしないためには

リバウンドしないダイエット法
短い期間の間に体重が大きく変わると、リバウンドのリスクが上がります。
体重をしっかり管理しながら、ゆるやかなペースで体重を減らしていくことがポイントです。

そして、リバウンドすることを想定に入れた上で体重を管理することで、ダイエットの見通しをスムーズに立てることができます。
ダイエット後、減らした体重をそのままにしておくことができれば、人間の体はその体重でいいのだということを知ります。

体重を減らすことができたら油断することなく、ダイエット後の体重に体を馴染ませることができれば良いのです。
体重を適切に管理するために、ダイエットが終わってからも食事の量は戻さないようにします。

スポンサーリンク

ダイエット成功後の体重を維持するための期間

ダイエットを成功した後の、スリムな体型を体内に、「このスリムな体型こそが正常な状態なんだよ」と思い込ませることです。
そのためにはダイエット成功後の体型を維持する必要があります。
その期間とは、3カ月です。

減ったままの体重を管理していくことができれば、以後はリバウンドが起きる可能性が少なくなります。
ダイエット後にリバウンドを起こさないためにも、3カ月は体重管理を意識しましょう。

体重維持するための秘訣

上手に体重を管理することで、健康や美容にいいダイエットができるといいますが、どんな方法があるでしょう。
急に体重が増えたり減ったりすることは、体のためにはいい影響はありません。

体への負担の大きいダイエットで一気に痩せようとするとリバウンドの温床になりますし、体重を増やす時も増やしすぎた分は脂肪になるだけで、体にはよくありません。
設定した目標体重に到達するには、しっかりとした体重管理をすることが重要です。

スポンサーリンク

食べながらダイエット管理

食べながらダイエット
食事の分量などで体重を管理しようとしても、毎食毎の計算をすることは非常に煩雑なものがあります。
人によって食事の吸収力が異なっているため、同一カロリーのものを食べても結果に違いがあります。

日々の生活習慣によっても異なります。
たくさん体を動かしている人とあまり動かない人では、適切な量は違うからです。
体重管理に必須だと言われるカロリーコントロールですが、それだけで自分の体重を管理することはほぼ不可能です。

重要なことは自分の体を知ることです。
食事量と体重との相関関係を把握しましょう。

毎日の体重管理方法

しばしば体重を確認することで、何を食べて、どんな活動をすると体重が変動するかを見極めます。
体重管理をするためには、日々の食事内容と、活動量によって、自分の体重がどのくらい変わっていくのかを知ることが大事です。
体重の変動が、食事や生活リズムでどのように変わっていくかを確認することで、体重管理がしやすくなります。

体重というものは1日の中でも少しずつ変化するものなので、日々のちょっとした変化に惑わされないようにすることが大切です。
体重を計測し、傾向を知りたい場合は、1週間単位で確認します。
こうすれば、その日その日の変化に気を取られることはありません。
体重管理方法
その瞬間瞬間の体重を気にするのではなく、1週間という期間の中での平均体重を知るようにします。
その時その時の体重が今現在の体重だと考えると、ダイエットの結果は期待するものが出ません。

過去1週間の平均体重を記録していくことで、自分の体重がどんな風に変化してくかがわかります。
ダイエットをしている時の体重管理は、大きな尺度で体重の変動を確認するようにすることです。

体重計の数字を毎日チェックする

体重管理をする場合には、体重測定をしなければなりません。

体重は毎日きちんと測ることが重要です。
毎日の活動範囲の中に体重計を設置し、ついでや軽い気持ちで体重を測る習慣にすることで、計測しやすくなるでしょう。
棚の奥に体重計を入れておいたりすると、取りだして測るのがやりづらいものです。

簡単に体重を計測できるようなところに体重計を設置しておくことで、体重管理もやりやすくなるでしょう。

体重計に乗る時間帯は、同じ時間帯で測ることで体重の誤差がわかりやすく、体重管理もしやすいです。
簡単にできるようにしておくことで、体重管理が容易になります。

体重管理でストレスを溜めない

ストレスを溜めてしまうと、ドカ食いの原因ともなります。
体の巡りも悪くなりますので、ゆったりとした気持ちで自分のペースを保ちましょう。

体重管理に必死なあまり、制限ばかりの生活をしていると、ストレスが溜まります。
1週間に1度は、好きなものを好きな量食べていい日を作り、ストレスを溜めないようにしたり、頑張った自分のためのご褒美の日を作ると、リバウンドを防げます。

無理な食事制限は、長く続きません。
長く続けやすく、無理のない体重管理をすることで、無理なくダイエットも成功します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。