モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年9月8日
スポンサーリンク

即効ダイエットで必要なこと

短期間ダイエット
1日に使うカロリー量(消費カロリー)を多くすることが、短期でのダイエットを達成するためには必要です。
ダイエットをする際、食事制限!という考え方をする方もいらっしゃいますが、それだけでは短期間で思うように体重を減らせないものです。

また、1日に摂取する食事の量を少なくすることで、カロリー制限によるダイエットをする人もいますが、その方法では短期間ではまず痩せられません。
食事を大幅に減らして、短期間でのダイエットをしようとする人がいますが、健康状態を損ねてしまう可能性があります。基礎代謝によって1日で消費するカロリー量より、食事から摂取するカロリー量が少なくなると、様々な不都合が起きます。

短期間で痩せるには、体を動かして、1日に使うカロリーの量を多くすることが、食事制限ダイエットよりも必要な方法です。

なぜ短期間で痩せるには運動が必要?

短期間ダイエットには運動
私たちの体は、摂取可能なカロリーの量が少ないと、代謝を減らすことでその状況に対応しようとしてしまいます。
いわゆる食事制限やカロリー制限をした場合、体はその状況に対応しようと脂肪を体内に貯え、飢えをしのごうと働くのです。

基礎代謝の低い体質になると、食事制限を行っていても期待するようなダイエット効果が得られなくなってしまうため、ダイエットになりません。

食事制限によるダイエットは、身体の代謝を下げ、カロリー消費の少ない体をつくるだけですので、期待したほど体重は減らないという結果になってしまいます。
短い期間でダイエットをするためには、食事の量を少なくするというアプローチは適切ではありません。
カロリーコントロールは重要ですが、それとは別に積極的に体を動かすことで、カロリーの消費量を増やしていきましょう。

短期でダイエットを成功させるためには、適度な食事制限を行うということに加えて、体を動かすことで、カロリー消費を心がけることです。

スポンサーリンク

短期間ダイエットを成功させるには

短期間ダイエット成功
普段の生活に、ダイエットにいいことを積極的に組み込んでいるからといって、短期間で絶対に体重が減らせるということはありません。

短期間でのダイエットを成功させなければいけないという時には、どういうことが効果的でしょう。
世の中には様々なダイエット方法があります。

健康と美容に効く短期間即効ダイエット

1日3回の食事をしっかり食べた上で、滞りなく体重を減らすことができる、健康や美容にもいいダイエット方法です。
毎日有酸素運動をした上で、ダイエットに適した食事に改善することが必要です。

私たちの体は、基礎代謝が低下すると同時に消費カロリーも減ります。
このことが、ダイエットではまず重視されているところです。

20代後半になると、人体は筋力低下が目立つようになると言われています。
そしてダイエットに必要である基礎代謝もそれに伴って低くなっていきます。
太る
10代、20代の時と比べて代謝が下がっているのに、食事量が変わらないと、この差は脂肪になります。
短期間でダイエットを行うには、食事量を見直してカロリーコントロールをきちんと行うことと、適度な運動をして筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることです。

運動不足を解消することと、体にいい適量の食事をすることは、ダイエットの短期成功に関わっています。
食事の分量をコントロールして摂取するカロリー量を減らし、運動をすることで使うカロリーの量を増やしましょう。
効果的なダイエットをしたい場合は、使うカロリー量と、補充するカロリー量とで、前者を多くすることです。

運動負荷がそれほど強くなく、長い時間続けられるような有酸素運動が、結果的に消費カロリー量を増やすことが可能です。基礎代謝と釣り合う分の食事を摂取しつつ、運動をプラスして脂肪燃焼を促進することが、短期ダイエットのポイントです。

スポンサーリンク

ママのための短期間ダイエットするための運動

有酸素運動の代表的なものというとウォーキングかと思います。
お子さんと一緒にお天気の良い日はお散歩がてら歩いてみたり、一人の時間が作れた場合には、少し早め歩いたりがいいですね。
また、ウォーキングは天候に左右されますので、お家でできる有酸素運動がおすすめです。
スクワットダイエット
スクワット運動をしましょう。
これだと天候に左右されず、自分の好きな時間にできることから、ストレスも最小限に抑えられます。
スクワットは、一見ダイエットに向かないような筋トレにみえますが、実は、足痩せやお腹痩せ、そして全身のダイエットに効果的な運動になります。

実は腹筋100回程度するのと、スクワット1回分が同じ筋肉の使用量なのです。
それならば、スクワットをした方が時短でダイエット効果も高いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。